2007年11月26日

週刊少年ジャンプ52号

BLEACH(ブリーチ)
 戦争は数だよ。兄者。
 何度も繰り返し格の違いを強調するが、格下の相手に片手片足を犠牲にし、あまつさえ花太郎まで斬り倒されてしまったことは物凄い不名誉なんじゃ……むしろ黙っていたほうが格落ちせずに済むだろう。
 だいたいはじめからあの技を使っていればノーダメージで勝てたのでは……何してんだ、アンタ?あー、妹の前でいいとこ見せたくて空回りしちゃったかー。気絶してるってのに。
 ともかく花太郎が哀れすぎた。

P2!
 ……まぁ、ね。ここまで続けて結果を出せなかったならしかたないだろうね。どうもコアな人気は得られても、どこかで人気を広範なものに拡大する「ジャンプ」に挑戦できなかった感じがする。そして結局ズルズルと行ってしまったと。
 ヒロム本人の扱いが主人公として中途半端だったのもあるかもしれない。彼より伏線の多い周囲のキャラクターにずいぶん振り回されてしまった。最後の励ましはアキラが主人公でヒロムがヒロインみたいだし。
 終了は残念だが納得できるので素直に江尻先生の次回作に期待する事にしよう。次は都市伝説的な小事件を追う一話完結の探偵ものをやってくれないかなぁ。もちろん助手は可愛い女の子で。

To LOVEる−とらぶる−
 コマの端っこに微妙に写っていた液体にスライムの予感!!犯罪組織に追われる女医者といえば、るろ剣の恵を思い出すね。
 唯はあの学校の風紀をよくするには宇宙人対策班の設立が必要という結論を得そうだ。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)
 あらあら?うふふ。王が妙に成長を示して、経験で上を行く予定のジジイ達が存在の「格」で圧倒されちゃってるよ――格違いの表現も格違いですね。軍儀の敗北を実戦経験なみに感じているなら誰よりも負けを知った王ですらあるかもしれない。どう戦えばよいのやら。
 最もコストの高いコマだった透明ナックルを頭の弱そうなユピーに使わなければならない展開もキツイ。プフの分が抑え込めるか、かなり不安だ。いっそ、ピトーがコムギを直そうとした隙に彼を叩けていればなぁ。ピトーを失うとコムギも失うことになる王は我が身を挺してでも防御しなければならなかったはずで、そこでダメージを与えてしまえば多少は有利に戦いを運べただろうに――その奇襲すらあっさり一蹴されるようなら、どうせ何をしても無駄さHAHAHA。
 もうここはあの手しかないな。ゼノを指さして「コイツがやったんじゃ!!」

エム×ゼロ
 伊勢が怪しくなるような犯人の回想があったけれども、ミスリードの可能性が高い――と思うと逆をつかれそうなわけで頭がこんがらがってくるが。まさか仮面のやつが本人ってことはあるまいな?
 聖凪は価値観が魔法に偏っているから普通の学校よりもタチの悪い問題が起きやすそうだ。勉強なら物理が得意な奴から古文が得意な奴まで自分を見つけられるし、体育や部活動もある。自己実現の世界が狭すぎるのが根本的な問題かねぇ。
 まぁ、今回の犯人の捻じ曲がった根性をみると、どこでも問題を起こしていた気はするけれど。

銀魂
 巨大なモンスターにラルグラドをなんとなく思い出してしまった。打ち切りシーズンだからか?「はーい、実は○○でしたー!」のパターンは安定して面白いけど、どこかで捻りを入れてほしくもなる。
 宇宙人の強さがチート臭い。いまだに神楽たちを掴まえられないゲーム管理人たちの助力をあおぐことは非現実的なのだろうか?幕府の介入もある展開に筒井哲也先生の「リセット (ヤングガンガンコミックス)」を何とはなしに思い出した。

魔人探偵脳噛ネウロ
 もともと関東平野は湿地帯で、大阪に至っては干潟だったらしいからね。ちょっと「本来の形」に戻すだけの環境テロ(エコタージュ)は効率がいい。水没する事によって疫病の流行も予想させるし、そっちと社会的な混乱による死者の方が実際に水に溺れて死ぬ人間よりも多くなるだろう。倉庫にメシがあっても流通が機能しなければ餓死者はでる。
 ここはあのおっちゃんに「ダンボールノアの箱舟」を大量生産させて都民の大救出作戦を進める展開か。

サムライうさぎ
 このルールの裏をかくには相手の持ち物を褒めるとか、幕府あたりを貶して意気投合するとか。首から「私は嘘つきです」と看板をぶら下げながら、「へ〜い、そこのドブスちゃん!」とやるのもあり?
 結論「イケメンは何をやっても許される」になりそうで怖い。ところで、口説かれるほうも基本的に今回のイベントのことは承知してるんだろうね。

