2009年03月22日

ルメリアナ大陸人を海へ飛び込ませるための謀略

 ある船に火災が発生した。呉越同舟となったゴルドバルト11世は、乗客をスムーズに海へ飛び込ませるために、

ヴェネディック人には 「同胞のために飛び込むべきだ」
ポイニキア人には 「海に飛び込むのは誇り高い行為だ」
バルトライン人には 「飛べ」
トルキエ人には 「トルキエ人が泳げるわけがない」と挑発した。実際泳げなかった。
ザガノス将軍には 「真の策士なら溺れないだろう」
フローレンス人には 「芸術品が流されてしまった、今追えば間に合う」
レレデリク公爵には 「海に飛び込むなよ」
グララット副官には 「レレデリクはもう飛び込んだぞ」
エルルバルデスの山岳民には 「貴重なタンパク源が泳いでいるぞ」
ラインとバルトの被支配民には 「今が亡命のチャンスだ。逃がしてやらねーけどな!!」
犬鷲のマフムートには 「飛び込んだら不可侵条約を前向きに検討してやる」と伝えた。「ただし全裸で」と付け加えるのも忘れなかった。

小姓きゅん「陛下!まだルイ大臣が残っていますが!」
ゴルドバルト11世「ほうっておけ。」
小姓きゅん「なぜですか!」
ゴルドバルト11世「あの地図バカが火元だ。紙とペンの摩擦熱で発火したのだ。地図で火葬されるなら奴も本望だろう」
 そううそぶいて身をひるがえす。

将国のアルタイル1巻感想
将国のアルタイル2巻感想
将国のアルタイル3巻感想

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
魔王城でおやすみ 5 (少年サンデーコミックス)
カッコイイ構図に見せかけて……


2017年10月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介