2007年09月06日

週刊少年サンデー40号

あいこら
 先輩の悪の城へ侵入ミッション。ハチベエの過保護パワーが発揮されることもなく平和に話が終わったのはいいんだが、ヒロインの現在地確認以上の内容が感じられない回だった。
 せめて天幕が無駄にテンションをあげるギャグでもあれば楽しめたんだけどな。ひたすら微妙だった。

絶対可憐チルドレン
 黒い幽霊の操作能力は便利すぎる。ほとんど人間をプログラミング可能な存在にしてしまっているな。もともとの人格のプログラミングがあったら、あそこまで自在な人格操作はできないわけで、被害にあったエスパーは頭の中身が「フォーマット」されちゃってるんじゃないか?
 まったく人道の欠片もない行為に恐怖を覚えざるをえない。まぁ、彼らにとってエスパーが人道の対象ではないことの証左であろう。同時にエスパーを普通の人にする技術も彼らは保有しているわけで、用済みになった黒い幽霊は彼らの人道の対象になるのか、という疑問がもたれる。逆に未来にエスパーになる普通の人はどうなのか?
 急進派ノーマルの考えは酷く矛盾した人間を刹那的にしか捉えていないものに思われる。けっきょく、この世界のエスパーは人間の状態の一種類にすぎないことが散々示されているのだから。

金色のガッシュ
 だから術に人格を与えるな……おそらくシュナイダーやティオを最大限立たせるために敵に格をあたえてやっているのだろうが、代わりにどんどんクリアの立場が微妙になっていく。
 はじめはひたすら消滅させる名前と願望にふさわしい能力のキャラだったのに、気がつけば酷く創造的な術を繰り出しているわけで……スレイヤーズの魔王が世界を滅ぼすために5人の腹心を創るようなものか?
 一見して矛盾しているようにみえる遠回りな能力であることは間違いない。ティオの戦いぶりはスパーリングでパンチを受け止めるトレーナーに似ているなぁ。

史上最強の弟子ケンイチ
 達人相手に六人がかり。主人公ほったらかしで新白連合の熱い戦いが繰り広げられる!
 フォルトナの身体はターちゃんのクネクネ避けができるらしい……「お持ち帰り」にニパァには苦笑い。そんなネタをオッサンに使うな。
 ハーミットが散々自分にやらせろと主張しているのに、彼から目を離してしまうフォルトナはなんだろう。もしかして言葉が通じていない?――いまさら、それはないよ。

結界師
 裏のありそうな野心家がどんどん集まってきた。結界師のこの雰囲気が好きなんだ。
 神祐地破壊の容疑者として最初に思いついたのは良守ママだけど、怪しいゆえにそれはない気もする。
 反則手を使ったパワーアップに扇のバカ殿も乗り出すようで、牽制によって保たれていた裏会のパワーバランスが崩れ、第一次世界大戦後の建艦競争のように自らを破滅させかねない勢いで勢力拡張競争が繰り広げられそうだ。
 それこそが神祐地破壊者の最終目的なのかもしれない。セレンティアの憎悪?

GOLDEN★AGE
 一色と喜田のプレーによって奮起する東神学園をみているとチームを引っ張るのは彼らで、甲斐の役割は限定されたものだという事がわかる。それだけ唯の超人ぶりがハッキリするわけだ……。
 ここは東神に勝ってほしい気もするのだが、これ以上得点が増えると結局ハイスコアゲームになってしまうのが微妙だなぁ。それなりに緊迫した試合だったけど、これを1−0のスコアで描ければもっと良い。

お茶にごす。
 悪魔まークンの揺るぎなき信念をみているとメロスを思い出す。セリヌンティウスはやまーだって事になるな。
 小学3年生に倒され、ついに親父を投入してきた腐れ一家。さすがに腕力で倒すことはないだろうが、だからこそ殴り倒してくれないかと期待してしまう。むしろ殴らせたら勝ちか。

クロスゲーム
 竜旺エースのキャラを崩さないでくれて嬉しい。及川ならいくら打ちのめしてもOKよ。しかし、エースでないからこそ敬遠をする心理的余裕も生まれる。彼から得点するのは難儀なことになりそうだ。
 こんな時こと監督の出番なんだけどな。

ダレン・シャン
 動物兵器で来たか。利害のない戦闘に投入される蜘蛛たちがちょっくら可哀相。バンパニーズのリーダーは本気でカーダを気づかっていた様子が見受けられたし、単純にバンパイアを正義とする視点にヒビが入りはじめている。
 それでこそ少年が迷いながら戦う意味が生まれるというもの。

マリンハンター
 それなりに素敵な能力「スーパーキャビテーション」を投入してきた敵を、よくわからん力押しで倒してしまうのはもったいない。せめてオルカに説明させれば良かったのだが、あとからやってくれるのかな。
 グッピーの働きをみているとこの作品は不殺方針で行くようだ。もっともシャークはいったん人を殺すと際限なく血に狂っていきそうなので、人を殺さないのは純粋に仲間のため自分のためでもある。
 単純に甘いのではなく、そういう根拠があるところが良い。

魔王
 蝉って実はいいヤツ?――と思わせた矢先にヤーさん虐殺……最近のサンデーは容赦なく殺す連中がはびこっているな。いいぞ、もっとやれ。
 セイギノミカタのほうが悪人よりも逆上が激しいのも至極ごもっとも。しかし、あんな死屍累々の状況で楽しい尋問ができる神経が安藤にあるとは思えないのだが。