ピューと吹く!ジャガー
 かるたは冬の風物詩。むさいおっさんが密室にこもって息を荒くしながら戦う格闘技だ。そんな地獄絵図をみてチャンピオンに連載していたかるたを懐かしみ窃ない気分になる(壬生先輩とくんずほぐれつしてー)。私、第二部をいつまでも待つわー。

SKET DANCE
 何だかジェネシスが普通におもしろそうな気がしてしまうのはスケット団の連中がおもしろい奴らだからだ。騙されるな!!
 必要以上に特殊な用語を増やして専門性を高くみせかけるのって黎明期のものに特徴的な現象なんだろうか。
 しかし、あのゲームは身体の真正面にボールが来ると恐ろしく受けにくいだろうなぁ。

テニスの王子様
 「周」の技術を磨いているようにしか思えません。通りすがりの猪を一撃で……「野良豚相手に表道具は用いぬ」
 しょうじき「表道具」を使ったほうが石よりも破壊力が上がりそう……。

 人類は自らを破滅させる手段の開発にエネルギーを浪費している。
 中学テニスは無数の陣営に分割され、互いに人類を絶滅させるにたる準備を進めているのだ。
 しかし、試合は避けることが出来ない。
 テニスの時代においては、天衣無縫の極みこそが唯一の合理的選択なのだ。
                  ――越前南次郎の回想より


ジャンプ感想サイトリンク集

集英社コミックス感想一覧

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 2007年週刊少年ジャンプ52号感想  [ タカヒナの乱雑日記 ]   2007年11月26日 12:22
2007年週刊少年ジャンプ52号感想ネタバレ含みます HUNTER×HUNTER No.268 王。 思っていたよりも、王が取り乱していなかった。 コムギがいる状況も、コムギの負傷も、そしてそれを治せと宮.
2. 週間少年ジャンプ52号の感想でも  [ よう来なさった! ]   2007年11月26日 13:58
ToLOVEる 今回は御門先生にまつわるエピソード。 そういえば先生の背景に迫るエピソードは、今までなかったかもね。 謎の多い女性なのでどのような素性なのか興味があるし面白そうですが、はたして。 初っ端からきな臭い雰囲気だがケイズとかいう男、どこから見て....
3. ジャンプ52号 萌え(燃え)と泣きを一度に経験する号  [ ビヨビヨ日記帳 ]   2007年11月26日 17:11
ジャンプを読みました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)何とも残念な結果になりました……  続き■ P2!風の便り的にP2の打...
4. ジャンプ 52号 感想  [ Happy☆Lucky ]   2007年11月26日 18:38
ジャンプ 52号 ネタばれ感想
5. とらぶる78感想 〜同人ネタが豊富です〜  [ 星の海へ行こう! ]   2007年11月26日 19:52
 先週号に「とある人物の過去が明らかになる」と書いてあったので、話の流れからヤミだと思っていたのですが、御門先生のことでしたか。そういえばこの人が何者であるかは詳しく??.
6. 【少年ジャンプ2007年52号】  [ MINT ROOM  ]   2007年11月26日 20:59
★表紙は【BLEACH】。なんだか表紙飾るの多くありませんか? と思ったら、映画公開が近いんだね。「大人の事情」ってやつスかね? 【ジャンプSQ】の広告まで載ってるぞ。でもまぁ、本編の続きが非常に気になる展開だし、《日番谷》クン可愛いので(?)《一護》よりア...
7. 【WJ】No.52【感想】  [ nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! ]   2007年11月26日 21:10
今週は巻末から、そして怨み節たっぷりでお送りします!! あっ、でもジャガーからではないですからね(笑。
8. 今週のジャンプ  [ 超気まぐれ更新な俺ブログ ]   2007年11月26日 21:30
ブログの画面新しくなってる… 【ブリーチ】 卍解した千本桜って1000×1000で 10万じゃなかったっけ。 億ってどんだけ〜 邪眼あっさり封じられたな。 ブリーチにしては、素殮.
9. 週刊少年ジャンプ 52号 感想  [ よろず屋の猫 ]   2007年11月26日 23:11
表紙は映画が間近!!、『BLEACH』。石田さんのキャラがカッコ良い!!。巻頭カラーも『BLEACH』、皆してボクサー、顔の痣が痛々しいけど、一応みんな凄んで見せてますー。本編は兄様のビックマウス健在!!。兄様、左手にも模様が、しかし躊躇なく腱を切る。今週のビッグマウス...
10. ジャンプ52号  [ Sweetパラダイス ]   2007年11月26日 23:43
表紙はBLEACH!!劇場版のでした。今年も見に行くぞ〜〜〜〜〜〜!!だってシロちゃんなんだもん・BLEACH兄様の左足が・・・左手が・・・・兄様の左手以外にもうひとつ【別のものを支配したということ】まさか・・・のまさか!!狙われたルキア。ルキアが自分...
11. 週刊少年ジャンプ 第52号 感想  [ 〜器用貧乏人宝〜 ]   2007年11月27日 00:25
今週のジャンプ! ・MはMADAOのM ・スケット団がまたやってくれました。 ・P2!終了のお知らせ…(ノД`)・゚・。 以下個別感想↓
12. WJ52号感想  [ 日々“是”精進! ]   2007年11月27日 05:38
WJ52号の感想を・「ブリーチ」巻頭カラー白哉は別格でした。ゾマリを瞬殺ですか?それと、花太郎は助かるのでしょうか?・「ナルト」自来也の左腕がーっ!これじゃ、ますます死亡フラグが立ちまくりですっペインはやはり6人いましたか・・・。自来也、ピンチ!!!・...
13. 【大経典】週刊少年ジャンプ52号(11/27)  [ ラブ教総本山 ]   2007年11月27日 14:27
ネタバレ必死、週刊少年JUMPです。 毎度お馴染みになります1日遅れの更新です、、、
14. 週刊少年ジャンプ52号 漫画個別感想  [ 乱文乱舞ランブル ]   2007年11月27日 14:54
今週の感想は ・BLEACH ・SKET DANCE ・トリコ(読切) ・銀魂 ・魔人探偵脳噛ネウロ ・HUNTER×HUNTER ・P2!―let's Play Pingpong!―(最終回) 以上の7本です。
15. WJ52号☆新年の足音が聞える  [ 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ ]   2007年11月27日 20:45
ジャンプも52号ですよ( ゚д゚)っ!年賀状が早々に出来て来ましたが・・「こんな年賀状を送って良いのか」と、作ってから後悔するのも毎年の恒例の行事になって来ました。眼鏡キャラ・・なんて・・目上の人や上司に送って良いのかと・・・(ノ∀`)今週は表紙は一護、開い...
16. 週刊少年ジャンプ【No.52】感想前半  [ ゲ〜ムやマンガのきゃらと〜く ]   2007年11月27日 23:31
ご来訪誠にありがとうございます、管理人のやまだです。 今回は週刊少年ジャンプ52号の感想をお送りします。 ネタバレしていますのでご注意を。
17. 今週のジャンプ一コマレビュー 2007年52号  [ Moon of Samurai ]   2007年11月28日 01:02
 これなんてきれいなジャイアン王?  これまでの傲岸不遜にして傍若無人、超絶的なジコチュー雰囲気を一掃しすぎてもはやギャグのレベルに到達してしまっている王のアップでした。しかし見れば見るほど笑いがこみ上??urce
18. 週刊少年ジャンプ52号を読んだ  [ マンガ好きの戯れ言 ]   2007年11月28日 01:16
= NARUTO = 死亡フラグを立てたはずの自来也が勝った? いやいや、ペインがそんな簡単に敗れるわけが無いのだ。 ペインはさらに人数を増やし、6人となっていた。 本体は別にいるんじゃないのかなぁ。 どれも全て末端に過ぎないから、何度やられても復活するのでは?...

