2015年05月24日
 綿貫部長が遭遇した、陸上競技というか、思春期にスポーツをやると避けられない魔物。どんなに才能があっても一度、故障をして仲間に大きな差をつけられたら、追いつくのは容易ではない。伸び盛りだからこそ周囲との速度差を絶対的に感じてしまう。
 アキラにも故障に気をつけてほしいと思ったが、崖から転落したり、建築現場から落ちてきた鋼材が直撃しても、へっちゃらなデタラメな身体の持ち主だから心配するだけ無駄だったぜ!
 まぁ、ギャグでのダメージと、シリアスバトルでのダメージは違うからな。アキラすらシリアスダメージは跳ね返せないかもしれない。少なくとも、大会で走りまくったときは疲労していたので、ヒメヒメならぬフハフハ歌えばヒットポイントが無限回復する面白人間ってわけではない。

 部長のためにアキラが全身全霊をかけて行動する姿には感動した。川田へのトイレでの土下座なんて、他にできる人物がいるだろうか。部長の家庭環境を心配するところは自分の家庭環境に問題があるからだと解釈した。
 アキラにとっては部長が最初の友達で、部長にとってもアキラは専属コーチになりたいほど特別な存在になった。ツバキを除けば最も仲がいいかもしれない。同学年でも井口先輩とはちょっと相性が悪いのかなぁ。どっちも良い人なのに。
 合同練習会で部長対決をするときに、綿貫部長がジャージの下にちゃっかりユニフォームを着ていたのは、やっぱり本心では走りたくて、あわよくばと用意していたってことだよな。
「私は人数合わせだから……」と言い張りながら勝負下着で合コンに参加するような真似を!!やっぱり部長がいちばんエロい。アキラに腕を掴まれたシーンはヤバかった。鮫田が恐れるのも尤もだ。
 アキラに夢をかける形になった部長だが、それだけに京都の西園寺アキラが言ったような陸上をやめる事態になってしまったら彼との関係が微妙になりそうだ。いやいや、絆は試練を乗り越えてこそ深まるもの(やっぱりツバキにとって最大の障害はアキラ)!!

 部長たちがみた試合のビデオで、なめ回すようなカメラワークで浅岡がエロかったのは、あの一年に撮影の無駄な才能があるってことか。それとも、小笠原をふくめて素材がよすぎるのか。
 撮影をきっかけに才能に目覚めて彼が将来映画監督になったら面白い、ホラーの。アキラの「歪んだオーラ」を常時引き出せるカメラワークを会得したら怖いものだらけで怖いものなしだろう。
 部外者視点だとなんであんな厄い印象を与えてしまうのかなぁ。変に力みすぎている?

ヘブンズランナーアキラ1巻感想
ヘブンズランナーアキラ2巻感想
ヘブンズランナーアキラ3巻感想

ヘブンズランナー アキラ 4 (少年サンデーコミックス)
ヘブンズランナー アキラ 4 (少年サンデーコミックス)
帯でいくら「青春!」と謳われても表紙が性的すぎるよぉ……
2015年05月23日
 野戦の後は攻城戦!パルスの首都エクバターナが異教徒の猛攻に晒される。無慈悲なイアルダボート教の信者に狙われた交易の一大拠点の運命は――。
 徹底的な力攻めの描写がルシタニア軍もペシャワール要塞からの援軍がくる前に決着させたい焦りを感じさせる。味方が苦しい時は敵も苦しい。問題はついでに狂おしかったこと。
 せっかくの城攻めなんだからアトロパテネの会戦で使った油ももっとじゃんじゃん使えよー。
「ボダン司教が異教徒を無駄に焼き殺すために使いました!!」
 それなら仕方な……だめだ、あの腐れ坊主。早く豚の餌にしないと!