MAJOR
 けっきょく、吾郎は調子がいいのか、悪いのか。不安を抱えたままで試合に挑むことになった。

イフリート〜断罪の炎人〜
 炎人は最近の研究品なのだな。昔は低温人間を狙っていたのに、今は高温人間を狙っているのは、バスタードの低温には限界があるけど高温にはないよ理論に目覚めた研究者がいたのかな。

メテオド
 掲載位置がとてつもなく後ろに……一巻の売れ行きがヤバかったのだろうか。オサレ能力同士の戦闘演出は悪くないけど、九曜の硫黄が含まれているものを爆破できる能力は大雑把すぎて微妙だった。強化ガラスの中に閉じ込めたれ。

ギャンブルッ!
 大富豪やヤクザの頭より高校生に脅威を覚える子供たちの感覚が微笑ましくて笑いが止まらなかった。やはりギャンブルッ!ものが違う…。
 今度こそイカサマなんじゃと思いつつ、やっぱり超理論の爆発に期待してしまうのだった。

ハヤテのごとく!142話の感想はこちら


サンデー感想サイトリンク集

小学館コミックス感想一覧

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. サンデー40号 あいこらが100回記念!  [ ビヨビヨ日記帳 ]   2007年09月06日 13:17
サンデーを読みました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)久々に先輩が登場致しました。  続き■ あいこらセンターカラーでした。...
2. 【大教典】週刊少年サンデー40号(09/06)  [ ラブ教総本山 ]   2007年09月06日 13:22
ネタバレ必死、週刊少年サンデーです。 1日遅れという事でネタバレOK??? ★☆★☆★☆ピックアップ★☆★☆★☆ ■ハヤテのごとく! 春風千春。 白皇学院二年生生 徒会書記 メガネが似合うかなりクールな16歳 、、、ハヤテ以上のピンチです! しかし、...
3. サンデー(40号)私的雑感。  [ 好事家の世迷言。 ]   2007年09月06日 18:08
江戸川コナンの正体を知る者が増えた今週号。 独力で察した瑛祐が鋭いのか、簡単に打ち明けるコナンが不注意なのか。 ---------------------------------------------------------------------- ★覚えた台詞、三番勝負。 1.(手に入らなかった物は多分……いっぱいになっ...
4. 週刊少年サンデー40号 漫画個別感想  [ 乱文乱舞ランブル ]   2007年09月06日 21:18
今週の感想は ・金色のガッシュ!! ・マリンハンター ・史上最強の弟子ケンイチ ・GOLDEN★AGE ・絶対可憐チルドレン 以上の5本です……なんでこんなに少ないんだろう。
5. 週刊少年サンデー40号感想  [ 漫画とハヤテとアニメと私。 ]   2007年09月07日 00:05
と言うわけで今週のサンデーの感想です〜。 ・・・それはそうと、とうとうついに始まりやがりました。 体育大会の組体操の練習。 中学2年までは女子の演技はカッコよくて男子の演技は観客席から笑い声が聞こえるようなものだっ 
6. 週刊少年サンデー40号を読んだ  [ マンガ好きの戯れ言 ]   2007年09月07日 01:11
= 結界師 = 紫堂の言っていた、消えた神佑地がネタになるようです。 裏会の室長が調査に乗り出したのですが、 この室長は一見ドジなおっさんなのだが、その裏に隠された能力は、 役職に就くだけの事はありそうだ。 神佑地を狩った者は一体誰のなのか、何の目的があ...
7. その男、何を知っている? イフリート〜断罪の炎人〜第35話  [ タカヒナの乱雑日記 ]   2007年09月08日 21:06
2007年40号サンデー掲載文の「イフリート〜断罪の炎人〜」の感想ネタバレ含みます。 今回から、「今週のサンデーの感想」はイフリート〜断罪の炎人〜だけにします。 なんというか、仮..

この記事へのコメント

1. Posted by nama_k1   2007年09月07日 01:20
こんばんは〜
トラックバックさせていただきました。

・あいこら
>ひたすら微妙だった。

そうですね。盛り上がってくるものが無かったです。谷山先輩と何かあるのかと思いましたが、普通に帰って来ちゃったし。もう一捻り欲しかったかも。

・クロスゲーム
>竜旺エースのキャラを崩さないでくれて嬉しい。

そうですね。彼の格が落ちることを心配しましたが、二年生エースのおかげで、問題なかったですし。
2. Posted by こいん   2007年09月07日 12:17
 トラバ・コメントありがとうございます。

 やっぱりあいこらは変態が暴走してなんぼの作品だと思いました。
 ラブコメ部分がおざなりになっても困るので、たまに挑戦するのはいいことなのでしょうが、もう少し上手くやっていただきたいものです。

 志摩野は本当に散々でしたけどねぇ…及川が格上のように言われていてもピッチャーは求められる資質の幅が広いですから、立場が残っていると思います。
3. Posted by q   2007年09月07日 22:14
ガッシュ
>だから術に人格を与えるな
ほんとに・・・・『クリア』なんだから
ひとりで戦うのが普通でしょう
4. Posted by こいん   2007年09月07日 22:30
 しかも性格がクリアとは違いすぎてるんですよね。ヴィノーもあまり喋らないから良かったのに。
 雷句先生のキャラを立てる才能がマイナスに使われてしまっている気がします。
5. Posted by q   2007年09月07日 23:13
>>4
どっちかというとクリアより、ベルギム・E.Oの人格っぽいし

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
フェンリル姉さんと僕 1 (少年チャンピオン・コミックス)
中学生時代を思い出す神話バトル


2018年7月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介