2007年08月12日

ハヤテのごとく!2話【運命は、英語で言うとデスティニー】畑健二郎

 少年の頭を蹂躙したママチャリ選手権にでれそうなバランス感覚の持ち主は彼が見た中で最も綺麗な人――女性というまでは男性の可能性も、ないか。
 ハヤテはわけのわからん妄想で美人さんに変な事を言わせているけど、自転車で頭を踏みしめた瞬間に運命を感じるような女性と、いくら最高の美人でも恋人関係になりたいと考えるか?まったく嬉しくない展開だと思うぞ、少年よ。
 結婚記念日が来るたびに「貴方と初めて出会ったあの時のことが思い出したくて…(ポ)」と頭を轢かれかねない
 鉄婚式にはスクーターで、銀婚式には軽トラック、金婚式にはロードローラーだッ!!!

 しかし、英語でいうとデスティニーの人はハヤテが誘拐した少女の関係者だった。無意識のうちに先制攻撃されていたのはデスティニーかもしれん。チビッ子に大事な人がいる事を知ってよけい荒む親に売られた天涯孤独の少年は誘拐の件をはぐらかしてしまう。
 まぁ、本当のワルだったら自転車に轢かれた段階で「慰謝料ふんだくろう」とか、誘拐を諦めて「少女の事を恩に押し付けよう」とか考えるのだが、自称平凡な高校一年生には無理だった。そもそも彼は少女に自分の言葉が誘拐犯の宣言として届いたと考えているので立ち回りようがない。
 マフラーを掛けられた時のハヤテのとめどない涙は痛いほど惨めな気持ちが伝わってくるけど、それをみてオロオロする美人さんの動きが刀を振り回す村山斬なみに鋭くて笑ってしまう。特に右手の動きが、はええっ!
 まるでトルコ行進曲を弾いているみたいだ。

 そして改心した誘拐犯は少女の事を告白しようとする。しかし少女は新手のパトラッシュに攫われかけていた。人質を縛るのに蝶々結びをするやつがあるか!人質職人の厳しい審査基準から見れば明らかな減点ポイントだ。
 彼女の言動はあまりにも辛辣で、ファッションリーダー気取りを暴走させる。時代劇でいうとオダイカンγ発動直後。
 そこは少年誌もちろんお邪魔虫、借金野郎綾崎ハヤテ十六歳が自転車漕いで、駆けつけて、見事に轢かれる。轢いたアニキは「自動車のボンネットでお前の全身をふきとばした瞬間思ったんだ…これは運命。だからオレ、お前の事が…」(ドキドキドキドキ)なんておぞましい展開に…
 そんな走馬灯で死にかける少年だが駄目親への怒りを糧に復活。流血しながら人質を取り返すのであった――そういう変なニュアンスのセリフを吐いている。

 ところでクリスマスで道が混んでいるのに駆けつけるパトカーの人たちは何なのだ?しかも三台以上が即応している。病院周辺だけ混んでるのかなぁ。
 きっと「あれ?さっきまで俺の隣にいたはずの嫁がいない!!」と、わめきたてる方々が大勢病院に収容されて忙しかったのだろう、クリスマスだけに。HAHAHAHA……。

 追いついてきた美人マリアに少女ナギはいう。お礼にこいつを新しい執事にする、と。おめでとう、おめでとう、おめでとー!


 万歳!とうとう今日午後11時、執事になるために集まれという命令を受け取りました。今か今かと待っていたところです。
 母校で知り合いの若い女性に会いました。執事服姿じゃないのを見られるのが恥ずかしいくらいでした。僕はもう流浪時代の人間ではありません。こういうときに借金のことや家族のことを考えると、小さく弱くなります。仕事やお嬢さまのことを考えると強くなれるのです。
                  ――手紙より



ハヤテのごとく!1巻感想

ハヤテのごとく!の目次へ

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 借金執事誕生! ハヤテのごとく! 二話感想  [ しっぽきり ]   2007年08月18日 01:28
(この記事はハヤテのごとく! 二話のネタバレを含みます)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
フェンリル姉さんと僕 1 (少年チャンピオン・コミックス)
中学生時代を思い出す神話バトル


2018年7月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介