2008年12月27日

将国のアルタイル 18fasil 波頭の狩人蜂

マフムート「ほへ〜素敵な水のお社殿です…」
キュロス「田舎くさいセリフ禁止!」
アビリガ「でっかい威厳ないです」
イスカンダル隊長「ぷぃひぃ〜」

 そんなゴンドラ巡りはあったものの、少々動きに欠ける回だった。アビリガの人生は激動しているのだけど、「本質的に他国人には手を差し伸べない」と言明された直後に急転降下されても同情が追い付かないよ。
 まぁ、黒髪娘に慕われながらも人妻に興味をもつマニアックなキュロちゃんがだんだんと良い相棒に成長してきたことを考えれば、褐色青年にも愛着を抱ける日がくることを期待したい。デザインがどんどんビーキーになっているのは気に掛かるが……あと、ヒロインの不在。いくらマフきゅんが最強のヒロインだからって!!
 いきなり飛びだした追放話に対するマフムートの反応は興味深いが、元サロス人を買い取るほどの資金をもっているか怪しい。何よりもまず自国のことを第一に考える点では、誰よりもヴェネテ人に通じた姿勢をもったキャラクターなんだけどね……。

 ヴェネディックの非常に整った情報網が自慢されていた。しかし、あそこまで公然・整然としたシステムには弱点もある。同胞しか諜報員にできないでいるとコンスタンティノープル的都市に「犬とヴェネテ人は立ち入り禁止」の看板を立てられたとき、一気に情報が得られなくなってしまう。
 戦時や準戦時における柔軟性・強靭性では個人的結びつきに大きく拠り、「諜報員が諜報員を調達する」ザガノス将軍の情報網も捨てたものではない。まぁ、ヴェネディックの場合は軍事だけではなく経済を含めた情報を広く求めているので、目的の違いがシステムの違いに現れているとみることもできた。
 多民族国家ゆえに個人が抱く国家への忠誠心がきわめて高いヴェネディックであっても、ヴェネテ人を耳役にするのではなく、耳役をヴェネテ人にするコースなら諜報員を潜り込ませられるかもしれないし――アビリガにはいないと言われたけれど、あの後スレイマン・ベイが何らかの突破口を見つけた可能性はある。
 いちおう連絡の手段は試してみたほうがいいよ。


 架空世界を創り上げるときに宗教が大きな問題になってくる。その点、将国のアルタイルはヴェネディックの都市構成にみられるように、一見地球史に酷似したものに世界独自のものを織り交ぜて説明するから上手い。見方によってはルメリアナ大戦は五首信仰と赤蛇教団の宗教戦争でもあるのではないか。
 五首信仰ごとに町がわかれると、その間で派閥抗争になりそうなものだけど、それ以上に寄る辺なき身の連帯感が強いのだろう。彼らを滅ぼすには生産性のある土地を与えて、かつてのカルタゴのように交易派と農業派に分裂させてしまうのが一番だ。

 アビリガはサロス出身とのことだが、以前出てきたサロス王家に連なると思しきライアン・ロゥ提督(副官も)は肌が白かった。もしかしたら、今のサロスはヴァンダル王国状態にあるのか?「北方から侵入した騎馬民族」とやら(ぶっちゃけフン族)に押し出された蛮族が央海を西から渡って政権を樹立したのがサロス王国なのかもしれない。
 わずかな情報からいろいろと連想できてあいかわらず面白いなぁ。

 さて、ヴェニスの商人に追い詰められたアビやんはどうなってしまうのだろう。まったく、船団長を慕うなら、借金を背負ったままにしておくことで、通常の信頼に「借金があるから裏切れない信頼」を重ねて享受することができたってのに、若いんだから。
 紆余曲折のすえにマフムートと行動を共にすることになるのなら、キュロスに続いてどんどんとパーティーが多国籍化していくことになる。将来犬鷲の将軍が一軍を率いるときに、豊富な幕僚のおかげであらゆる戦地に対応できることが売りになるかもしれない。
 少なくとも人材豊富なら軍の規模を拡大するのに便利だし、複数の将軍を使うと指揮系統に問題が生じることから考えてもここで上手く立ちまわればトルキエ軍の別動隊を任せられるところまで行くのではないか。いや、行ってもらわねば!!

将国のアルタイル 17fasil 海の都 感想
将国のアルタイル 19fasil 至誠の仮面劇 感想
将国のアルタイル1巻感想
将国のアルタイル2巻感想
将国のアルタイル3巻感想

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
魔王城でおやすみ 5 (少年サンデーコミックス)
カッコイイ構図に見せかけて……


2017年10月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介