 内側では奴隷の反乱が起こり、外側からは猛攻と首を並べた心理攻撃。ついには秘密の逃げ道を逆に利用されて、いきなり王宮を直撃されるという落日のパルスには散々な戦いだった。
 同格の万騎長が二人いて、指揮系統が統一しきれなかったのも、良かったのか悪かったのか……エクバターナの大きさゆえに戦線が広いから、ひとりだと捌ききれなかったかもしれない。
 遊撃隊を城外に展開してヒットアンドアウェイで攻城軍を攪乱する部隊がいた方が、勝利はともかくもっと敵に損害を与えられたと思うけどね――いや、抜け道を連絡や補給に利用すれば勝てたんじゃないか?
 タハミーネの自分だけが助かりたい思いが、自分を敵王の虜にしたなら強烈な皮肉だ。彼女に戦術眼を求めはしないが。

 万能の吟遊詩人ギーヴが初登場して、落城の混乱に紛れて一稼ぎしている。剣も弓も楽器もできて、顔もいいなんて嫌みな野郎だ。そして女好きだが、タハミーネになびかない辺り女の趣味は悪くはない――そんな言い方をすると、イノケンティウス王は女の趣味が悪いことになってしまうな。とりあえず宗教家の趣味は間違いなく悪い。
 そして、ライバルのアルスラーンは宮廷画家の趣味が悪かった……パルス人は苦難の民。荒川先生がナルサスの絵をちょくせつ描けない(描かないのではなく後遺症を恐れて描けないのだと思う)ことさえ笑えてくる。アルスラーンの反応をみると、敵に虚をつくる兵器として使用可能なレベルみたいだ。やはり天才。

アルスラーン戦記1巻感想

田中芳樹作品感想記事一覧

アルスラーン戦記(2) (講談社コミックス)
アルスラーン戦記(2) (講談社コミックス)
白い表紙のあとは黒い表紙。
2015年05月22日
 懸賞金をかけられて日本中を逃げまどう死なない新種の人間、亜人の話。亜人だけにアジールを探しているのかー(ただいま圧殺被実験中です)。
 亜人を巡る騒動で死人が続出して、その中から亜人と判明する人間が続々と現れたら収拾がつかなくなるんじゃない?異種を追いつめて捕獲するつもりが、自分もそちらの仲間であることが判明してしまったら、心のバランスを保てなくなるかもしれない。
 そんな事態が起きたら興味深いのだが。

 作中で描写される亜人狩りへの強烈な反応は懸賞金が1億円だけでは説明が付かないところがある。
 不死への嫉妬や、種としての生存競争に負けることへの恐怖が根底にありそうだ。教育の現場でも亜人が授業に出てくるわけで、国家によって意図して植え付けられた感情も混ざっていそう。
 だから育ちが悪そうなカイは友達が亜人になっても拒否反応を示さなかったのかなぁ。「学友」たちの冷たい反応には反吐がでる。まぁ、目の前であんな再生をされたら、気持ちの整理がつかない気もするが。

 物語はパニックとチェイスから、亜人同士のバトルに変化していく。あと妹がトランクに……ゲスたちに襲われていたチョイ役の娘といい、ついていない女性キャラが多い。
 自分も亜人だった下村は、その筆頭。合衆国の騎兵隊に協力する「インディアンのスカウト」みたいな複雑な立場だなぁ……家族を人質に取られたりしたら、もはや別種でも亜人は家族のために戦えるのだろうか。

亜人(1) (アフタヌーンKC)
亜人(1) (アフタヌーンKC)
2015年05月21日
錻力のアーチスト
 やられたらやりかえせ。目には目を。
 之路はキャプテンだから余計にヤバい。こっちも切っ掛けを作る展開にするのは巧いなぁ。弐織先輩が貫禄をみせて鎮圧してくれることを願う。
 永源たちを受け継ぐとかキレイに思った直後に乱闘で台無しにしたら最悪だよ!若さでもあるが……。

ハリガネサービス
 下平の本当の強みはサーブではなく、人間性?羽柴ちゃんまで惚れ込んでいる。やっぱりサーブ迎撃でフラグが立ったな。
 一学年に一人は人格者がいるね。逆に考えると一年にも人格破綻者が必要……かわいげもある金田で十分かな。
 松方の策が発動しなかっただけに気になる。次の無回転サーブまで覚えていられるだろうか。

鮫島、最後の十五日
 よし決めた!よく決めてくれた!!これでダメージは最小限だな。
 虎城親方が人格者すぎて違和感がある。解説者として演じている部分があるにしても……。
 宝玉光はどうでもいいが、寺井には成功してほしい。

兄妹
 外にまで物をおいておかなければ隠れ切れたかもしれないのに……不審者の定期的な進入を許し続けている学校の非常に悪い話でもあった。不動高校化まったなし。
 やるじゃん!兄キ!!まったくそれに比べて楓ちゃんは〜。

