2007年12月06日

週刊少年サンデー1号:新連載最上の命医

最上の命医
 橋口先生の新連載。巻頭カラーがどこかマガジン的だった。
 子供時代から話をもってくるのは焼きたて!!ジャぱんを思い出させる。専門漫画を少年誌でやるための方便としてまずは少年時代の経験を描く手続きが必要と考えているのかもしれない。東のように子供の夢を追い続けている姿を描写するには有効な手だ。かててくわえて小児外科を舞台にすることで一方の主人公を子供にできるわけだ。
 天才児主人公は変わらないにしても、こっちは既存の技術がもっと前面にでてくることになるだろうな。立体把握能力の高さがどう活かされるのか楽しみだ。やっぱり書類やディスプレイばっかり見て生活していると立体把握能力が低下するのかなぁ。無限遠の天球ばっかり見ているのも問題がありそうだ。
 今のところヒロインが出ていないが、橋口先生の絵で15歳未満の病弱美少女が投入されるといいぞ!こーゆー事はもっとどんどんやれ――!!モードに入るね。来たれ、病んデレ。

関連リンク
最上の命医 - Wikipedia
最上の命医 RSSChecker
最上の命医 1 (1) (少年サンデーコミックス)

絶対可憐チルドレン
 合併期に休載とは思いきったことを……4コマの消耗を一挙に解消する機会にしていただきたいなぁ。次の話の準備で忙しそうな気配もするけれど、椎名先生ご自愛ください。
 話のオチで明が嫉妬する側に回っているのが実に微笑ましかった。やっぱり子供を相手にする仕事は大変だ。指揮官まで子供のチームだと特に大変だ。
 緊急事態ではクジラを食べるのも止むなしと思ったけど、あれがどこまで緊急事態だったかは微妙なところ。小鹿一曹と初音の情報格差が判断に現れたともいえる。あのシーンは遠い海から来たCOO(クー)のパロディ?微妙に記憶にひっかかるものを感じた。まぁ、自然のものを自然に帰す行為はよくあることだから、いろいろかぶって感じられるだけかもしれない。

金色のガッシュ
 ブラゴとの最終決戦はすっぱり一話で綺麗に決着。まったく純粋な力比べで異論の唱えようのない勝敗だったといえよう。アンサー・トーカーがどれだけ機能したかはちょっと不透明だったが、この戦いなら100回やっても100回ガッシュが勝ちそうだ。
 地形を利用したりちょっとした策を弄すなら充分にブラゴにも勝算があったと思うのだけど負けた側にも心残りはあるまい。

史上最強の弟子ケンイチ
 着替えのために脱ぎながら走る美羽の姿が隠れてヒット。
 敵を身近にしていつものノリが帰ってきた。岬越寺師匠は常識人にみえて勢いがつくといちばん止めにくい慣性を感じさせるからタチが悪いや。
 どうも美羽のレベルがケンイチと同じくらいになったことが暗に示されて、彼女も本格的に参戦する学園バトルになっていく様子だ。

結界師
 閃の私服がかわいいことを期待してしまった……生きているかぎり私は希望を抱く。
 「襖をあけたら箱田」の流れにはばっさりやられた気分だ。暗い中、ワンセグで声を出して笑ってるって下手な妖怪より怖い生態だな。こういう連中でも忌避されず距離感を掴んで付き合っていける組織だからこそ、みんな集まるんだろうけど。
 良守のチーズケーキ食べてみたい。

あいこら
 う゛〜ん。あまりにシリアスすぎて言葉もない。

GOLDEN★AGE
 選手の実力をみてくれる奴はみてくれている。それが指導者ではなく唯なのが、この漫画の変なところかも。まさか脇役の回想シーンがはじまるとはね……そろそろかもめ中のモヒカンたちが恋しくなってきた。

お茶にごす。
 自分たちの私怨にすればOK。まったく凄い論理だなぁ……。会長との友情は熱かったけれど微妙にモヤモヤしたものが残る。

クロスゲーム
 球場で観戦していたなら顔までは覚えられないか。実際の距離は遠くてもテレビを見ている人の方が顔を覚えていたりするスポーツの不思議。
 だんだん光の印象が蕎麦屋の娘に伝わってきた。学校まで違うのは苦しいと思うけど、青葉の動きしだいかな。

魔王
 見たら殺すって、見られるような戦い方をするなよ!蜂も蝉と同じく一匹狼に近いタイプなのか。昆虫ばっかりの動物園がこの市にせっせと建設されようとしているな。

イフリート〜断罪の炎人〜
 「死ぬ死ぬ詐欺」関連のやるせない話になるのではと戦々恐々としていたのだが、事態は思わぬ展開をみせ?それともやっぱりお金の問題が残ってしまうのかもしれない。
 できるだけ切ない気分を残す優しい話にしてほしいなぁ。

金剛番長
 もうなにがなんだか。巨大坊主がでてきた時点で思考停止ですよ。
 金剛番長に関わった人間は漢になり――全治一ヶ月。この法則があるとしたらかなり厄い。念仏番長は力を振り回しているだけで、部下の制御がまったく行き届いていないようだ。単に宗教の大義名分を与えるだけなら状況は悪化するのにそれでいいのか。
 そのあたりの悩みや問題を指摘してくれるのに期待したい。

マリンハンター
 せっかく同胞に会えたのに…なんで突然退場したりするのでゲソ――!!

