December 29, 2016

LIVE 2016

2016年ライブ・イベント等スケジュール兼覚書。

01/28 演奏会(ファミーユ)
02/05 ドラ☆美保(Mother)
02/06 雪あかり(西和賀町内)
02/14 黒石寺蘇民祭(黒石寺)
02/15 蘇民祭・精進明け(石田温泉〜新正)
03/02 FAN感謝祭
03/04 なぎら健壱 ※行けず
03/05 蘇民祭大反省会(DeeDee's Cafe)
03/06 春出し競争2016(峠山パークランド・オアシス館)
03/17 DeeDee杯ボーリング大会
03/20 祖父17回忌法要
03/26 シアターブルック(the five morioka)
03/29 FAN解散式
04/16 logi、SATO MANSIONほか(change WAVE)
04/22 懇親会
04/23 DeeDee19周年パーティ
04/24 PULLING TEETH
04/30 chirolyn
05/20 東京取材のち飲み
05/21 東京取材
05/29 IAT IWATEミライ博
06/12 銀河100kmマラソン ※取材
06/19 汚物GIG(GLOBE)
06/24 プチ旅行(花巻温泉)
07/03 DeeDeeボーリング大会
07/10 暗殺教室からの脱出(アイーナ)
07/13 プチ旅行(彩冬)
07/15 三浦雅也(クレイツ)
07/18 FAN事業ディレクター呑み
08/06 みちのく芸能まつり(北上市)※取材
08/13 男だらけの同窓会
08/21 めんこいまつり(タカヤアリーナ)
08/27 DeeDee's暑気払い(DeeDee's Cafe)
09/11 プチ旅行(鳴子温泉)
09/17 某幼稚園運動会 ※取材
09/18 いしがきミュージックフェスティバル(盛岡市内)
09/24 工房FESTA(馬っこパーク)
09/24 logi(the five morioka)
09/28 桜山飲み(鴨富亭ほか)
10/01 プチ旅行(遠野〜花巻)
10/02 プチ旅行(沿岸)
10/04 普代応援(普代村)
10/09 いものこロックフェス(商工会地下)
10/10 芋の子会(大師山)
10/30 JP(music+bar crates)
11/03 IWATE DESIGN DAY(アイーナ)
11/11 一人飲み(ファミーユ〜ツェッペリン)
11/12 EL SKUNK DI YAWDIE(music+bar crates)
11/13 汚物GIG【ギターウルフ・マラグサ他】(music+bar crates)
11/27 黒森神楽(田老)
12/03 THE STREET BEATS(GLOBE)
12/06 温泉(紫苑)
12/08 木曜サンダンス(サンダンス)
12/11 パキラ(club change)
12/18 L.A.ブスズ(GLOBE)
12/26 ファミーユ忘年会(ファミーユ)


deadstar009 at 22:58|PermalinkComments(0)

August 23, 2016

Unforeseen

ゆうべ眠れずに〜(浜省)
もう3時間後には起きてロケだってのにネットサーフィンですよ。
昔、あるプロジェクトでご一緒させていただいた鈴木心さんのサイトをふらりと見たりして。
そのサイトには心さんが撮った膨大な量のスナップ写真が載ってて。
ちょうどそのプロジェクトの頃の写真をいろいろ眺めてて。
そしたらその中に初めて見る僕の写真が。
こんなの撮られてたんだ。

6908359665_38a20468a9_b
6908358951_a444f2be78_b6908358057_94d37636f6_b


しかも3連。
つか、最後ポーズ決めすぎ。
心さんも岩陰から盗撮状態になってるし。
写ってんの自分なのに笑ってしまいました。
心さんは空き時間に小さいカメラでいろんなものをパシャパシャやってて。
その中の何気ない3枚なんだろうだけど、大河とか月9のポスター撮ってる人に撮られたとなるとなんかとても嬉しいものですね。

自分が存在すら知らなかった写真がネット上にアップされている。
逆ハメ撮り写真とかじゃなくてよかったわー。

deadstar009 at 18:22|PermalinkComments(0)

May 28, 2016

independent

そうそう。
3月いっぱいで会社を退職して独立しました。
そんで先日事務所も構えまして、そろそろ本格始動という感じ。




そんなこんなで相変わらず、まぁやってることは一緒です。
ロケ先で美味い物食ったり







東京出張で思い出横町・カブトからの朝起で豚の金玉喰ったり




そんな最近です。

レギュラーの仕事も動き始めたのでなかなか外に遊びにも行けませんが(上記写真は仕事です。決して遊びに行っている訳では!)、ある程度作業スケジュール見えちゃえば顔出せるかな、とは思いますが。