私のお兄ちゃんはサイボーグです。
 形から入るならまずは自分が悪の女幹部ルックをみせるべきだ。さあ、これを着て!さあ(Surface)!!
 博士があの年齢まで社会生活を送ってきた方法がわからない……。悪意のない前科がいくつあることか。

クローバー
 卒業回だった。
 ハヤトもその気があれば広島で……進路よりも最終ヒロインが予想できない。エリナが本気になれば同じ墓に入るまで持ち込める気はするものの。
 本格的に終わりが近づいてきた雰囲気があるなぁ。

毎度! 浦安鉄筋家族
 運転手の人が気の毒だ。あれは轢かれ逃げになるのかな。そのままにしたら、犯罪になるは、保険は使えないは……。
 大鉄はいかにも事故を起こしそうだから、信じてしまう気持ちは分かる。騙されたことを除けば、いい奥さんだなぁ。ヘソクリの使い方が利家のまつ。

囚人リク
 部屋を盗聴されていたら終わる。同じ部屋にいれる時点で鬼道院は油断しきっているように見えるが……もやもやする。
 近未来なのだから会話を自動収集して、脱獄に繋がりそうなキーワードだけに反応するプログラムくらい用意できそうなものだ。

ドカベン ドリームトーナメント編
 ドリームなポテンヒット。うまいこと言っているつもりで意味不明なネームになっていませんか、おじいちゃん?
 ジャストミートだ!ドリームは見れたかよ?

辻浦さんとチュパカブラ
 せやな。恋人の間に立ち入ってはいけないこともある。妹はテンション高いままで幸せそうだ。
 橘たちは、あのまま敗者復活させられてしまうのか。玉の輿ではあるのだけれど。

Gメン
 リサが主人公に見えてきた。瀬名が身も心も完璧にイケメンで惚れる!伊達は彼にも惚れないのかなぁ。いい男だ……。

羽恋らいおん
 部長の表情が怖い。まったく崩れない。鈴蘭さんの顔芸がないと物足りない。頼むぜ。
 レオはこのまま負けてしまうのか。せめて最後まであきらめずに戦ってほしい。

侵略!イカ娘
 ロボットも家出をする。ロボットの反乱というほど派手ではないが、爆発オチは派手である。
 娘よりおっさんの方が出番が増えてなイカ?
 任天堂とのコラボ、おめでとうでゲソ。順調に侵略。19巻だから、そろそろタイトル変更最終回が来るかなぁ。
 
実は私は
 

弱虫ペダル
 「個人の中かチームの中にしかない」って「犯人は男あるいは女」と言っているのと同じでは……シチュエーション的に正しいことを言っているのだが、決めすぎているせいで余計なことを考えてしまう。正論とは正しい意見だからな。
 坂道さんが幸せそうで何よりです。笑顔のところで坂道のHPのゲージが欽ちゃん仮装大賞ばりの勢いで増えていったのが見えた。

刃牙道
 義足で蹴れば良かった。武器がありなんだから、義足で蹴ってほしかった。
 擬態はさすがに戦国時代の人だと思った。

マジカロマジカル
 ササラの肋骨描写がすばらしい。ついつい指でなぞる。
 バトルは何だろうなぁ。朝の暴走に黒虎を思い出して寂しくなった。

零階層の住民
 八階層は天国なのかな?彼にとってはパンツの見える世界が中身よりも天国っぽいけど。
 リサちゃんはアクションをするのにスカートなのは、実は気をひきたいからなんですかね?
 コツンコツンと擬音が響く中、立体化した「ステー」の文字がいちばん怖かった。主人公が無敵なので読切に特化した作品だな。でも、リサが助けられた時の話でもう一話はいけそう。

青春リトルポンコツ
 最終話にかわいい女の子を投入してこないとは冒険者だと見守っていたら、どうしよう……400ページ1コマ目のケンジがむちゃくちゃ可愛く見える!!
 安達にはちゃんと告白するんだぞ。でも両想いが発覚したらリョウの居場所が完全になくなってしまう。モラトリアム!!
 ぜひ続きを描いていただきたい。安達ちゃんにまた会いたい!

