2007年08月30日

週刊少年サンデー39号

あいこら
 続、手フェチスト松山千鶴の話。ハチベエの手のために無茶苦茶な行動に走る彼女に嫉妬を燃やす天幕桜子――彼女と八ツ橋あやめの連合は興味深い現象だったのだけど表層的なものに終始したのが残念だった。
 千鶴の最後にみせた極端な性格は吉良吉影化を指向しているようで心穏やかならぬものがある。本体が死ねば、手もやがては腐り果てるぞ。彼女はミケランジェロの指先が触れ合っている絵をみたときに目覚めちゃったりしたんだろーか。確かに男の手は奥が深い、たぶん。

絶対可憐チルドレン
 この戦いは3対2なのか、3対1なのか……どちらにしろチルドレンの側が力を合わせて数の暴力を発揮しているのは間違いない。それが戦術的に正しい、複数能力者を組み合わせてコンバインドアームズ編成にするのも正しい。もちろん優秀な指揮官がいなければ話にならないが、皆本は戯れの出来ぬ男よ!
 しかし、彼がブラスターをぶっ放せば一撃で勝負が決まっていた怪奇。能力による有利不利は相対的なものなのだ。
 薫の背中に羽がはえたイメージにむしろ引いたのだが、本当にああいう抽象的な描写を重ねて「特別」をつくらなければいけない作品なのだろうか。エスパーともなると自分たちの救世主を求める思念が本当に作用してしまい、現実に救世主を生み出してしまったという事かもしれない。

金色のガッシュ
 ウマゴンがガッシュと連携して辛くもクリアの攻撃を切り抜けたのはけっこうなんだけど、術が失敗しても自分の強化に回すだけってなんじゃそりゃー……クリアの強さはいろいろ間違っている気がする。例えていえばファウードが魔王試験に参加している感じ?
 あの広場は戦場ではなくて、術の発射場だったらしい。あそこまでいくと召喚よりも建設の言葉がしっくりくる。クリアの術がレーダーに写るなら、世界各国がデフコンを上げまくってるだろうなぁ。しょうじき、そっちの方が怖え。
 次の攻撃はブラゴが活躍して切り抜けてくれると期待している。

史上最強の弟子ケンイチ
 相手が達人であろうとも恐れずにいや恐れを踏み超えて挑んでいく新白連合の闘士たち。いいよいいよー……新島が策を思いつかなかったのは残念だが、カノン・ヒルベルト曰く「圧倒的な暴力は論理に優る」ってことかねぇ。ならば「論理をともなう暴力は理なき暴力に優る」はず。
 ハーミットがここでフォルトナに勝ってしまうとパワーバランスが微妙なことになる気もするが、いつかは達人に成長するはずの若者たちだ。どこかで隙間を埋める戦いはなくてはならない。
 とりあえず馬槍月に蹂躙された右から読んでも左から読んでも達人達に合掌。彼にやられるようでは梁山泊とぶつかっても時間稼ぎにしかならなかっただろう。

結界師
 これ以上、私のこころを苦しめないでくれ閃。いっそ良守が馬に噛まれてシャワールームでばったりしてくれれば私の懊悩も晴れるのだが……。
 天狗の後継者、飛丸は完全なエロガキだった。あれに仕えなければならない烏天狗たちの苦労が想像するだに憐れだ。時音のおっぱいに飛びつく虫をいちいち引っぺがす主人公の行動が微笑ましかった。どんなに地味でも、能力低くても、そのヒロイン一筋の男だ。彼女と対立するなら、志々尾のことを思い出すまでもなく、男の友情のほうが分がよい。
 そういう意味では閃のキャラクターは成功なのかもしれない……。

GOLDEN★AGE
 東神が一気に弱体化……一色以外は戦略的奇襲の前に心が折れているように見える。せめて唯の存在を事前に知って自分達が格下の気持ちで戦いに挑んでいればこんなことにはならなかっただろうに。
 特に甲斐の空気化は嘆かわしい。けっきょく、唯に優るところないなのはしかたがないが、FW同士が対決するわけじゃないんだから、やりようはあると思うんだけど――来週は一色がそこを使って得点してくれるかな。
 さもなければ名門が印象上の人材不足で敗退という、ちょっと収まりの悪いことになる。この試合はかもめ中成長ストーリーの集大成でもあるのだから、できるだけ敵を立てて終わってほしい。

