2016年12月06日
 あくましゅうどうしは邪教の館を開くことも可能。復活の失敗で、姫とネコスタンプの合体事故をおこしてしまう。
 合体を活かして戦力増強と考えずに、治すことしか頭にないあたりが魔王軍らしくない。むしろ人間側が好き放題にやりたがるかな、こういうのは。

 猫になってしまった姫は焦ることなく、猫の眠りを体験しようとする。
 信じがたいほどの暢気さである。そのまま戻れなくなったら睡眠道具を作れなくなって「質の低い眠り」に走るしかなくなるんだぞ!
 もっと焦れよ……自分をさらった魔物たちへの絶対的な信頼感が彼女にはある。姫だから自分が奉仕されることを疑わないだけか?

 あくましゅうどうしを悩ませて、こたつで丸くなった姫は幸せそうではあった。全身を包まれて眠ればいいだけなら、巨大なこたつを作れば人間の体でも目的を達成できるんじゃないかなぁ。
 それでは、なぜ巨大なこたつは存在しないのか。わりと真剣に悩む。それをやるなら部屋ごと暖めればよくなって、帯に短し襷に長しの領域なのかも。
 猫姫もかわいくはあるのだけど、いつもの姫の顔がみれなくて、ちょっと損した気分だった。

魔王城でおやすみ 第三十夜「窓をアップデートできます!」感想
2016年12月05日
 帰ってきたハジメの前に展開されるこたつパラダイス。雇用者があたたまっているそこへ容赦なくダイブ!許可も得ずにダイブ。
 ココノツさん、おならしていいですよ……
 あいかわらずのフリーダムっぷりを見せつける尾張ハジメはたこせんの定義問題にまで鋭く切り込んだ。たしかにエビの立場がないのだが、材料にたこを使っていて名前にたこが入っていない例も……あっても少なそうだなぁ。
 印象的な外見と独特の味から主役をさらわずにはいられないタコ。やつらの陰ではエビなどの名脇役が泣いているのである。エビは飼うとかわいいらしいよ(栗原渚先輩情報)!

 ココノツをもってしても最後は「そういうもんなんだ」で押し切らねばならない駄菓子界の闇は深いと思った。
 都市伝説的に生まれてしまったものが公式に取り込まれる世界なのであろう。別の生物の遺伝子を節操なく取り込むサンゴの系統樹カオスになるように、駄菓子の歴史もとき解せない糸のよう。

 ところで今更なんだけど、「喫茶エンドウ」はなんで「喫茶さっき」にならなかったのかな?意味が通るしスーパーよりよっぽど無理がない。兄妹の名前が優先されたのかもしれない。

だがしかし 第121かし「ハイエイトチョコ」感想

たこせんべい(20枚入り) 10袋セット
たこせんべい(20枚入り) 10袋セット
2016年12月04日
マギ
 もうこんな世界は滅びてしまえ。絶望のあまりシンドバッドひとりの意識しか存在しない状態になりかけている世界の滅亡を期待してしまった。ひどいことをするものだ。言論の自由の規制が、精神的な殺害にも等しいことを遠回しに表現していると感じる。
 本人には覚えがないのに、シンドバッドに喧嘩を売られる上位世界の住民も可哀想である。

常住戦陣!!ムシブギョー
 毛利を斬るには花びら一枚あればいい。花びら花びら!斬撃が飛ぶ状態になったればこその結果だが、恋川も生還は期しがたい。
 ついでに人間製造繭を破壊できたけど、王が変わったからどちらにしろ廃棄されていたんじゃないかな。

天使とアクト!!
 北条プロデューサーを改心させてアクトが主人公の役を勝ち取った。だが、自分がドル箱より下手にも関わらず選ばれたと聞いて明日に向かって走り出してしまうアクト。
 なりでもキャラクターと一緒に成長した可能性があるのだから、そうでなくても、そういうことにしてアクトを説得すればいいな。伴田なら可能。
 やっぱりあいつはダメだと言われる前に対応を。

トキワ来たれり!!
 ああ、絶対に勝てないイベント戦だったか。これは残念賞。再戦をお楽しみに……どうやって逃げる?