今日、事務所に冷蔵庫が導入されたので超ニヤニヤしております。

deadstar009 at 00:56|PermalinkComments(0)

March 24, 2016

cipher

「もちもに」という言葉がある。
良い子のみんなは知らなくていい言葉だ。

いってみれば簡単な暗号。
金田一少年で言うところの「のち恋い身に暗み生き血の血の名と血吸い貝に砂」である。

真っ当な人生を歩んできた人はおおよそ通過しないであろうこれらの暗号は、時として同好の志を見つけるリトマス紙となりうる。
バカ兄弟の合い言葉と一緒だ。
その言葉がすっと出てくる人間は信頼出来る。(もちもにに関しては信頼しないけど笑)

タイトルのcipherは「暗号」という意味もあるのだけれど、俺ら世代でcipherっていったら瀧川一郎だよな。


個人的には25年くらい前のD'ERLANGERしか知らないわけで、歳とったなぁって感じだけど(この映像ですら9年前か…)、やっぱりかっこいい。cipherマジでかっこいい。
機会があったらライブも観たい。

deadstar009 at 01:26|PermalinkComments(2)

March 13, 2016

Dali-o

「だーりお」がかわいい。
そんな情報を複数の人間(しかもわりとうるさ方)の口から聞いているので間違いないんだろう。
しかしながら、だーりお?この人?という程度に今の女性芸能人に疎いわたくし。

ちょっとwiki見てみたら、火村英生に出てんの!?
あぁ、この娘か!

<リンク切れのため動画削除>

というか、これ、『ダリの繭』が原作の時ですよね。
ダリだからダーリオ?
ダジャレでキャスティングしてんの?
とか思いましたとさ。

まぁ、だーりお(内田理央さん)はかわいいですよ。
そして、アリスが可哀想。
そんな第4話。

もう、来週最終回かぁ・・・。

deadstar009 at 23:10|PermalinkComments(0)

February 11, 2016

◯KB48

この間、総選挙の結果発表あったじゃないですか?
握手会とかはちょっと行けなかったんですけど、僕も投票だけしたんですよ。

結果から云うと、今回も勢力図は変わることがなかった。
不動のセンターはやっぱり揺るがなかった(今回もぶっちぎりで1位だったみたいですね)

そして、僕の推しの子は5位ということで。
なんとか神7はキープしましたけど、前々回3位、前回4位と徐々に下げてきてるので、次回が正念場かな、と。



なんの話?って、これに決まってるでしょう!



ノック式エナージェルの0.5mmマジ最高なんですけどねぇ。
僕、車に1本、机に2本、ネームカードのストラップに常に1本常に引っ掛けてるくらい好きなんだけど。
たしかにジェットストリームはこれまでの功績とかもあるし、良いのはわかる。
僕もたしかに持ってるし。そして、書き味良いし。
でもさ!長過ぎる安定は停滞なんじゃないかと思うのよね。
ニューカマーに期待するしかないのかなぁ・・・。

密かにずっと前から応援してるVコーンが19位にちょこっとだけ浮上したのはよかった。
直液式水性の最高峰だと思ってます。
がんばったね!

でも、まぁ、今一番好きで愛用してるのはプラチナ万年筆のカーボンペンなんですけどね。
あ。ボールペンじゃないか。

deadstar009 at 19:09|PermalinkComments(0)

January 30, 2016

Witticism

みなさんこんばんは。
僕が今何をしているかと云えば、現実逃避です。
これを書いている今現在、こんなことをしている場合ではありません。
締め切りまであと12時間弱。


さて、AVを観ていると結構気になってしまうのが男優の言動です。
自分と作品との相性というものを考えた時に、女優よりもむしろ男優がいかに邪魔じゃないかというのが大事なことって結構あるでしょう?(あとはカメラワーク)
しかし、時には大いに参考になる名言に出逢うこともあります。


あの手この手で迫る男優ですが、ボディタッチから拒まれる場面もありますね。
そんなときは

「自分、全日本スキンシップ協会の理事とかも務めてて肌年齢がわかるんですよ」

「協会に入ってる」くらいではダメです。理事まで昇り詰めることで逆に説得力が無くなります。
素晴らしい。
女性は「肌年齢」という言葉に弱い!間違いない!(偏見)


ボディタッチが成功したからといって安心してはいけません。
カメラ前で服を脱がせるの、結構大変ですよ。

「乳首窮屈そうにしてるじゃん、出してあげようよ」

優しい!窮屈そうにしてるの、ほっとけないよ。(BGはもちろん楠瀬清志郎で)
この優しさにグッと来て心も体も開いてくれるはず。(適当)