お茶にごす。
 山田が普通の少年で驚いた。彼が道を踏み外せたのもデビルまークンのおかげだったようだ。しかも敵のインフレ率が並じゃない――道士郎を髣髴とさせる。つまり茶道にひねった方針転換は正解だったということだろう――から、強いとはいっても殴り返されたり後ろを取られたりしている雅矢が次の戦いにも勝てるかは心配が残る。
 そんなことを思っても彼は意に介さず「必勝の信念」で臨むのだろうなぁ。山田が感化されるのもしかたがない。というか感化されなきゃ男じゃない。
 しかし、先生の情けないこと……実際に学校に理不尽な難癖をつけて教育の能率を低下させる「モンスター」と呼ばれる親が増えているそうで。モンスターは脳から弾丸を摘出される手術をうけときゃいいんだよ。

クロスゲーム
 三島もホームラン。まさかCM中にホームランがでちゃったときの空気を漫画で味わえるとは思わなかった――変な演出。
 お喋り及川が世代交代を迫るように分析しまくっているけど、私は竜旺のエースを物凄く応援したい気持ちになっている。あの才能の塊、さもなければチートみたいなコウと真剣に投げ合えているんだぜ?もっと評価してやろうよ。
 そしてロートル扱いされている志摩野たちもプロになれば、また新人からキャリアを始めなければならない現実をお忘れなきように。

魔王
 死んだも同然と死んだのはやっぱり違う。ほとんど一般市民にすぎない安藤が恐怖にさいなまれ醜態をさらしてしまったことは共感できるから責められない。もちろんこのまま終わってはくれないだろうし、傷害でぶちこまれた犬養といい今後の展開が気になるところである。
 蝉は銃刀法違反でつかまらねーかなぁ。

MAJOR
 昇進する者、夢を諦める者、サンダースの激を受けて吾郎のなかに再び火が灯る――といっても、すぐには調子があがらない気配。オーナーの微妙な態度がいまどきの感じを出していた。連載開始時は思いもよらなかった状況だろうに……この作品はいつまで続くのだろう。

ダレン・シャン
 カーダは多くを語ることもなく堂々と縄を受けいれた。ああいう態度にでられると間違っているのはバンパイアたちのような気がしてくる。ハーキャットの動きも怪しいし、タイニーが何かを企んでいてその裏をかくためにカーダはバンパニーズと手を組んだ可能性もあるんだよな。ひとまずはバンパイア・マウンテンを守れそうだが、あそこが永続的なものだとはどうしても思えない。
 追い詰めたバンパニーズを始末する方法はクモの糸のように断崖のうえからロープで飛び降りて退路を断つ作戦だろうか。バンパイアは元帥まで血の気の多い物騒な連中だと思わざるをえなかった。

イフリート〜断罪の炎人〜
 おやっさんは大事なものを自分の銃で殺してしまい、その罠にはめた人物に復讐を誓っている背景なのだろうと今回の話で想像した。敵がひとりではないのか、「監視役」がわざと源三郎だけ切り離したのか、微妙なところだ。
 ニナミの回想はさぞかし体温低下が緩和されたことでしょうよ。ええ!ユウは何かの代償行為にニナミを守ると誓った感じがした。記憶の問題もあるからよくわからんところだ。
 炎人同士の戦いになると明らかに共倒れコースなんだけど、ニナミが奴を倒してくれるかな。