サイケまたしても
 赤ん坊を抱いてから着地するまでの動きも地味にすごいぞ、アナ。スタントマンいらずだなぁ。
 本当はおじいちゃんを抱いているのに「母」とまで言われてしまうことには違和を感じた。

MAJOR2(メジャーセカンド)
 バント練習のおかげでミチルに食らいついていける茂野。勝てないかもしれないが、このままでは終わらない雰囲気はつくった。
 せめて何とか出塁してほしいなぁ。そして、牽制球で倒れたりして……

天野めぐみはスキだらけ!
 古典的な験担ぎのダジャレで応援。カツサンド。とりあえず夜食に食べてこれ以上、栄養が胸にいかなくてよかったな。尻もか。

RYOKO
 さすがは米。万能の食材である。万能の意味が違う。
 米と衝突すれば、より大きな話の流れに巻き込まれていく展開になりそうである。まておちつけ。それは米の罠だ。

あおざくら 防衛大学校物語
 執拗な武井外しによって一年生たちの雰囲気が危険水域に近づいていく。こんな見え見えの分断工作に乗る奴は使い物にならないのではないか。武井よりも武井を憎んでいる単純な奴らが心配になった。

古見さんは、コミュ症です。
 事実上のサイレント回になってしまう古見家回。こみけという読みに意味はないはず。
 セリフがない方がボリュームたっぷりに感じられて、その感覚がおもしろかった。弟の笑介がうらやましい。

双亡亭壊すべし
 マックス……仲間が犠牲になったことは間違いなく、失われた彼らの命はもう取り戻せない。後味が悪いのは否めないなぁ。だが、戦いを続けねばならない状態である。
 セイイチたちに起こったことは本当に意味不明だ。脳内の情報を読みとられている?

だめてらすさま。
 若きリビドーに力の翼を与えてはならない。おそろしいことが起こる。
 ギャグのあつかいでも結構ハラハラした。モテへの最短ルートは遠い。

初恋ゾンビ
 なんとなく設定がわかった。それにしても冴えないビジュアルの主人公である。だが、行動の力でヒロインをドキッとさせることはできている。若いっていいね……。

BEBLUES!(ビーブルーズ)〜青になれ〜
 あらあら敵のパターンで失点してしまった。
 あいかわらず光一のゴールをねらう嗅覚は異常である。桜庭も負けるなよ。

魔王城でおやすみ感想はこちら

だがしかし感想はこちら


サンデー感想サイトリンク集

小学館コミックス感想一覧
2016年12月03日
斉木楠雄のΨ難
 猫を漫画に変換して読むとおもしろいかもしれない。生々しすぎるかもしれない。
 あの猫は漫画世界だから「画風がちがう」で認識されていたが、リアルだったらどんな風に見えるんだろうな。

磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜
 天草四郎には勝てない。しゃーなし。
 私は北斎のサインがほしいです。
 アレキサンダーのミーハーオチには和まされた。道場の経営って厳しいどころか、盛んになっていくイメージがある。でも、個々の動向は別かなぁ。

火ノ丸相撲
 バチバチ(週刊少年チャンピオン)のバカーみたいに殺気だったモンゴル人力士が出てきた。元マンホールチルドレンだったりするのか?
 火ノ丸の精神面での大黒柱ぶりが主将の役割を食っている気がする……。

ハイキュー!!
 ハードルと違ってつまづいても倒れてくれないものを高速で飛び越えるとは――危ないよ。真似しないように。

背筋をピン!と〜鹿高ダンス部へようこそ
 勝てない相手がいると意識する時点で上を目指す志向が最初からあったとも考えられるわけ。
 マウントラッシュモアが三人は寂しい。でも、トランプが加わるのはもっと寂しい。

ゆらぎ荘の幽奈さん
 なんというおっぱい回。そんなにおっぱいが好きならおっぱいと結婚しなさいよ、雲雀が。
 でも、雲雀に最大限の警戒をさせた宮崎の表情がいちばん記憶に残った。

こちら葛飾区亀有公園前派出所
 ネウロまで出現しおった。なかなか秋本先生を持ち上げるのが上手なことで……。


ジャンプ感想サイトリンク集

集英社コミックス感想一覧
 マガジンは53号でサンデーは1号。どこで差がついたのか?基準、カウント方法の違い……。
 
ACMA:GAME
 ガイドの選んだすべての出題品が部屋の中にある。ものすごく大きなヒントを潜夜の貢献でゲットできた。
 頼りになる相談相手といいながら、ユッキーも伊達も10%以下と否定的な回答を出している点は笑うところ?

