〜気の向くままに〜

2006年10月22日

欲しい?持ちたい?

友達がもっと責任ある仕事を任されたいって言ってました。 僕らはまだ大学生なわけで社会に出てからは責任から逃げられないでも学生だからそれを気に負うことなく動ける。だから今は責任とかはできるだけ負いたくないそんな自分には衝撃の一言でした。 ボランティアをするうえで気楽に当日の活動に参加するだけではそれが成り立たないのはわかります。でも今プロジェクトを作る側にまわっても自分じゃ申し訳ないっていうのが本音。 でもまぁまだ時はあるゆっくり考えよう  
Posted by de_mu at 08:46Comments(0)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年08月31日

あーはん

123

 

 

456 

 

 

 

からばっか・・

  
Posted by de_mu at 13:13Comments(0)TrackBack(0)

2006年07月29日

nontitled

人付合いって難しーよね。自分の思う事も相手の事も理解しきれない。かなし〜ね〜(*@_@)
白紙の地図に自分の降りる土地を描く。それが水に濡れてしまうまで…
  
Posted by de_mu at 23:38Comments(4)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年05月15日

更新こうしーん

たまに自分て他人から見るとどんな人間なのかなーって考えますね。
その先を深く突っ込むと正直怖いんで毎回そこで止まるんだけどねー
  
Posted by de_mu at 16:54Comments(3)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年04月20日

はじめて

mixiをはじめてみました。

考えてみると 天罰HPの日記に miixiに ブログに って

どうして自分は日記を三つもかけもちしてるんだろうって考え・・

 

ていうか書くことがそんなにあるわけないじゃないか!

このブログ更新すると変なコメントばっかつくし・・

なんとかならないんですかねぇこれ 

 

今日は若干の反省点があるものの楽しめたからいっか 

って感じにて締めくくりたいと思います。

 

生活エンジョイするのが一番だよねっ!

 

 

これだけで終わるってのもなんなんで

http://x51.org/x/06/04/0335.php

ユーモアがあって自分的には好きだったけど

今のご時勢こういうことは過敏に反応されちゃうんだろうなぁー

  
Posted by de_mu at 23:23Comments(0)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年04月07日

ルーム

昔々あるところに柿の種をもった猿と昆虫をたべられないキジがいました。

で?っていう話ですよね。まぁ意味も特にありませんし(´ー`)


なんていうか自分に漂うこの無気力感。
これを打開する唯一の方法


意味もなく無駄に爆睡する。

今はコレができなくて切ないとです…(っд`)

誰かおいらに精神と時の部屋をください



我ながら読み返すとひっどいですねこれ。
気付いても直す気はないですがね(´ー`)
  
Posted by de_mu at 01:51Comments(10)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年04月02日

部活…?

春の日の陽気に誘われて
皆様いかがお過しでしょうか。


とか硬いような軟らかいようなよくわからない表現ではじめてみましーた

本日はですねぇ
部活について考えてみようと思いますです。

運動部だとサッカー バスケ 陸上とかが押さえておきたいところ。
あまりマイナーなのは聞かないですよね
でも文科系ですとほんとにそんな部活が!?
と疑ってしまうようなものがあるわけです。

よくあるのは写真部とか鉄道研究部とか将棋部とかクイズ研究部とか。
鉄研てマイナーなはずなのにある意味メジャーですよね…

まあこのへんはどこにでもよくある部活でしょう。

本日紹介したいのは
『メガネ部』です…

一体どんな活動するんすか…?
きっとおいらにゃ一生理解できないんだろうなぁこの部活…

なにか知ってる方ぜひご一報を。
  
Posted by de_mu at 11:27Comments(0)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年03月29日

おもすろー

夜にテレビを見てたらおもっすろい番組がやってました。


人志松本のすべらない話

トークだけなのに結構笑える番組でげす。

まだ見てない方はどうぞみてくーださい
  
Posted by de_mu at 07:39Comments(0)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年03月17日

yeah

どうも 毎日をグダクダと無駄に生きているでむです。
時間を無駄にするのが好きなおいらは寝れる時に寝れるだけ寝るのが楽しみ
とかいう社会人じゃない事もろばれな考えなわけですよ。
ぞんな我でも限界を越えて寝ると体が痛くなったりするわけで‥


睡眠の限界ってどんなだよ!