ハヤテのごとく!話の155感想はこちら


サンデー感想サイトリンク集

小学館コミックス感想一覧

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【大教典】週刊少年サンデー1号(12/06)  [ ラブ教総本山 ]   2007年12月06日 16:05
ネタバレ必死、週刊少年サンデーです。
2. サンデー1号 橋口たかし先生が新連載vv  [ ビヨビヨ日記帳 ]   2007年12月06日 17:15
サンデーを読みました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)ジャぱんの橋口先生が医療漫画に挑戦されましたvv(12/5 その2)  続き...
3. サンデー(1号)私的雑感。  [ 好事家の世迷言。 ]   2007年12月06日 18:14
今週の『コナン』。サンデー全作品を読んでる読者にしか分からんネタが。 露骨に他作品まぜるな危険。 ---------------------------------------------------------------------- ★覚えた台詞、三番勝負。 1.「武とは湯と同じ。熱し続けねば、また水にかえる。 そしてそ...
4. 風の行方 イフリート〜断罪の炎人〜第48話「命に群がる蟻-1」  [ タカヒナの乱雑日記 ]   2007年12月06日 19:57
2008年01号サンデー掲載分の「イフリート〜断罪の炎人〜」の感想ネタバレ含みます。 源三郎が帰ってこなくて、もう三日。 咎人会の本部に行ってるから、仕方ないみたい。 いろいろ鮮.
5. 週刊少年サンデー1号 漫画個別感想  [ 乱文乱舞ランブル ]   2007年12月06日 23:10
ジャンプは01なのに、サンデーは1号なのね。 今週の感想は ・最上の命医(新連載) ・結界師 ・金色のガッシュ!! ・史上最強の弟子ケンイチ ・ギャンブルッ! ・GOLDEN★AGE ・魔王??.
6. 週刊少年サンデー1号を読んだ  [ マンガ好きの戯れ言 ]   2007年12月07日 01:21
= 最上の命医(原作/入江謙三 作画/橋口たかし)【新連載】 = 「焼きたて!! ジャぱん」の橋口たかし先生の新作です。 医療物です。真面目な作品になりそうです。 誇張表現は・・・ どうかなー 自分を救ってくれた名医を超えたい! 小児科医は減少傾向にあるからね...

この記事へのコメント

1. Posted by nama_k1   2007年12月07日 01:29
こんばんは〜
トラックバックさせていただきました〜

・イフリート〜断罪の炎人〜
>それともやっぱりお金の問題が残ってしまうのかもしれない。

タイトルが「命に群がる蟻」ですからねぇ。戸叶はロクでもない人間なんだろうなと推測しております。
でも、これくらいでは、ユウ達の出番はなさそうですよね。
どう繋げていくのか気になるところです。

・金剛番長
>もうなにがなんだか。巨大坊主がでてきた時点で思考停止ですよ。

同意であります。
彼の住まいはどうなっているのでしょうね?
幾らなんでもやり過ぎだぁ。
2. Posted by こいん   2007年12月07日 12:23
 どうも。

 もしかしたら子供が死んじゃったのすら戸叶に原因があるのかもしれませんね。それなら依頼がでても不思議はないと思います。
 あまりにも黒い話になってしまうのは歓迎できないのですが、続きが気になってしまいます…。

 あれだけ大きくても頭の成長は子供レベルで止まってしまってるんですよね。いろんな意味でもったいないです。
3. Posted by 風車   2007年12月07日 16:38
どうも、お久しぶりです、風車です。

>橋口先生の絵で15歳未満の病弱美少女が投入されるといいぞ!

ここに触発され、かつ激しい同意と期待をしている自分がいます(笑)確かにすごく楽しみです。

記事を拝読しつつ、橋口先生は少年漫画のフィールドで、特殊な命題を購読層の少年達に効果的に見せるための、プロセスというか条件をしっかり把握していらっしゃるのでは、と思いました。コロコロのように更に年齢層の低いであろう雑誌でも描いてきた方ですし。

長文ですみません。それでは。
4. Posted by こいん   2007年12月07日 19:50
 どうも、コメントありがとうございます。

 患者をヒロインにすることの弱点は治療が終了してしまうと出番を与えられなくなることですね。頭の治療の場合は月乃と同じ状態に自然となる恐れもあります。
 それを気にする態度が萌えであることはエウレカで実証されてますが。

 橋口先生は少年意外を主人公にして「少年漫画」をやるのが実に上手だと思います。
 大人のカッコよさを両立させてくれるとなお良いので、この作品には期待したいと思います。
5. Posted by q   2007年12月08日 18:31
>>金剛番長に関わった人間は漢になり――全治一ヶ月。

となると次の犠牲者は最初に出てきた先生!?
6. Posted by こいん   2007年12月08日 21:45
 漢になるのは男ばかりとは限りますまい。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
フェンリル姉さんと僕 1 (少年チャンピオン・コミックス)
中学生時代を思い出す神話バトル


2018年7月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介