生徒会役員共
 ナデナデシテー。スズは自分より小さくてかわいいものに憧れる?つまり子供がほしいというアピールだね。伝わった。
 タカトシの天然ジゴロぶりにはまったく敵わない。男女でかわいいの感覚が違うって奴だなぁ。

ベイビーステップ
 勝った。奥さんの応援は負けフラグ。ブレイクしたままの勢いで決めてしまえ。
 そして、栄ちゃんたちもゴールイン。負けフラグを立てまくることになればいい。

神さまの言うとおり弐
 担当編集者が最低すぎる。台無しにする気かよ。立ち上がった明石には、まだ覚えている相手がいるのかな?
 それが天谷で、彼に殴られたことだけは覚えていて、怒りで殴り返したりして。

炎炎ノ消防隊
 酸っぱい女スパイであった。強度の確認方法に初代ゲームボーイを床に叩きつけたという当時の任天堂社長を思い出さざるをえなかった。
 ゲームボーイは自動車や船とは違うと思うけど……。

ダイヤのA
 紅白戦が終了。やっぱり二軍に一年が勝つことはできなかった。一年チームの五番が見事に同情を集めてくれておいしい。ヒットにならなくても内容まで見てくれているよ、たぶん。

星野、目をつぶって。
 大事なときにいない松方。彼女もまた大事なときを迎えているわけだが、もったいない感じはする。
 扉絵で弓削が絵画のモデルになるみたいに感じた。再会するときは裸婦画の中だったらショックだな。小早川の性癖がねじまがりそう。

Dr.プリズナー
 そんなこととは思ったが、胃と心臓の位置関係はこれでいいの、神様?
 通常は冷たい物を大量に食べることは考えにくいのかなぁ。アフリカ出身の生物だし。

江戸忍稼業もののて
 折れてはいけないへし斬りが折れてしまった。まさか皆焼はずっと同じ場所で刀を受けていた?
 長雄はたいへんなことをやってしまった感じだ。普通に戦場で破損するなら申し訳が立つにしても、私闘では……。

川柳少女
 編集の オチ川柳も 見事なり。

男三女四
 最終回間近のはずが出張版!?なにが起こっているのやら。いつもの移籍かな。週刊連載であの下ネタを連発するのは大変そうだが……。
 どころで館長もメスのおっさんなの?


講談社コミックス感想一覧
2016年12月02日
 △環境は人を変える。
 ◎権力は人を変える。

 顧問の教育方針によって中学校野球部の突如キャプテンに抜擢された霧隠主将(カズマサ)の成長と劣化をえがく野球漫画。一人称まで僕から俺に変わってしまって……クーデター的に正捕手のレギュラーも奪ってしまう。
 ピッチャーにコンバートされた那巳川くんが、新しいポジションでやる気になっていてチョロい。一年生捕手もファースト送りにしたし、カズマサは替えの利かない存在となることで権力掌握を進めている。
 ただでさえ守備練習ができていないから、彼にアクシデントがあった場合の混乱は必至なのだけど、そこまで含めて独裁者らしい手口であった。

 カズマサの幼馴染で、野球部マネージャーのユッキーがコテコテの幼馴染キャラクターをやっており、野球の奇策ぶりとは対照的だった。屋根を伝って部屋に乗り込んでくる無防備さがうらやましい。
 しかし、パンツの絵があまりにも……ギャグ漫画家による指摘が必要だな。

 カズマサお気に入りのゲームボーイがおそらくモノクロの初代の奴で時代を感じさせた。けっこう最近の作品である意識があったのだけど、そうでもないんだなぁ。

おれはキャプテン(1) (週刊少年マガジンコミックス)
おれはキャプテン(1) (週刊少年マガジンコミックス)
2016年12月01日
あつまれ!ふしぎ研究部
 大祐の様子が順調におかしくなってきた。催眠術の掛かりすぎなんだ。大脳が壊れている。名探偵コナンの毛利のおっちゃん麻酔銃食らいすぎ問題と同じだね。
 千晶の態度がいちいち興奮させてくれる。上級者向けヒロインが初級者向けにうまく翻訳されている。

鮫島、最後の十五日
 コゴリラ。なんかゼラチン質を大量に含んでいそうなゴリラだな。それはニコゴリラ。
 空流部屋ではいい方向の再生産がおこなわれているみたいで素晴らしい。

放課後ウィザード倶楽部
 醜態をさらしたはずのルカがしっかりヒロインポジションに収まっている。でも、ナユタは彼女をちゃっかり裏切っていたのであった。
 意外に早く1話のところまで来た。サンチョたちを心配していたのは一般論的な心配だった。拍子抜けしたよ。
 世界を救うためにガンバリマッショイ。十六夜翁が死にかけているが。

囚人リク
 回想の中に看守の顔も二つあった。薬にやられても人の心を失わなかった看守も原田以外にいたようだ。
 あんなにたくさんの顔の見開きは瀬口忍先生にしかできない気がする(……板垣先生はできそうだ)。当然のように全員男である。

少年ラケット
 イチローをかつて野球部に誘った友達の内田が卓球部見学に来てくれた。取り柄がないと思われたイチローにも取り柄があり、卓球部が熱気に包まれていることに感化されるウッチー。サブキャラでも素敵な心の動きをみせてくれる作品である。

吸血鬼すぐ死ぬ
 ジョンの正妻はドラルク。愛人に甘んじるしかないロナルドに同情したりしなかったり、気持ち悪かったり……いや、性的少数者も尊重しなければいけないな。この世界では明らかに多数者だったりするけど。
 それにしてもロナルドの事務所に生息する知的生命体の数が多い!