(水着をめくろうとしながら)「おっぱいとかじゃなくて、裏地がみたいんですよ」

論理のすり替えはディベートでもよく使われるテクニックですので覚えておいていいと思います。
僕もどっちかっていうと裏地が見たいなぁ(鳴らない口笛を吹きながら)
もうひとつ例を挙げましょう。

「家の中で帽子やマフラーしてる人いないじゃないですか?じゃ脱ぎましょうよ」

家の中で全裸の人は逆に少ない!
でも、なんとなく「あぁ、そうか」なんて思って脱いじゃうかも!(絶対ない)

「脱いでもらっていいかな?いや、別にバラエティみたいなノリだから」

「ノリで」「流れで」「イメージだから」「謝礼」はナンパモノの四大頻出用語。

(かたくなに脱がない女優に対して)「一回出して仕舞うパターンでいこうか」

そういうパターンならありかな・・・って思うかボケ!

さらにそこから先に進むのもなかなか難易度高め。

(チンコを)「ちょっと握ってみてちょっと、害は無いから、害はないでしょ?」

女性のみなさん、僕のも害はないですからどうですか?

(ヨガインストラクターの挿入を拒む主婦に向かって)「本場で学んだ確かな技術ですので」

でました、権威を振りかざす系。
主婦は「本場」って言葉に弱い。(もちろん偏見)


「先生のチンコをおとなしくするにはどうしたらいいか答えよ」

権威と云えば先生。
先生が問うているんだから答えよ。

そもそもの論理が飛躍し過ぎているセリフも散見されます。

「このおっぱいで一人暮らしは無理でしょ」

(「こんな所でして誰かに見られたらどうするんですか」という女優に対して)「僕たち結婚してるんですって言えばいいじゃん」

結婚してればどこでヤってもいいってもんじゃない!

そしてAVの世界にはファンタジーも転がっています。

(わりとよく見る男優)「え〜!でもSEXなんて、10年ぶりで・・」

この前観たAVでは女優が「経験人数はまだ1人」とか云ってたんですが、そのあと4P(男3人)してました。

「ん〜〜♪ん〜〜♪ん〜〜♪」(挿入時約30分終始)

ここまでいくと、もうどうでもよくなる。

(アナルをひと舐め)「ちょっとライス持ってきて」

変態の鑑!



というか、ホントにこんなこと書いてる場合じゃない!
いや、暇な時でもこんなこと書いてる場合じゃない!

via:AV男優名言BOT

deadstar009 at 14:10|PermalinkComments(2)

January 21, 2016

instant tattoo

去年だったか一昨年だったかKickstarterで知ったinkbox
特殊な染料で肌にお絵描きすると、インクが肌の表層に染み込み、約2週間消えない。(肌は約2週間で新しい細胞に入れ替わるので、それと同時に染み込んだ層も剥がれ落ちて消える)
フェイクタトゥーのわりに見た目がわりとリアルっぽい。
(ヘナみたいに薄くないし、なにより100%オーガニックで安全というのが人気の理由らしい)

残念ながら日本では売ってないし、試しに買うのも躊躇してたんだけど、年末ちょうどセールみたいなのやってて、送料分くらいの値引きになっていたので、買ってみた。
2週間弱で到着。

サイトを見るとデザインがいろいろ載っているんだけど、これはこのデザインのステンシルが付いてくるってことなのね。
ステンシルを入れたい部分にベタッと貼って、その上にインクをにゅるにゅるっと乗っける。
1時間半から2時間そのまま放置したあと、ステンシルをインクごと剥がして、その部分を石鹸で洗う。
その時点ではものすごく薄っすらとしか色が出ておらず、騙された!と不安になるレベル。
でもそっから時間とともにだんだん色が濃くなってきて24時間後にはかなりはっきり模様が現れた。
色は濃い青、紺色みたいな。黒ではない。

入れてすぐに急遽温泉の取材が入ってしまって。
凄く不自然だけど撮影中、靴下脱ぎませんでした。
というか、脱げませんでした。

IMG_1645
こんな感じでステンシル貼ってインク載せて。

IMG_1647
施術直後。全然見えない。


24時間もするとはっきり見えてくる。

IMG_1840

IMG_1844
こちらはフリーハンドで描いた、某酒のジャケ。
ノズルの先が細いので、わりと細かい図案までできます。
はっきり。

IMG_1839
色味的にはこんな感じ。
これで1週間経過。

やってみて思ったのは・・・
わりとテンション上がるな、ってことと、飽き性の自分にはタトゥーは合わないなってこと。
1週間でもう飽きてる。
2週ごとに模様変えれればいいけどもね。
一生同じ模様とか、信念もなにも無い僕には合わないわ。
たぶん、タトゥーは一生入れないでしょうね。
(個人的にはドSで痛いの大好きなので入れたい気持ちもあるけれど)

deadstar009 at 16:37|PermalinkComments(0)

January 19, 2016

In fact, I don't watch it...