蠢くニャグラゾテプ
 こうして紅々亜は生まれた。主人公誕生秘話の最終回。奥神の儀式は失敗時のデメリットが大きすぎるのでは……それまでずっと成功していたから具体的なデメリットはわかっていなかっただけかな。
 いまさらまっくろくろすけを連想する。

木曜日のフルット
 いいジムじゃないか。頼子の努力と精神力は認めるが、動物虐待的でちょっと……。


チャンピオン感想サイトリンク集

秋田書店コミックス感想一覧
2015年05月20日
マギ
 紅覇が将軍たちの緩んだ気持ちを引き締めるところ上手。戦いに紅炎が出てこないのは気になるなぁ。結果的に戦力の逐次投入になってしまっては困るのだが、白龍が大将首を狙ってくる展開がいちばん怖い?兄弟がいるのだから後継者の順番をしっかり決めておけばいい気もする。なんだかんだで紅玉に煌帝国の帝位が転がり込んできたりして――そして、その夫におさまっている帰ってきたアリババとか。

常住戦陣!!ムシブギョー
 十勇士の二人が情けないような……後藤も部下を守れていないので二人を批判すると後藤もついでに攻撃してしまうような。
 盛親は自分がやられたのが感覚的にわかる程度で自分同士で無制限の通信はできないのか。さすがに限度があってホッとした。
 仁兵衛がやってくれたので、蟲人の軍隊そのものは消滅したな。盛親の解釈次第ではあるが。

天使とアクト!!
 異常にやさしい主人公。自己犠牲をやっていられる場合じゃない。授業料で一文無し状態なのをお忘れなく。まぁ、もやしのヒモやロリのヒモでも生きていけるけどな、将軍!
 なりはアクトに興味持ちすぎ。やっぱり隣のお兄ちゃんは憧れだったりしたのか?

ヘブンズランナー アキラ
 なぜ人は過ちを繰り返してしまうのか。綿貫部長がトラウマを刺激されるに違いない藤乃の崩壊……曽我部部長と同じ年に先に進めなければ藤乃にとっては意味がなかった。それが理解できるだけにやり切れない。後遺症を起こしたりしないよな。
 隣の選手に話しかけてタイムを聞いていくのはペース管理上メリットがありそう。でも、常態化すると心理戦に?

戦争劇場
 水分を抜いて脂肪分を確保する。確実に太る。むしろ太るためにやっているんじゃないか?前回で妊婦に間違えられたからな。少年の勘違いを守ってやるために、じょじょに太らせていかなければな!

姉ログ
 運動会の暴走姉機関車、靄子。書記は生徒会の中でも最弱……学校は靄子を中心に回っているが、靄子は輝を中心に回っている。折衷的天動説みたいだな。

トキワ来たれり!!
 みんなの再紹介回。少しでも隙を与えれば全裸になるりぃん。ふつうに服を着ておけ……。
 DEM2の名前が繰り返し出てくると、DEM1も気になってくる。そして、DEM1の制作者たちも。もう一台のDEM1を創ろうとはしなかったのかな?

BEBLUES!(ビーブルーズ)〜青になれ〜
 謎の扉絵乳首券。本編の内容がほとんど頭に入ってこなかった。
 孤高を気取っている桜庭がピエロだったかな。

絶対可憐チルドレン
 ぎゃああああっ!今まででも最もおそろしい複合能力者だ。まぁ、宦官の例もあるし、死ぬとは限らない。むちゃくちゃ苦しむとは思うけれど……そうだ。葵がテレポートで空間をつなげたまま逃がせばいいんじゃない?

なのは洋菓子店のいい仕事
 パティシエの語原はパイから。パイ職人、おっぱい系和菓子を作っている職人にもパティシエを名乗らせてあげてほしい。
 兄貴はへっぽこなドラえもんみたいに思っておけばいいのかなぁ。未だに自分の中での立ち位置を決められない。

AREA D 異能領域
 またも死んだか頼りにならないお仲間。ヒロインしか生き残らない予感。後からも増援が送り込まれてくるのかな。

湯神くんには友達がいない
 嫌いは好きに変換可能。百瀬の気持ちを変換できたら大したものだ。綿貫さんが平和すぎた。
 とりあえず明確な悪意があったわけじゃなくて良かった?
 門田の恋が見逃せない感じに。