この記事へのコメント

1. Posted by つっきー   2007年11月26日 21:37
【ブリーチ】
今回はすぐ決着つきましたね。
でも、まだザエルアポロとノイトラがいるとなると気が重いです。
来年号に持ち越しです。

【ハンタ】
構成は神レベルなのに進行速度が…

このノリであと2週とか絶望的です。
2. Posted by こいん   2007年11月26日 22:30
 こんばんはー。

 ゾマリは自分の能力を暢気に解説してないで、白哉もさっさと本気を出していればもっと早く片付いたでしょうね……これでも早く感じることが基本的な遅さを物語っているような気もします。まぁ、慣れましたけど。

 ハンタはゴールデンハンマーと銀河ワームホール航路を使えば1話で片付きますよ。
 HAHAHAHAHA……ハハ……。
3. Posted by nama_k1   2007年11月28日 01:25
こんばんは〜
トラックバックさせていただきました。

・P2!
終了は残念。
もっとキリの良い所で終わらせてもらえないものかと思います。
主人公が誰なんだか・・・
新作は「花子と寓話のテラー」風味が希望ですか?

・SKET DANCE
>騙されるな!!

いやぁ、すっかり騙されてしまいましたよ。
スケット団が実演すれば、興味を惹くことが出来るのではないかと。
でも最初の踊りで、皆 引いてしまいそうですけど。
4. Posted by こいん   2007年11月28日 12:25
 どうも。

 長さはしかたないにしても巻頭カラーの後にいきなり終了するみたいな強引さは感じさせないで綺麗に着地して欲しかったですね。
 次のは江尻先生の「4u」に主人公の主体性と可愛いヒロインが欲しいと思ったらそんな感じだったのですが、ご指摘されてみれば「花子と寓話のテラー」に似てそうですね。

 スケット団の実演はジェネシスよりもスケット団と遊ぶことの方が楽しそうにみえるかもしれませんね。
 しかし、入部したらスケット団は練習に参加してくれないという……。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
フェンリル姉さんと僕 1 (少年チャンピオン・コミックス)
中学生時代を思い出す神話バトル


2018年7月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介