マリンハンター
 酷っ、グロっ!確かにシロナガスクジラはオキアミを大量虐殺しているといえるかもしれないが、これはずいぶん凄惨な回想だ。もしかして大塚先生は捕鯨推進論者なのだろうか――明らかに穿ちすぎ。
 グッピーとシジミに被るイメージの過去キャラクターをだしてきたのも直球だなぁ。人並みにひねているつもりではいたが、とても、シャークとはくらべられない、そう思った。むろんかれは、自分の本当の人生がようやく開幕したばかりであることに気づいていなかった。
 シャチのFHは適当に撃退されたあと付きまとうライバルになって、適当に仲間っぽくなるテイル・アシュフォード路線を予想しているのだがどうだろう。

メテオド
 良く知らないとはいえ同胞を殺して、自分の命を懸けて手に入るのがあの隕石……もう少し隕石のビジュアルをそそるものにしれくれないと、こっちも気分が乗らない、たとえばFFのクリスタルのように。
 九曜の性格はかなり凶暴で、十威とは一線を隔する。いまさらだけど名前に数字が入るのがメテオドの決まりなのかな。つまり少なくともあと八人は性格破綻者がいるのか……。

ギャンブルッ!
 なんかもうね…頭蓋骨潰れそう。柿本この野郎のやったことはギャンブルというより横領であり、しかるべきところに訴えれば話が通るはずなのだが……守秘義務ですか、そうですか。
 イカサマはしないけど、犯罪はする新時代のギャンブル漫画。印刷が潰れすぎていてただでさえけったいな雰囲気をよけいややこしくしていた。

RENGEMAN(レンジマン)
 おしまし。記憶はなくしていても身体は覚えていたようで、めでたしめでたし。しかし、敵の元栓を断ったわけではないから解決のていどが微妙だ。まぁ、それでも明るい未来を予想させるラストであった。バイバイ。

ハヤテのごとく!141話の感想はこちら


サンデー感想サイトリンク集

小学館コミックス感想一覧

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 週刊少年サンデー39号 漫画個別感想  [ 乱文乱舞ランブル ]   2007年08月30日 20:09
今週の感想は、 ・結界師 ・金色のガッシュ!! ・名探偵コナン ・史上最強の弟子ケンイチ ・DIVE!! ・マリンハンター ・絶対可憐チルドレン ・GOLDEN★AGE ・ダレン・シャン ・RANGEMAN(最終回) 以上の10本です。
2. 今週のサンデーの感想  [ タカヒナの乱雑日記 ]   2007年08月30日 20:13
2007年39号サンデーの感想ネタバレ含みます。 イフリート〜断罪の炎人〜 「炎の魔人」が現れたという村に向かったユウとニナミ。 村の惨状は事件のまま放置されている。 これは??..
3. 週刊少年サンデー39号感想  [ 漫画とハヤテとアニメと私。 ]   2007年08月31日 00:21
サンデーとは無関係ですが、45号から連載再開らしいですね。 富樫先生のH×H。 1年半以上の休載からの復帰。 今回は一体いつまで持つのやら・・・。 ちなみに私は2007年の1号からジャンプを買い始めた新参者なので連載さむ l/pia
4. 週刊少年サンデー39号を読んだ  [ マンガ好きの戯れ言 ]   2007年08月31日 01:21
= 結界師 = 新たな世継ぎの誕生! ああ、先代はすぐにいなくなるわけではないのか。 力を少し分けて、新たな命を発生させたという感じですな。 今度こそ!と言う紫堂の願いは無残にも散りましたが。 真っ先に時音に飛び込んだのは、ヒロインに対する遠慮からでしょ...
5. サンデー(39号)私的雑感。  [ 好事家の世迷言。 ]   2007年08月31日 07:40
『ハヤテのごとく!』のDS版。法廷バトルをやらかしてるシナリオがあるらしい。 …………ちょっと見てみたい(笑)。 ---------------------------------------------------------------------- ★覚えた台詞、三番勝負。 1.「あなたがどんなに自分の才能を疑い、否定しても...
6. 【大教典】週刊少年サンデー39号(08/30)  [ ラブ教総本山 ]   2007年08月31日 13:53
ネタバレ必死、週刊少年サンデーです。 1日遅れという事でネタバレOK???
7. サンデー39号 無茶振りの女王  [ ビヨビヨ日記帳 ]   2007年08月31日 15:40
サンデーを読みました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)ナイスイベントが勃発致しました。  続き■ ハヤテのごとく!今回は咲夜...

