2016年06月28日
 恥ずかしくて一気に読めなかった……数冊を連続して読んでいた昔の自分を尊敬した。
 なんなんだろーね、これ。初めて読むなら、ここまで感じないのか、まったく変わらないのか確かめないが術がない。いや、記憶喪失になればいける。ルーアンさん、やってください。

 最悪のトラブルメーカー慶幸日天汝昴が2巻にして初登場。
 頭の悪い言動とナイスバディで、14歳の七梨太助を翻弄する。それ以上に、物に魂を与える能力が危険で、学校の校舎そのものを動かしてしまったりする……地球に掛けたらどうなるの?
 名前的には太陽より小さいものならOKであろう。

 でも、シャオは北斗七星を使えるからなぁ。恒星一個に対して、北斗七星だけでも恒星七個(細かいことをいえば二重星もある)!
 よく互角にやってきたものである。自分の妄想が強さの基準として正しければ。

 初詣のイベントで足をくじいたシャオを太助がおんぶして家まで帰るシーンは、振り袖が太助の体を覆っている様子がたまらない。
 それ以上に、家まで帰ったのに幸せを反芻したくて、ルーアンのおつかいを理由に神社に戻ってみせる太助の体力がたまらない。学校で命を吹き込まれた扉や貯水塔と戦ったシーンをみても地味に体力お化けの主人公である。
 ルーアンが狙いどおりに誘惑に成功したら悲鳴をあげることになったりして……改めて読んで誘惑が直接的なことに驚いた。

まもって守護月天!1巻感想

まもって守護月天!(2)
まもって守護月天!(2)
今にして思えば離珠の熱狂的な人気はガンガンならではだったかも。
2016年06月27日
ビッグオーダー
 兄妹愛あふれる作品だな。でも、身を挺して盾になったのは鈴である。告白直後にSMとは刺激的なカップルだぜ。
 自分に全弾ブチ込むのも痛そうだった。

プランダラ
 未来から来た人間が混じっているんだ。途中から読んだので分からないことが多い。
 とりあえずハーバー・ボッシュ法が実用化されていない世界であることは理解した。あれが発明されたせいで戦争に終わりがなくなったんだよな。
 そして、ハーバー・ボッシュ法がないから化学肥料も発達せず、どの国も飢饉への恐怖におびえていると。

レッドドラゴン
 趙高さえ美化される世界。まぁ、宦官だし出世に役立つことを考えれば、もっと美形でもいいかも。目が気持ち悪いので結局美人には見えないしなぁ。
 リシの作中での扱いが哀れすぎた。

高機動無職ニーテンベルグ
 アルバイトがトップなんて凄い組織だ。裁量権があんなにある時点でブラック度が足りないと思ってしまう。もっと名ばかり管理職の悲哀を感じさせろよ。
 ワーカーホリックへのツッコミには笑った。

彼岸花保育所は怪奇スポットなのか!?
 よかったな口裂け女……あの謎の生き物もなかなか存在感があった。筋肉まで繋がっていないなら、裂けた口は弱点にもなりえるのだ。

はじめてのギャル
 コテコテのシチュエーションだ。タイトルに童貞が入っていたら、まったくチャンスはないが、このタイトルなら行けるところまで行ける可能性もあるな。
 しかし、性行為を理由に退学になる可能性も。

ケロロ軍曹
 コピー次元にいるはずなのに現れた謎の女性。玉探しのライバルっぽいな。そして、地上絵が立体化。不思議なことも起こるもんだ――地上絵のフォルムが緩いのでいまいち緊迫感をもてない。

武装少女マキャヴェリズム感想はこちら
 この記事にウーチョカちゃんを思い出した。

カドカワ系コミックス感想記事一覧
2016年06月26日
 アニメ化決定!ヤッホーだね。剣術の動きがアニメーションになると、偉い人からうるさいことを言われるんじゃないかと不安に思うが、むしろ監修に取り込んでしまうかもしれない。
 警視流なんて積極的に協力して警察のイメージアップに……つながるには、さとりの格好に問題があった。黒神先生の言及している通り、細部までこだわり抜いた湯気をみせてくれるのかなぁ。
 それにしても登場人物紹介で主人公の枠がマスコと同じサイズなのは酷い。女尊男卑社会にもほどがある。

 さて、ラスボス戦。
 主人公は淑女たちの前で、またしても脱ぐ。ウーチョカちゃんだけ反応してしまっていて、彼女の無垢っぷりが印象に残る。ノムラの回想にさとりがいない気がしたけど、右上のわかりにくいところにいた。
 ノムラがトップレスになったのはアモウに攻撃を躊躇わせるための月夜たんのアドバイス。自分は目が見えないのに、よくそんなところに頭が回るなぁ。
 えらいえろい。

 躊躇ってしまう斬々は土壇場で限界を提示してしまった。蕨に対してもまぶたを切っただけだったりギリギリで手加減しているし、本当はやさしい女の子なんです(それはない)。
 つっこんだノムラが抱きついただけなのはオートカウンターを発動させないため。気持ちも殺気がこもらず(着痩せおっぱいでけー)くらいの頭で行ったのかなぁ。それで死んだら最高にアホだ。
 それとも、「抱きしめたいな!アモウ!!」かな?
 回想で後ろに回り込んでちゅっちゅしたノムラが自動反撃を浴びなかったのは伏線であった。

