2006年04月13日

魔法先生ネギま!132時間目とそれ以外(週刊少年マガジン19号)

魔法先生ネギま!
 超鈴音のやろうとしていることはトランクスやギガゾンビや佐藤大輔と同じだろう。すなわち歴史改変。今までのカシオペアの作動は「タイムマシンを使うこともあらかじめ決定されている」ことを示唆している。すなわちネギまの世界は私の嫌いな運命論の管制下にある――現実はカオスで初期条件のわずかな違いが最後には大きな違いをもたらす。
 超の目的は因果律を世界樹の魔力をもちいて崩壊させること、にあろう。未来によっぽど嫌なものが待ち受けているのか、科学者の素晴らしい矜持かは不明だが、超に悲壮感が滲んでいることからもかなりの大望をもってそれを成し遂げようとしていることは間違いない。
 ネギたちの視点では変わるのは過去ではなく、未来なので妨害しなければならない必然性は低いのではなかろうか(むしろネギの未来を利する伏線になる可能性が高い)といっても超が正直に話せば魔法使いたちは止めに回るだろうから変わらないか。
 ちなみに歴史改変をするには一撃で大きな力を掛けるより複数の事象を積み重ねた方が効果的。本棚を強く押しても復元力が働くが、傾けてからならちょっと押しただけでも倒れる。

スクールランブル
 わけがわからん。創作側の歪んだ国際感覚が感じられる。

ゴッドハンド輝
 四宮も変わったものだ。キャラクターの成長と変化が少しずつ違和感なく行われてきていて、今回のように一挙に提示されると新鮮さがあって良い。

あひるの空
 実際には短期間でも練習シーンがないとナマる印象がついてしまう。

さよなら絶望先生
 証拠は不足しているのが普通だからなぁ。状況証拠はある一定以上増えても意味がない気がする。物的証拠は多ければ多いほど良い。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 魔法先生ネギま!132時間目「春は出会いと別れの季節ネ」  [ 欲望のままに生きた痕 ]   2006年04月14日 00:12
締め切り(4/15)までに西崎慧太の水の都「別館」さんの企画の、「ネギま!トラば!春の甲子園」に参加したいと思っています。 ネギま!オタじゃない私ではダメでしょうか? 他
2. ねぎま!132時間目感想  [ 秋桜の咲く頃に ]   2006年04月14日 00:13
魔法先生ネギま!132時間目『春は出会いと別れの季節ネ??』感想 声優ブログにハマってRSSリーダーに大量に追加したのですが 「佐久間未帆の気ままにっき」がとっても面白いです
3. ネギま!132時間目感想リンク集  [ hakuro.info blog ]   2006年04月14日 00:15
ネギま!132時間目「春は出会いと別れの季節ネ??」 の感想リンク集です。 ...
4. 132時間目の感想  [ Verba volant, Scripta manent. ]   2006年04月17日 18:18
久方の光のどけき春の日に……ども、りんかいるです たまにはゆっくり落ち着いて感想を書いてみたいと思います。 まずはマガジントピックスから 「トッキュー」……当分、イカの塀

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
Recent Comments
スポンサードリンク

profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介