この記事へのコメント

1. Posted by nama_k1   2007年08月31日 01:36
こんばんは〜

・金色のガッシュ
ティオの存在をすっかり忘れていたnamaです。

>クリアの強さはいろいろ間違っている気がする。

同じ魔界の住人とは思えませんよね。
完全に異次元の強さです。
これだけ強いのなら、最初(1話)から大暴れできたのではないでしょうか。

・GOLDEN★AGE
>東神が一気に弱体化

並のチームになってしまった感がありますよね。
試合開始当初は、あれだけ目立っていた監督も、ほとんど出て来なくなったし。
こういう時こそ、監督の出番だと思うのですが。
2. Posted by りえ   2007年08月31日 07:36
>柿本この野郎のやったことはギャンブルというより横領であり、
>しかるべきところに訴えれば話が通るはずなのだが……

柿本を訴えようにも、なまじ裁判に持ちこんだら、
泥沼化してしまうのかもしれません。
賀川の方こそ、裏で何やらかしてるか分かりませんし……。
3. Posted by q   2007年08月31日 10:26
そういや
RANGEMANでピンクとかいたような気が・・・
どこにいったんでしょう?
4. Posted by こいん   2007年08月31日 12:34
>nama_k1 さん(もしかしてnamaさんとお呼びした方がよいですか?)

 クリアがあの強さで初期から暴れていればガッシュたちが察知していないわけがないし、完全体になるのも戦況が混乱している初期の方が有利です。ヴィノーと遭遇するのが遅れたとも解釈できますが、やっぱり後付けが苦しいキャラではありますね。

>こういう時こそ、監督の出番だと思うのですが。
 あお高の鈴ねえも似たような感じですし、サンデーの監督に名将なしって気がします……。できるだけ子供のドラマにしたい編集部の意向とかもあるのかもしれませんね。
5. Posted by こいん   2007年08月31日 12:38
>りえさん
 確かに薮蛇になる可能性が高そうですね。訴えても公式に自分の恥を認めるだけですし、完全に足元をみられてます。
 そこまでは考えがいたりませんでした。

>qさん
 そういえば……新しいデザインの開発をしていたのにお披露目する機会を与えられなくて拗ねているのでしょうか。
 終わってみれば失恋したキャラクター達よりよほど不遇な扱いでしたね。
6. Posted by q   2007年08月31日 22:06
MAJOR

>>この作品はいつまで続くのだろう。

そのとおりだとおもいます。ネタ切れです完全に。早く手を引きましょう
7. Posted by kyouso   2007年09月01日 00:06
こんばんわ!コメ&TBありがとうございました♪

■あいこら
>本体が死ねば、手もやがては腐り果てるぞ。
確かに、、、バンパイアの腕のホルマリン漬けじゃないのでフェチ道を貫くためにはハチベエそのものを大切にする必要がありますね!


しかし、最後のハイベエは漢を上げましたね!

■ギャンブル!
>ギャンブルというより横領
あはは、言われてみればその通り!
何かしっくり来なかったのはそこだったのですね!
8. Posted by こいん   2007年09月01日 00:45
 どうもです。

 ハチベエはフェチパーツの持ち主を大事にする感覚があったので、千鶴の態度には違和感さえ覚えましたよ。
 あれは暴走の上でのことなのでしょうけど。

 危ない橋を渡るにしても、もう少しクールにできないものかと思います。社長は運が良かったのか、悪かったのか、良く分かりませんね…。
9. Posted by none   2007年09月06日 17:52
絶チルの翼のイメージはどう考えてもW0Cにしか見えません。
10. Posted by こいん   2007年09月06日 20:21
 咄嗟にW0Cがわからずに検索してしまいました。
 たしかに羽根の巻き込みかたが似ていますね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
フェンリル姉さんと僕 1 (少年チャンピオン・コミックス)
中学生時代を思い出す神話バトル


2018年7月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介