ハリガネサービス
 三河の決意が一発で吹き飛んだ。さらに三連打。投機性はアップしたが、下平のサーブが危険なことは変わっていないな。さすがは主人公。

AIの遺電子
 ロボットからヒューマノイドになったアラン。そんなルートが用意されていたとは驚きである。逆にヒューマノイドのコピー人格が違法にロボット改造されている事態が容易に想像できた。
 さらに人間からヒューマノイドへの遷移もできそうなので、それぞれの境界が存外怪しい。新しく人間になるのは難しそうだけど。

マル勇九ノ島さん
 なじみの面々が集合した。本間課長の登場がうれしかった。ひとり怪しい奴もいるな……つーか、魔王は部下ごと?

刃牙道
 刀を知らない人間にも刀が見えるのかな?それともその人の文化圏の武器が見えるのかな?そんな妄想をしてみた。
 YAIBAの最終章にでてきた飛ぶ斬撃を思い出すなぁ。

BEASTERS
 ルイの酷使され続けた左足がついに屈服し、疲労骨折を起こしてしまった。ちゃんと治してくれよな……。
 代わりにアドラーをやることになったのはトラのビル。そして、ビルの代わりにレゴシが舞台に立つことになってしまった。
 最後に出てきた草食のエルスさんから肉食の犠牲者になりそうなオーラが……。

ミドリノユーグレ
 豪屋がミドリムシ人間になった経緯が明らかに。備後のジジイもずいぶん長いこと豪屋の支配下に置かれてやってきたんだな。世界中から恨まれたわけで、本人に野心があって酷い人体実験を繰り返したにしても、ちょっとは哀れ?

毎度! 浦安鉄筋家族
 自分は覚えていない人物が自分の過去をよく知っていて、相手も自分のことを知っていて当然の態度で話しかけてくる。なかなかの恐怖だと思うが、大鉄に共感はしたくないなぁ。

実は私は
 思わぬ展開で吸血鬼であることをバラしてしまったスナァ。人命第一。人間じゃなくなっているけど。
 白雪の過去はずいぶんと壮絶だった。今の時代の先進国なら、あそこまで酷いことにはならないと言いたいが、世界中どこでもとは言えない点がつらい。

Gメン
 据え膳食わぬはGメンの誇り。きっと伊達は喜んでくれるぞ、よかったな。
 攻略法は正しいタイプの相手に使わないと効果がないよ……タイプを勘違いされるのも仕方のない面はある。

ドカベン ドリームトーナメント編
 12時間寝て稼働時間は何分なんだろう?DHにしてベンチで寝かせておけば無限に活動できる気がしたが、別にそんなことはないだろうな。

猫神じゃらし!
 こまりの成績がいちばんよかった。まぁ、寝すぎの雪は悪くて当然かも。いちおうまじめに勉強していたさやが哀れである。イカ娘の栄子を思い出す残念さだ。

六道の悪女たち
 後ろに迫っている乱奈が明らかにホラーの登場人物であった。スクーターが乱奈に奪われて、さらに破壊される展開かな?
 開始された狂気の鬼ごっこは六道がおとなしくしがみついているだけじゃなく攻撃を開始したらどうなる?振り落とされて死亡かな……。

PSYCHO LORD
 エキセントリックな登場人物しかいない。野菜ジュースのステマとして「ぽっぴっぽー」以来の威力を感ずる。
 幼きマックスのエピソードがよかった。

ミラクれ!微超能力部
 ボニータからの出張掲載。そして何故か少年チャンピオンコミックスで出る?作品。あいかわらずの女性向けにブラックなノリであった。個人的にそう感じる。
 やっぱり由利を女の子と勘違いする読者が多数なんだろうな。

ベルリンは鐘ヤッホー!
 炎上をエンジョーイって奴だな。あのまま家に入ってきたら延焼に注意。

木曜日のフルット
 微笑ましいにゃあ……ふふふ。でも昼には危ないから遊んじゃいけないと子供が言われていて風刺が完成する二段オチをアオりのせいで想像した。


チャンピオン感想サイトリンク集

秋田書店コミックス感想一覧
今月のイチ押し
スケッチブック 12 (BLADE COMICS)
走りっぱなしの日常に癒やしを


11月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介