「『罪と罰』を読まない」という本がある。

『罪と罰』を読まない
岸本 佐知子
文藝春秋
2015-12-12



岸本佐和子(翻訳家・エッセイスト)、三浦しをん(直木賞作家)、吉田篤弘(作家・装幀家)、吉田浩美(作家・装幀家)という文学に関わる4人が、実はドストエフスキーの『罪と罰』を読んだことがないというところからできた本である。
『罪と罰』といえば、世界の文学史にその名を刻む名作中の名作。
読んだことがない4人もなんとなく「貧しい青年が金持ちのおばあさんを殺す話でしょ?」くらいは知っていて、それぞれがなんとなく聞いたことがある断片的な情報から、『罪と罰』がどんな話なのかを推理していく。そして、座談会後にはそれぞれ『罪と罰』をちゃんと読み、改めてその感想戦をするという内容だ。

話は変わって、以前、飲みながら話していてとある先輩が「ジブリ作品を観たことがない」と発言したことがあった。
その時俺は「ジブリを観たことがないなんてどうかしてる!人間として終わってる」みたいなことを言ったようなのだが、俺が言う『ジブリ』とは、すなわち『となりのトトロ』と『魔女の宅急便』をピンポイントで指すのであり、それ以外のジブリ作品は観たことがないのだった。
そうなのだ、名作と名高い『風の谷のナウシカ』も『天空の城ラピュタ』も観たことがない。
(ちなみにこれは聴いていたしCDも持っている)
正確に言えば、観たことはあるが途中で飽きてしまって最後まで観ていない、である。
当時小学生だったので、しょうがない、ということにしておいていただきたい。
したがって、ラピュタが地上波で放送される際のお約束である、twitterでなにかつぶやくやつも、状況がわからないのでなにが面白いのかまったくわからない。

先ほどからラピュタについて、いろいろ考えを巡らせていた。
思うにあの「パルス」だか「バルス」だかいうやつ。
あれはきっとドラゴンボールにおける元気玉のような、「みんなの元気をオラに分けてくれ!」的なものなんだろうと想像する。
きっと、その言葉をみんなが一斉につぶやくことによって、一個一個の小さな元気が大きな元気玉となって世界を救うのだ。
そのメタファとしてのツイートではないのか。
ほら?どうですか?核心ついてるでしょう?
(もし違っているなら、くだらねぇツイートしてねぇでクソして寝ろ!マジで)

物語には飛行石という石が出てきましたね。
覚えてます。
主人公が少年と少女だったことも覚えています。
おそらく石は天空の城の欠片、もしくは浮遊動力源の欠片でしょう。
名前からして宙に浮きますね。
天空城で竜の飼育を担当していた少女は、たぶん世界樹の葉を採りに下界に降りてきたところ飛行石を失くしてしまって天空城に帰れなくなりますね。
そこでたまたま知り合った少年に助けを求めます。
二人は大冒険の末、天空の武器・防具を手に入れ、天空の塔の最上階から雲に乗り天空城へ。
あ!もしかしてここであの言葉を言うのかな!
あれ?まんまどこかで聞いたことがある話っぽいけど、気にしないでください。
(テンションが上がって口調も変わったけど気にしないで!)

ナウシカも同じ調子で。
なんか、空気が腐ってるところで気持ち悪い虫の大群が攻めてきて、ナウシカがそれを止めるっぽいとこまでは観たし覚えているが、肝心のそのあ後が・・・。

先日のsession22でもやってましたけど(お題はヘルマン・ヘッセの『車輪の下』だった)、観たor読んだホスト役が一人いて、観てないor読んでない人が2〜3人が推理トークを繰り広げるってスタイルが正解でしょうね。
ところどころホスト役がヒント出したり、あっちこっちに飛びまくる話をまとめたり。
飲みながらの馬鹿話にはうってつけのトークスタイルだな、とは思ったものの、「名作且つ意外と観てない人が多い」なんて作品、あるか?と思った次第。

ちなみに俺も『罪と罰』は読んでいない。
例えば、映画でいうと何だろう・・・寅さんシリーズは実は一作も観たことがない。
007シリーズもひとつも観ていない。
ゲームでいえば・・・メタルギアソリッドシリーズ、やっていない。
ポケモンもやったことがないし、モンハンもやったことがない。

みなさんも、得意ジャンルで周りからは当然知ってるだろうと思われていることで、意外とノータッチなもの、ないだろうか?

deadstar009 at 12:17|PermalinkComments(0)