2007年02月10日

星界の紋章 小野敏洋・森岡浩之

 最高級スペースオペラの漫画版。起源をたどるとスペースオペラには安物・粗製濫造に近い意味合いが含まれていたりするが――って小説版の感想でも同じこと言ってやがる、私。
 私は思いっきり小説から入った読者でセックスの神様から入った読者ではないので、原作視点が強い。それでも小野先生の絵柄はこの世界に良くマッチしているように感じた。フェブダーシュ男爵家臣の服装とかね。ベッドに転がるラフィールも無性に艶かしい。
 奇しくもアーヴに神がいるとすればセックスの神様くらいだろうな。信心の欠片もない連中だけど、遺伝子だけには特別な思い入れがあるから。利己的な遺伝子にして神様。そんな宗教観をもつ連中に与えられるパックスアーヴァナの味はいかがなものやら。

 漫画の内容は圧縮率が半端じゃない。3巻の小説を1巻にまとめているのだから凄いことになっている。わりと自然に話をなぞっている皇国の守護者が小説の1巻を漫画の3巻にしていることを考えると9倍の圧縮ぶりだ。それでも本筋を外すことはないし、星界についての導入にふさわしい内容になっているのは構成の巧みさだろう。原作を知っている私がキャラクターを立てて読んでいる点を差し引いても見事なものだ。
 犠牲になっているのは何気ないけど世界を伝えるには重要なやりとりの部分が多く、このシーンが楽しかったのにと思う反面、会話だけで動きがないから飛ばして正解だったかもと感じる。カイト憲兵大尉の超絶暴走劇はそのままにしてほしかったけどな。原作と漫画の出番比率でいちばん優遇されていたのはきっとスポール!……なんか描写に愛がこもってた。艦長席の装飾が目の当たりにできたのも感動だ。
 そうかといって他のキャラが不遇なわけでもなく、はじめて「アーヴの微笑」をみせたのがレーリア副長だったり、視覚化されているからこそ小説とは異なる角度で拾えるものがあった。

小説版:星界の紋章感想

星界の紋章
星界の紋章
Edit こいん │Comments(2)TrackBack(0)漫画 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 天野恵斗   2007年02月10日 20:32
こんばんは、コインさん。
そうですか、いつの間にかマンガに……。
アニメもそうでしたけど、この作品他のメディアに展開するの大変なんですよ、実は。
どこを残してどこを切るか、制作側の姿勢が問われるんです。
アニメは前半まったり進行だったおかげで、後半は巻き巻きでした。
でも、作品としては良い部類にはいると思います。何しろ声が素晴らしい。
CDドラマもありますから、一度視聴してみては?
今は早く続刊が出る事を待ち望んでいます。
2. Posted by こいん   2007年02月10日 22:41
 こんばんは。
 この作品が漫画になったのはずいぶん前です。アニメの方は視聴していないのですが、作画を見てよい印象はもってます。
 ゲーム化もしているし、早川書房の作品にしては奇跡的ですねえ。

 小説の挿絵すら納得いかない人がいるみたいですし、本当に難しい作品なのでしょうね。
 だからこそ楽しみがいがあるともいえます。
 今の状況で宙ぶらりんなのは苦しいですから私も続刊がでることを期待してます。局面としてもっとも難しい部分なのでしょうけど。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
中世実在職業解説本 十三世紀のハローワーク
萌え絵で学ぶ中世の実在職業(書籍)


2017年2月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介