吉岡さんが無駄毛を処理する話。

 剃った!吉岡が剃った!と大興奮のシーンは、トイレでじょりじょりと足元に落ちてくる剛毛がとても……これは狙ってやっているな!まったく!桜井先生はまったく!!


 いいか、桜井のりお。通称・パンツののりおはな。チャンピオンを聖書に洗礼を受け、ヤブ大統領が就任するより早く、チャンピオンに右手を置いて変態大統領に育ったんだ。彼女の精神を構成している80%はチャンピオンでできていると言っても過言ではない。
 あらゆる変態を描き続けてきた彼女の最新最強のチャンピオン漫画がこのみつどもえ(変態三重奏の響きがする)幼女漫画だ!!

 さらに担当も変態だから四重奏、編集長も加わって五重奏、トドメは読者全員参加の変態オーケストラだ――ッ!!!


 さて、なんとなく小宇宙を燃やしつくしてしまったが陰腹をいれて続き。
 ふたばとの妖怪キャラ被りをネタにするとは余裕があることで……吉岡ママが普通の眉毛をしていることを考えるとあれは父方の遺伝なのかな?ママが毎日必死に眉毛をじょりじょり剃っていたら激しく萌える。
 吉岡さんのいう「大人」の中にママが含まれるか否か。それが問題だ。

 完全にふたばに陥落している佐藤きゅんと勘違いから暴走しても身持ちは固い恋に恋する少女の組み合わせが初々しくて素敵だった。毒を吹き込む松岡さんは本当に黙ってほしい…。
 完全に杉ちゃん組の一員として顔を出しているみっちゃんの自然さに涙がしたたりそうになる。すっかり馴染んでよかったね。杉崎とお揃いの笑顔がとてつもなく眩しいよ。
 だが、代わりに松岡が外れている……。

 ラストページで吉岡眉毛の再生力の秘密はナノスの血にあり、フリードクンがロリコンであることが判明した。眉毛は強ければ強いほど良い…生半可な剃りでは眉毛真拳の素質は目覚めぬ!!
 あと、アオリから編集がロリコンであることは……前から分かっていたからいいや。

みつどもえ1巻感想
みつどもえ2巻感想
みつどもえ3巻感想
みつどもえ4巻感想