2009年02月26日

みつどもえ132卵生「木曜の相談」

 先週の暴挙を二倍三倍にしてしっぺ返しされたような、ひとはの受難回。よりにもよって松岡さんに関わり、ミコヤン×グレヴィッチさんに捕獲されるとは彼女もついていない。
 しかし、ひとはたんは私に恋していたはず、おかしいなぁ?
 吉岡脳内ではかなり大変な恋をしているらしいが、年の差はともかく性別って……眉毛の向こうにはいったいどんな魔次元が展開されているのか?
 むしろひとははチクビに対して種族の壁を超えた想いを抱いている気がするが、吉岡EYEにはそーゆーのに限って見えていないのだろう。全然ピントがあっていない。やっぱり眉毛に第三、第四の本当の目があるに違いないでゲソ!!

 そして、誤解のとけた宮下と吉岡が「キャッキャウフフ」しているのに激しい戦慄が走ってしまう。もしかしてこの二人、一方通行な杉崎・みつば関係よりもガチ?
 ここまで狂ってくると、やはりチーム杉崎も松岡を同化できるほどの集団であったと再評価せざるをえない……オカルト大好きおかしな子は「流行を先取り」しすぎただけだったのだ。みく的には屈辱!
 ふたり揃えば三女得意の「スィー」スキルでも離脱できないとかタチが悪くなってるなぁ。まぁ、ひとりでも松岡咲子からはスィーできないんだけど……。
「知ってたか三女。恋愛話からは逃げられない」

 いちいちランドセルを背負って自分が小学生であることを強調する宮下が鬱陶しかった。はいはい。
 比べてランドセルが似合いすぎるほど似合っている三女はやっぱり天使だよ!!それなのに一生恋なんてせずに、いきなり変態道に走るなんて踏み外したときに危険すぎる――人の道を踏み外すことは前提で語れるのが、みつどもえの恐ろしいところ……。

みつどもえ131卵生「もももも吐息」感想
みつどもえ133卵生「燃焼ボール」感想
みつどもえ1巻感想

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. [みつどもえ]みつどもえ132卵性「木曜の相談」  [ Mesanの誤爆日記 ]   2009年03月01日 02:21
 某所の感想記事に、吉岡の眉毛は第3、第4の目だというネタが書いてあったので、何気なく吉岡の第1、第2の目を指で隠してみたところ、目を黒で塗りつぶしたデフォルメふたばっぽく見えました。吉岡はふたばの皮をかぶっているようだ・・・。  宮下は松岡に吉岡を盗られ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し

ノスタルジックな近未来SFコメディ

Recent Comments
スポンサードリンク

profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介