だがしかし感想はこちら


サンデー感想サイトリンク集

小学館コミックス感想一覧
 当たりが出たらもう一個!なつかしのコーラガム。もちろん味についてのコメントはなく、駄菓子屋人情噺がオチつきで展開される。
 逃げたおっぱいの大きい(であろう)ココノツの母さんも、ヨウのああいうところが好きになったのかな(そして同じところに愛想が尽きたのかな)?経営的には――自分で商品を一時間も食いまくっているところが――ダメージしかないに等しかったけど、ほっこりした。
 小学3年生の小野くんはかわいいけど、女の子は怖いね。当たりを出しただけで態度が変わるのはチョロい……と感じるのは読解が足りないか。当たりが出ることは知っていても、どうせ絶妙なタイミングでは当たらないと覚めていたからこそ、余計に反応が良かったわけで。
 彼女は小野くんが「もってる」と思ったから小野くんはモテたんだよなぁ……でも、実際には持っていない。将来、小野くんと結婚した反応が怖い少女は、彼に運があると思ってついていくけれど、本当は運がなくて当てが外れるのだ。いいはなしだなー……あれ?
 まぁ、滅多にないヨウの店番に当たった時点でムチャクチャついているから!!もし、ココノツの時に当たっていたら、ひたすら気まずいことになっていたから!!!
 そして、横から助けてくれるおっぱいのお姉さん。すっかりおっぱいのお姉さんに惚れてしまう小野くん。女の子「」

 みとかんの間が離れているが、中身はとても近いダンボール箱内での密着はご褒美のはずだけど、妙な駄菓子臭がしていない場合に限る。ココノツは日常的に駄菓子に囲まれているから平気――お似合いだな。
 ほたるがダンボールの中で駄菓子を取り出し始めたら、ダンボール内に空間がなくなっても新しい駄菓子が出続けるのだろうなぁ。イリュージョン!

 扉絵はほたるに掛かる光と影の具合が素敵だった。これは古いカメラだと適切に撮影してくれないシチュエーションだ。現像かデジタル的な画像処理が必要(自動でやらかす人間の目はすごい)。

だがしかし 第49かし「サクマ式ドロップス」感想
だがしかし1巻感想
だがしかし2巻感想

【マルカワ】コーラガム(55個+当たり5個入)
【マルカワ】コーラガム(55個+当たり5個入)
たらこ軍団みたいになっとる……!
ACMA:GAME
 いぬ犬に対応できていないユッキー。ブラックユッキーになって「何がいぬ犬だ!チンチンしろ、オラァアアア!!」って言ってほしかったぁあああ!
 毛利は単純に勝利するだけではなく、潜夜の思考レベルも推し量っている。これは手強い?

生徒会役員共
 あきらかにサイズが合わないのに聞くのも、それはそれで失礼だと反応しない?いつかは着けると思いを胸に秘めて学校に持ってきたとでも言うのか!!

ベイビーステップ
 審判ェ……微妙なバランスを崩す切っ掛けになりえる審判。一人の進路が懸かった試合。審判の責任はいつも重い。まぁ、あんなに速いサーブではなぁ。
 まずは栄ちゃんが追いつめられた感覚になってしまうが、ブレイクのチャンスである。

神さまの言うとおり弐
 まさかの下ネタ解決じゃないだろうな。あまのじゃくって言葉からひねくれたルールだと想像するべき。
 三回目当たりからお互いにババを引かせようとする戦いになるのかな。
 こいつらも生き抜いて来た連中だと思うと……GIの情けない参加者みたいな者か。

増すコミ
 そこは怒るんじゃなくて、三角関係を妄想してむふーですよ。
 増田ことアノニマスダイアリーのことを連想した。ぶっちゃけ自分の場末はてなダイアリーより、あっちの方が読者を得られるんだよな。そんなことで更新を続けていると、固定読者を獲得できる機会損失が積み重なる。

リアルアカウント
 これがマーブルじゃなかったら人を殺してしまうところだったわけだが、自覚はあったのかなぁ。不眠状態でそこまで考えていなかった気もする。
 カンパは勝ち馬に乗らない善より、乗る偽善だな。

金田一少年の事件簿
 逃げようとした者は殺される。本当にそうだろうか?出入りしている警察関係者は殺されていない。そんなことを思いこませる発言は怪しい。
 マスクの人がとことん無関係だったら、ひどい目くらましだ。


講談社コミックス感想一覧
今月のイチ押し
Recent Comments
スポンサードリンク

これはゾンビですか? OF THE DEAD ぷちっ娘ラバーストラップ 全7種セット■在庫あり


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介