2007年11月16日

みつどもえ72卵生「私の頭の中に」

 佐藤が好きでしょうがないとは、佐藤きゅんを招いてごちそうすることでもなければ、恋文を練ったり、マフラーを編んだり、告白をしたりすることでもない。
 そんなお上品でおっとりとした、雅やかなものではない。

 佐藤が好きでしょうがないとは暴力である。
 一つの性が他の性を押し倒す、激烈な行動なのである。

                  ――伊藤詩織選集より


 乙女たちの仁義なき戦い……黒ッ!るろうに剣心人誅編の小口より黒ッ!
 恋情というものを四つに割ると、一つが純心で、あとの三つは病気ということになる――佐藤が好きでしょうがない隊、まとめてヤンデレ化の日もそう遠くはないな。
 言葉を諦めて世界の果てまで逃げろ、佐藤きゅん!そうすればダンディーなおっさんの胸に飛び込むはめになるぞ。

 消しゴムに名前を書いた人物を当てる推理が入るところは、この前のコトノハ学園を彷彿とさせた。筆跡鑑定ではなく警察犬的能力で解決してるがな――トリプルドッグパンチッ!!!
 みつばが背景でさりげなく出てただけで、完全にサブキャラクターで回転する話なのも新鮮だった。いつのまにか問題児が三つ子から裏返って、他のクラスメイトになってきている現実に気付く。まぁ、ふたばが参戦すると消しゴムの擦りすぎで火災が発生しちゃうからなー。
 「今時おまじない?」と大人びた表情をみせる杉崎みくも高ポイントだった。余裕ぶっている彼女に限って、隠れて消しゴムにしたためているに違いない「丸井みつば」。

 今回いちばん佐藤株を稼いでそうな恋愛超特急、吉岡さんが好きなのは誰なのだろう。消去法的に千葉氏になる予感が……。

みつどもえ1巻感想
みつどもえ2巻感想
みつどもえ3巻感想

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し

ノスタルジックな近未来SFコメディ

Recent Comments
スポンサードリンク

profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介