 そして身体ごと吹き飛ばす魔弾にはオートカウンターは発動しようがなく――胸の中心に打ち込んだのに露出度があがっていないなんて!おのれおのれ。
 最後は胸骨が折れてタケミカヅチが解除されたアモウとのドつきあいがスタート。「女性じゃぞ、顔は止めてくれ!」って泣いたヒロインがいたのに、思いっきり男女平等顔面パンチを炸裂させる主人公である。
 でも、骨の折れた胸への追撃も内蔵にダメージを与えそうだし、顔以外のどこを殴ればいいんだ。

 最後にアニメ化を受けた引き延ばしで、しなこいキャラが本格参戦する雰囲気。ブラコン異母妹がハーレムに乗り換えるのは絶対に許されないので、そこは節度を守ってくれよ。
 雨でも壊れないスマホをもった忍者は「共生学園の蟲毒」と言っているから同類の学園から蟲毒を持ち寄って全国編になる可能性もある?

武装少女マキャヴェリズム 第27話感想
武装少女マキャヴェリズムの戦績と強さ検討
武装少女マキャヴェリズム1巻感想
武装少女マキャヴェリズム2巻感想
武装少女マキャヴェリズム3巻感想
武装少女マキャヴェリズム4巻感想
武装少女マキャヴェリズム1〜4巻を読み返した
 州ごと封鎖されたはずがまったく効果がなく、隣の州にまでゲリラ戦に出張してくる昴皇子たちなのであった。
 こうなるとかえって州の管轄違いが防壁になって活動しやすくなる勢いである。県境を越える犯罪者と変わらない。
 もっと上位の権力が討伐に出てくるまでは好き勝手に暴れることができそうだ。だから、単純に暴れるだけではなく、布石を着々と打っておく必要がある。

 解放軍は兵制を特別のものにしていて、トップの大将軍がトルキエ将国をモデルに大秦の改革を考えていることが判明した。
 ちょっと言葉で説明しすぎかな。
 植民地に特別なシステムをもうけて実験場にするのは、目端の利く大きな政府主義の官僚がよくやる手口だ。
 まったく独特のものになってしまうと、この時代では独立につながる可能性もあるのだが、そのあたりも賄賂で丸め込んだのかなぁ。

 実験場にされる日薙の住民にとっては迷惑きわまりない。
 なかなか癖のありそうな大将軍との対決が楽しみではある。大秦が腐敗しているのは手強いライバルがいなくて危機感が足りないせいもあるかもしれない。
 手強いライバルがいても腐敗する国は腐敗するか……。

嶌国のスバル 第五回「降人、抗う刻を待ち。異人、商う機を逸す」感想
将国のアルタイル記事の目次
2016年06月25日
夜桜四重奏
 椎名が妖怪に変えられてしまった?やぶ蛇にもほどがある展開。とんで火に入る元老院である。
 円陣には研究者としての生を送ってほしかったね。彼の運命を狂わせた責任者は誰なのか。

進撃の巨人 Before the fall
 この上司わかっていて弄んでいない?シャルルはキュクロのためになることを最優先して行動すればいいよ。兄に利用されるなら、自分も兄を利用するんだ。

まがつき
 おりひめ本来の姿の確保おめでとう。あの雑草については身から出た錆的な感想もいだいてしまうのだが。
 元の姿もかなりエロいなぁ。神に羞恥心はないにしても。

お客様は神様です。
 天下分け目の大戦。通常の組織ではとても対応できない……オリンピックの年は対応しなくて良くなるよ、よかったね!
 多言語対応まで必要になるんだよなぁ。
 しゅららの本気に期待である。酸素の問題とか、高い場所からファンで強制循環させるとか出来ないのかなぁ。

おおきなのっぽの、
 サイズの合うスク水があるんだ……特注かもしれないな。作った職人さんが勘違いしませんように。
 プールでずっと見ているのはいかん。先生のアドバイスにしたがってチラ見しなされ。でも、コーチはいい関わり方だぞ。

はたらく細胞
 ある時はなんちゃらかんちゃら……マクロファージ百面相。ブドウ球菌が可哀想になってくるが暴れた場合の人体への被害を考えると、そんなことも言っていられない。
 細胞たちの寿命は無視しても、宿主の死はいずれ訪れるわけで、そこまで描くのかなぁ。

転生したらスライムだった件
 オークなんかにやられるなんてオーガ屈辱!……内心では見下していたことが分かって、あまり同情できなかったぞ。
 戦闘力の差を戦術で埋めたのならリムルのライバルにふさわしい存在だな。
 あと、姫がかわいい。ちゃっかりリムルの隣をキープしているね。

DNAは教えてくれない
 3位と4位にもポイントが入るところが今風?1位と2位のポイントを差し引いても成り立つような……いや、順位がクロスした場合はそうでもないかなぁ。
 最後に出てきたクラスの生徒はハイエナ?見事に学級崩壊しているね。

アヴァルト
 泉につかれば服まで回復。そうじゃないと困るシステムは分かるけれど、残念でもある。
 ナノマシンは万能だなぁ。あと、アオリの「全裸の神」が「全知の神」に見えたが、ふつうは逆の身間違えをするものだ。

シリウス父さん
 焼殺なんてしていたら余計に暑くなるだけなのに……せっかくの太陽が出ている日に何をやっているんだ、シリウス父さん。そして、自分も星じゃないのか!?

