2007年07月19日

週刊少年サンデー33号

あいこら
 ステキパーツが共通語彙の辞書に載っている……現実だったら変態同士でもその定義から確認しなければ「ステキパーツ」を使って会話を成り立たせる事はできまい。これも一種の世界観か。
 先生の破局はまだあの程度で済んでよかった。下手をすると殺人事件にまで発展しかねない暗さが彼らの趣味にはあることを再確認してしまった。フェチは別腹と主張し続けられたら、どんなにいい事か。趣味の対象とされる彼女たちも人間なのだ。

絶対可憐チルドレン
 B.A.B.E.L.のエスパーまで命を奪われてしまうとは重い展開だ。女性エスパーの死をちょくせつ描写しないのは何らかの配慮?逆に差別っぽいと感じてしまう私は椎名先生と世代が違うのかもしれない。
 念動能力だけで弾丸を致死的に加速できるのなら狙撃銃の意味がなくないか?むしろあんな大きなものを持って行動するデメリットの方が多いと思うが……形から入らないと能力を100%発揮できないタイプなのかな。

金色のガッシュ
 ティオがヒロインしていた。パピプリオのフォローが今週まで持続しなかったのは悲しいが最後の十人になっても彼の存在価値はそんなものか。
 フォルゴレのセリフを聞いて、別にキャンチョメがやられた後でもゴームやクリアの本を燃やすチャンスは皆無ではなかったことに気付いた。むしろ人数の残っている内に本を囮にした相打ち攻撃を仕掛けてしまった方がいいのではないか。
 今週の流れをみればティオ辺りならできそうだ――彼女がやられるとバランスが悪化するけど。

史上最強の弟子ケンイチ
 鎖帷子は斬撃を防ぐのがやっとで、衝撃の伝達にはほとんど防御力がないだろう。じゃなければ、騎士の時代にメイスが流行る道理もない。やっぱり師匠特性だから特殊な防御力があると考えるしかないのかな。
 ただ単にケンイチの心理的に鎖帷子が支えになった可能性や、帷子に興奮剤が塗りこまれていてダメージを感じさせなくしている可能性もある。
 主人公級同士のはずなのに、不思議なほど心が浮き立たなくて困惑している。いろいろ微妙な戦いだ。

結界師
 ここまでするなら時子が一人で囲った方が楽だったのでは?どうしてもそう思ってしまう。良守の力に任せた協調性0の能力発揮はいかにも彼らしいけどね……あんたら誰と戦ってるの。あ、これも本家争いか。

GOLDEN★AGE
 甲斐の活躍で瞬く間に3:1だが、ここは正攻法でナリアちゃんが甲斐を抑えてくれるらしい。ドリブル突破を阻止しても甲斐には他にも技がありそうなんだけどな――手札を全てオープンされる前に東神のパスラインを機能不全にして、組織的に封じ込められなければ最終的な勝利はないと思う。
 あとは、近江が攻撃に参加できるか否か。
 久しぶりに小波が可愛かった――。

お茶にごす。
 山田も直情径行な奴だ。せめて自分のコインを使わせて賭けに乗れ。悪魔まークンがこの状況をどうやって打開するのか、非常に興味深い。彼の性格では裏をかくなんてできそうもないし、敵がビビってミスを犯すのでなければ天然ボケで突破かなぁ。
 純粋な頑丈さで殴ってきた腕を痛めつけて勝利しても面白い。

クロスゲーム
 序盤とはいえ大味な試合展開だ。計算をする方は楽だけど、お互いのエースしか機能していないこの試合はチームではなく個人の戦いに終始してしまいそう。
 最後の回想をみるとだからこそ逆にチームプレイが勝敗を分ける見せ方もできそうだが……?

魔王
 アンドゥトロワー!
 酒屋がコンビニに転身して、それでもけっきょく苦労が耐えないという話をよく聞く。どうすればいいのやら……もやしもんの酒屋みたいにできればな。
 神ではなく魔王だったら、と恐れて何もしないわけにもいかない。暴走を止める手立ては必要だけど、走らない事で解決した気になるのも恐ろしい。つまり犬養を適度に利用して地域が復興したところで暗殺できれば最良かもな――とヒトラーに照らし合わせて暴論をぶちあげてみる。

MAJOR
 やっぱり三振とホームランの選択肢しかない戦いになってしまった。バットがインパクトした瞬間の止め絵で迫力を出せるのは凄い。

ダレン・シャン
 カーダにも彼なりの正義がある様子。というか正義もなしに同胞を殺せるバンパイアはいないだろうな。多少奇妙な論理で動いていてもバンパイアである事から逃れられるようには見えない。
 もし、そんな人物がいるとしたらダレンくらいか。
 川に流されてもダレンが死ぬ心配が一倍できないのは原作があるせい。ここはバンパイアマウンテンそのものの運命を心配しておく。

DIVE!!
 少年が天使になったりならなかったり、コーチがミサトだったり違ったりするのか。スカウトらしき人影の動きは伏線だろうけど、いまいち陳腐に感じた。
 裸って見飽きるものなんだな。