という突っ込みをする人はとりあえず二日位有休をとって半分位眠りに使うとおk

てことでまとまりのない構成のまま今日はさよなら(´ー`)
  
Posted by de_mu at 14:07Comments(4)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年02月28日

げぃむ

鬼武者3を安かったので買ってきました。
1750円ナノネー
一番新しいやつがよかったんですが高かったので諦めました(´¬`)
  
Posted by de_mu at 20:52Comments(1)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年02月12日

いえい と 遺影

若干疲れが見えてるでむです。

なんていうか こうスーっとするものありませんかねぇ…


∩ ∩
( ̄(エ) ̄)

くまった…
  
Posted by de_mu at 13:11Comments(5)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年02月08日

Shine

空気が血の湿り気を帯び嗅覚へ狼煙をあげる

けれどそれを知らない僕は逃れられない渦の中へと足踏みしていってしまった。


身をバタつかせもがく
なかなか路は開かない
溺れるのだろうか


そんな浮き立つものを抑えもがくのは闇に射す月の光があるからなのかもしれない
  
Posted by de_mu at 12:40Comments(0)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年02月06日

It's about time

さぁ勝負。
  
Posted by de_mu at 09:15Comments(2)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年02月02日

変換

普段携帯から更新してるんですが変換できない漢字が結構あるんですよねぇ。

そんな漢字はパソコンから送って辞書登録するしかないんよね‥
だむー⊂(*゜〇゜)⊃

おいらの携帯はフォマの901ですだ
古いってわけじゃないのに

儚 とか 昊 とかがでなかった
いってもしゃーないんだけどねぃ
  
Posted by de_mu at 17:06Comments(0)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年01月31日

過去と未来の相間見える現在

そこには後悔も賛美も
不安も期待ない

ただ過ぎ去る刻を見送る。
ただこれからを眺めるんだ
  
Posted by de_mu at 15:01Comments(4)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年01月25日

しーしーれもんっ

なんか魔保護set当たりました。

いやーどうせ当たらないと思ってたけど

案外当たるもんですね

  
Posted by de_mu at 23:57Comments(2)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年01月23日

Up&Down

背に負うはサダメ


腕に抱えるは崩落。
  
Posted by de_mu at 18:46Comments(0)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年01月16日

マフラーの半分は優しさで出来…

一度はやってみたいプチ贅沢〜♪
ミンティアを一気に食う。

とかくだらないスタートをきるおいらの日記‥

最近、雪国へ滑りにに行きたいという欲望が生まれております。
すぐに消える儚い夢ですがね…

二本の分かれ道を選択する場面で第三の進路を模索してみたりしなかったり。

こゆのを俗に現実逃避ッテイウンデスケドネー.....

なんてまとまりのない日記だろう(~ー~)
  
Posted by de_mu at 17:36Comments(1)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年01月11日

眺め。

あらゆる面に於いて敬う事のできる存在。
その瞳の奥に秘めたものをもっている
そんな不思議な力につい誰しもが魅せられてしまうのだろう。

彼の様に生きていたい
けれどそれは不可能な事であるし、そんな望みは自分を否定する事にもなってしまう。


やっぱり日常の失敗から少しずつ学び、より良く変えていくしかないんだろうなぁ
と思う今日この頃
  
Posted by de_mu at 19:01Comments(2)TrackBack(0)でむ's日記 

2006年01月08日

darkness

抜け落ちたパズルのピースを繋ぐ。
空白の刻をつなぐために記憶の蛇口をひねる。
濁った水がとめどなく流れ忘却の奥へと進む

溢れ出した水は冷たい氷へと変化し僕を取り巻くその氷によって動けなくなってしまった。


水は未だに流れている

木々達の葉に緑が宿る前に水が変化する
適応できずに葉は枯れて行き灰色の世界が一面に広がっていった
  
Posted by de_mu at 11:47Comments(0)TrackBack(0)でむ's日記