オーディンスフィア
 外患のあとに内憂あり。メルヴィルが暴走して王になろうとしている。いくらなんでも重臣の暗殺はやりすぎである。自分たちの力を削ってしまって、魔剣の力だけで勝てるつもりならおめでたい。
 メルセデスのスタートは将軍に比べるとおそい気がするのだが、冒険を通して一気に成長することを期待したい。

4コマBattle!!
 二本目は結果オーライの明るいオチで良かった。

嶌国のスバル感想はこちら


講談社コミックス感想一覧
トリコ
 バトルロイヤルだ!いや、八王の同窓会か?
 GODの中の惑星に飛び込んでしまえば無限に連載を続けることができる。実はこの世界もGODの鱗の中なのではないか。ぐるぐる。

斉木楠雄のΨ難
 エースが速球やフォームをなかったことにしたら、一騒動あるのでは?楠雄にはまったくフォローする必要のないことだが。
 佐藤の存在感が完全に消えていて良い。確実にアウトに貢献していたに違いない。

磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜
 緋一が武士と認められて嬉しい。あんな腐れ師匠からは一刻も早く引き離すべきと考えられても当然だ。すがすがしいほど弁護できない。
 あっちの師匠は勝ったら大名になるのに隠居とか何を言っているの?いきなり大名の方もなった直後に隠居してしまうつもり?

火ノ丸相撲
 ここで落とすと監督に託すしかなくなっちゃうじゃん。こりゃ國崎が勝つな。監督はもうちょっと温存しておくはず。
 治療風景が謎で興味深い。

ハイキュー!!
 球拾いが実はもっとも必要な練習であったのだ。実戦に戻ったとき日向は成長を実感する。ありがとうじっちゃん!という展開を希望しない。
 でもダッシュ力は鍛えられそうだ。

背筋をピン!と〜鹿高ダンス部へようこそ
 リオの回想。ひとりだけ褒められていないつらさ……サラの後に「以下同文」してもらえば良かったのに。
 部長の進化には驚くしかない。次はどんな姿に変化するんだ?最終的には醜いアヒルの子?

ゆらぎ荘の幽奈さん
 永遠の13歳だから合法。まったくもって合法。中学校に通っていても合法。それを強調するための回だった。そう理解した。
 さあ、読者サービスを待っているぜ。コガラシが帰ってきたときのセリフが完全に若妻。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)
 この密度で週刊連載は……ネームが多すぎて笑えてくる。
 ずさんな運営をみていると胸が痛んでくるので、ちゃちゃっと改善して責任者には責任をとらせてほしい。アホ国王おまえのことだ!


ジャンプ感想サイトリンク集

集英社コミックス感想一覧
2016年06月24日
 連載が長期化するに伴って警察がツーカーで、頼りになる仲間になっていく。
 まるで王道ミステリー漫画みたいだ!

 まぁ、笹塚刑事は最初から頼りになる有能な人物だったけどな。釣りで海産資源を枯渇させなイカ心配になってしまった。これまでの彼は釣ったらリリースしていたかもしれない。やはり諸悪の根元は弥子。
 ちょっとは自分で釣ろうとしなよ。
 自ら餌になっての犯罪者釣りが、ほのぼのに感じてしまうほどメインの敵は異常だった。

 最後の五本指、葛西は長生きする夢を叶えるために動き出す。すったもんだの挙げ句、ネウロとの戦い方が最初に戻っている?
 一周してDRやテラを再評価したくなってきた。他の二人もそれぞれ見せ場を作っているしキャラクターの処理が上手だなぁ。ナンバーツーSが51歳だったことには流石に驚いた、永遠の17歳かと。

 笹塚の家族を殺したのはシックスだった疑いが強まり、その推理を聞かされた低血圧刑事の暴走がはじまる。
 ネウロが人間を理解していないのは仕方がないけど、弥子が読めなかったのは確かにガッカリだ。そして、吾代が笹塚の気持ちを読んだことに大喜びの人もたくさんいただろうへぇ。
 単独でシックスに挑むのは無謀すぎるが、ネウロと一緒では仇を自力でとる機会を逃すかもしれない。逆に自分が死んでもネウロたちがやってくれる信頼もあるわけで、実に面倒くさい行動をしてくれる。

魔人探偵脳噛ネウロ19巻感想
集英社コミックス感想記事一覧

魔人探偵脳噛ネウロ 20 (ジャンプコミックス)
魔人探偵脳噛ネウロ 20 (ジャンプコミックス)
今月のイチ押し
侵略!イカ娘(22): 少年チャンピオン・コミックス
見送りたいこの笑顔


6月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介