イフリート〜断罪の炎人〜
 咎人が返り討ちにされる展開が熱い。おやっさんの反応から本当に勝ったと錯覚して一転殺されていたから福田の戦闘力への期待が高まった。単なる狙撃なら殺されているはずなんだが。

メテオド
 ラストでみせた十威の余裕の態度が好きだ。今波が小物化するのは勘弁なので上手く相乗的にキャラクターの魅力を引き出してほしいところ。グッさんが適当な罠にかかって死にませんように。

ミスマッチ
 みつどもえ風の下手萌えの絵柄に魅かれて読んだ。そこそこ笑えたが、このネタは赤坂早紀が思いっきり通った道だから複雑な気分にもさせられた――外見は正々堂々後ろから斬りかかる人に見える。
 独自性をだすのは取り巻きの役目なのだろうが、ポニテル子意外は雑兵クラスの印象しか残っていないし。
 角がレントゲンに写る疑惑などセンスを感じたので、いろいろな路線とネタを試してほしいな。

ハヤテのごとく!136話の感想はこちら


サンデー感想サイトリンク集

小学館コミックス感想一覧

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【大教典】週刊少年サンデー33号(07/19)  [ ラブ教総本山 ]   2007年07月19日 13:00
ネタバレ必死、週刊少年サンデーです。
2. 今週のサンデーの感想  [ タカヒナの乱雑日記 ]   2007年07月19日 22:09
2007年33号サンデーの感想。 イフリート〜断罪の炎人〜 咎人会の手練れですら、返り討ちにしてしまう今回のターゲット。 ユウとニナミがいるから、その辺りは土にカナルのだろうけど。 真島の動きが入ってくるから、ど々
3. 週刊少年サンデー33号感想  [ 漫画とハヤテとアニメと私。 ]   2007年07月20日 00:15
というわけで今週のサンデーの感想です。 ではいつも通り追記からどうぞ〜。
4. 週刊少年サンデー33号を読んだ  [ マンガ好きの戯れ言 ]   2007年07月20日 01:27
= クロスゲーム = いよいよ優勝候補の竜旺学院高校との試合が始まった。 光&東、すげー。 まあ、これで終わるような竜旺ではあるまい? = 金色のガッシュ!! = フォルゴレが清麿の元に訪れ、キャンチョメが消えたことを報告。 反則なまでに強かったキャンチョ...
5. サンデー33号 シラヌイ来たーー!  [ ビヨビヨ日記帳 ]   2007年07月20日 04:30
サンデーを読みました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)極悪にゃんこが恐過ぎました(ガクブル)7/18その3  続き■ ハヤテのごと...
6. サンデー(33号)私的雑感。  [ 好事家の世迷言。 ]   2007年07月20日 09:15
全身全霊全力でで戦いあうからこそ、仲間の絆は強くなる。 今週の『DIVE!!』で、改めて実感。 ---------------------------------------------------------------------- ★覚えた台詞、三番勝負。 1.「私は、みなの思いを叶えねばならん。不安などにかまってはおれぬ。 ...

この記事へのコメント

1. Posted by kyouso   2007年07月19日 13:18
パブロンを上手に飲めず口が苦いkyousoです!

■結界師
>あんたら誰と戦ってるの。
>あ、これも本家争いか。

最近ではしっかり茶番に見えてきた本家争い、、、良守は時音が好きだし!おじいちゃんと時子も実は的感じだし(汗)おじいちゃんたちは時代背景もあって結ばれなかったのだろうが、現在の二人は、、、何気に唯一の時音の活躍場所はこのラブコメしか無い気がします!

■お茶にごす。
>純粋な頑丈さで殴ってきた腕を痛めつけて勝利しても面白い

まさに、『道四郎でござる』的な展開ですね(笑)でも、私もそう言う展開を希望!ていうか、理不尽さをココで振りかざして欲しい!肉体的でも精神的でもOK♪
2. Posted by こいん   2007年07月19日 18:19
 爺守と時子の関係は微妙ですが、あまりラブラブな気配を漂わされすぎるのも興醒めです。
 かといってあまりにつれないのも寂しい…難しいところですね。
 それに比べると時音たちは単純です。

 雅哉なら顔だけで相手にダメージを与えられそうですからねえ。次の展開が楽しみです。
3. Posted by nama_k1   2007年07月20日 01:34
こんばんは
トラックバックさせていただきました。

・あいこら
先駆者(?)からの体験談は効きましたね。
このまま一気に最終回に持っていけるほどのシリアス展開ですが、どう持っていくのか気になります。
先日、「あいこら」のコミックスのTVCM見たばかりですから、まだ終わらないと思いますけど。

・メテオド
>グッさんが適当な罠にかかって死にませんように。

思わず吹いてしまいました。
「適当な罠」という表現がナイスです。
4. Posted by こいん   2007年07月20日 11:57
 どうもです。

 また伸ばすのは難しそうな展開ですが、先生のトラウマを変態総出でなんとか修正するのでしょうかね。
 どう転ぶのか、気になるところです。

 グッさんには大仰な罠は不適当ですから、適当が適当ですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介