付き合う前は相手のことが好きで仕方がなかったのに、付き合って相手の言動を見て、急に気持ちが冷めた経験はありませんか?
 
ヒトメボで「恋人の言動によって突然冷めた恋はありますか? 」というアンケートを行ったところ、有効回答数が75。
その中で、およそ7割以上もの男女が「アリ」と回答!

ふとあるとき、一緒に居るのが突然嫌になった。我に返った感じ」(38歳・女性)

些細なケンカで手を上げる彼女に冷めた。感情をコントロールできない人は苦手なので…」(29歳・男性)

酔っ払うと態度が急変し、すごく甘えてくる瞬間にダメだと思った」(20歳・女性)

など、様々な意見が寄せられました。でも、ある言動を境に、恋する気持ちが突然冷めてしまうのはどうしてなのでしょうか?
「そもそも、恋をする行為自体、相手に幻想を抱くということなんです。好きになると、相手の一部分の言動からその人すべての性格を勝手に自分の中で作り上 げてしまうんですね。また、付き合う前の駆け引きの段階では普段の自分より、頑張ってオシャレをしてカッコよく見せたり、かわいく振る舞ったり、内面も無 意識のうちに気取ったりして、等身大の自分よりいい自分を演じるもの。それが、恋人関係になってしまうと、安心しきったりマンネリ化して、普段の気がゆる んだ素の自分を見せやすくなります。そのため、相手に対して『私の知っている○○君ではない』、『俺のことを大事に扱わなくなった』と感じるようになり恋 が冷めてしまうのです」(恋愛科学カウンセラー・荒牧佳代さん)


たしかに、付き合う前はなんとか相手と付き合えるように努力しますもんね。そして付き合うと、油断して立ち振る舞いが以前と変わってしまったり…。
「付き合う前の男性は、恋人を手に入れたいという気持ち(狩猟本能)から、テストステロンという男性ホルモンが大量に分泌されて、フェロモンが増し、色気 がでます。しかし、意中の女性を手に入れると、狩猟本能が満たされテストステロンの分泌量が急激に下がってしまいます。このことが、男性としての魅力を低 下させ、油断した言動や態度に繋がるのでしょう。

また、付き合う前は、容姿や雰囲気、外見など本能的な部分で魅かれていたところが、長く付き合うことで少しずつ知性や教養、マナーなどといった理性的な部 分で相手を判断するようになるのです。理性は本能をコントロールしますから、本能的に相手のことを好きであっても、言動が自分の許せる範囲でないと気持ち が冷めてしまうんですね。長く続くカップルというのは、理性で好きになる部分と本能で好きになる部分のバランスがいいカップルなんですよ」(同)


では、そのバランスを保つにはどういうことを心がけて付き合えばいいのでしょうか。
「相手に幻滅してしまったら、恋は冷めてしまいます。なので、交際を長続きさせたいのなら『恋人の前では素の自分より少しいい自分』でいる努力をするこ と。つまり、恋の源である“ときめき”を持続させること。男性ならかっこよく、女性ならかわいくいることが大切。『え~!そんなのメンドクサイ! 』という声が聞こえてきそうですが、恋人との間の適度な緊張感は人間の脳を活性化させ、それによっていつまでも若々しく活き活きといられる…との医学博士 の見解があるほど。恋多き人が経験する脳内麻薬の快楽は、人間にとって良い刺激となっているんですよ。どんなに安心や信頼ができる関係であっても、最低 限、“相手が期待して抱いている恋のイメージ”を壊さないように心がけましょう」(同)


自分への恋愛感情を維持させるには、気を抜かずにオシャレしたり、相手への心配りを忘れない努力が重要なんですね。恋人がいる読者の皆さん! 今一度自分の言動を思い返してみては? 相手に幻滅されてからでは、いくらフォローしても手遅れかもしれませんよ!
(冨手公嘉/verb)





nintendogs+cats 99%気持ちがわかる本nintendogs+cats 99%気持ちがわかる本
ニンテンドードリーム編集部

徳間書店
売り上げランキング : 124535

Amazonで詳しく見る




引用:http://www.tokiomonsta.tv/news/article/200-hitomebo-love-is-feeling-suddenly-cool.html