2009年05月17日

ミコノス編ヒナギク論争に思うこと

 ほうぼうで賑やかになっているヒナギクの話題にズレた発言。執事とらのあな編のシスターや下田編のマヤの不評、ロイヤルガーデンの終盤でアーたんに厳しい感想を書いてしまった自分の経験に照らし合わせれば、その根底に「戦犯」的なものを勘ぐってしまったりする。
 ぐだくだでつまらない長編の責任を特定のキャラに集中させることで、作品全体を嫌いになってしまうことを避ける心理がバッシングをまねくのではないか。
 おそらくヒナギクは優遇されるのと平行してスケープゴートにされてもいる……人気が飛びぬけているから凌げるという目測があったのかもしれないけれど、人気があるだけ火種も大きくなりやすいのだった。

 ただ、シスターやマヤ、アテネとヒナギクが異なるのは前者らが、その長編を代表する存在だったのに対して、生徒会長は別にミコノス編を代表する存在というわけではないこと。
 この辺はやはりミコノス編における主軸=アーたん?の長き不在とヒナギクの性質も影響を及ぼしているのだと思う。下田編中の温泉卓球は今回のビーチバレーに似ているが、不評を聞いた覚えはない。

 ともかく彼女は動かすのに莫大なコストが掛かる。「恋する乙女」の一言でケリがつく歩・ナギや「ナギのため」で動機付けできるマリア(はラブコメなら高コストなメインヒロインだけど)らと違って、ヒナギクは元々ハヤテのごとく!のために準備されていたキャラクターでないせいもあるのか、煩雑な段取りを踏まないとなかなか動いてくれない。
 それを回避するためにも彼女に必要だと私が思っている(肉体的ではなく精神的な)成長など夢のまた夢。ハーレム主人公としてハヤテが自由に動けなくなっているならば、彼女を中心とした世界を展開して雪路や薫辺りに何とかしてもらうしかないのだが……要する話数を想像すれば、サブヒロインの分を守るかぎり不可能に思える。
 サブヒロインらしくスムーズに動けるようになるために、主人公級のエピソードをくぐり抜ける必要があるとしたら、いやはや何とも悩ましい。
 それでもあえて強行した方が毎回じわじわと話を引き延ばすよりも効率的な結果になるかもしれない。が、完璧設定に自縛され、無謬性を守るために他のキャラクターにあおりを与えまくっている現状からは、どうにもその気が感じられない。
 私に言わせればキャラクターとして欠点があることは問題ではない。ナギなど可愛さ以外にはほとんど欠点しかない――執事漫画なら主人としての美点もあったけど。本人も自覚する欠点がありながら、周囲やストーリーにはあくまでも完璧として遇され、改善の兆しもあまりないことが本当の問題なのだ。
 それが余計に進展のなさを意識させてしまうのではなかろうか。

 そもそも「一話完結」の何気ない話の流れを踏襲するのならば、ビーチバレーがここまであれこれ意見されるいわれはないはず。
 しかし「ミコノスで何かがある」より大局的にいえば「物語は時間に沿って進む」と煽ってきたのは畑先生(とハヤテブロガー)なのだから、ここでも自縄自縛が起こっている。まぁ、ジャンルが飽和しベテランの壁を超えるのが難しい現状では「設定の魅力」に戦場を求めるのは――ジャンプでは自爆者が絶えないけど、おそらくサンデーは4大少年誌で最もこの戦術に向く土壌だ――新人として頷ける狙いなわけで……斬新な執事漫画として稼いだ余裕をBSや特典描き下ろしで費やしたのか、咲夜誕生日編と比べてもミコノス編が「あまり成長していない…」と思わせてしまうことが初期設定以上の問題なのかもしれない。
 そして、同時に畑先生のBS等の活動がなければ今の人気は得られなかったことが透けて見えてしまうのが苦しい。一体どうすれば正解なんだろう、今でも恐ろしく成功しているのに――。けっきょく私には、週刊連載はギリギリの資源をもちいた綱渡りなんだなぁ、と今更ながらに感じることしかできない。

まとめ記事へのリンク
ハヤテのごとく!で必要なのは作者と読者のすれ違いを減らすことか?! - タカヒナの日常境界線
いろいろなまとめ - 明日はきっと。

ハヤテのごとく!の目次へ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Task   2009年11月17日 02:46
4  個人的にも作者の技量に限界が気がします。
2. Posted by 東奔西走   2009年11月18日 21:47
4  通りすがりのコメンターです。よろしくどうぞ。

 ヒナギクの大ファンですが、このビーチバレーの展開は確かに宜しくなかった。まともに読んでられない。
 ヒナギクほどよくできた賢い子が、あんな思い込みをするなんで考えられない、納得できない。親友西沢さんの的確なアドバイス(ハヤテの好みの傾向とか)は何処行った。

 1話ぐらい省けた。どうせアニメじゃ1話なんだから。ついで(でもないか)に言うとギルバートも要らん。馬鹿すぎて鬱陶しいことこの上ない、本当に出る漫画を間違えている。ハヤテにボコボコにされる最初の3ページだけで出番十分じゃね?

 畑先生は、キャラクターや話の全体を作るのはともかく、そこに行き着くまでの展開というか「経過」を作ることが苦手なのかもしれません。例えば、ヒナ祭り祭りのハヤテとヒナギクという図式や結末は宜しいが…その経過における人形師の悪霊の話とかに関しては、読者にマリアのような反応をされてしまっても仕方ない。少なくとも他の漫画じゃあんなおかしな設定は通用しない。
3. Posted by こいん   2009年11月22日 15:36
>Taskさん
 新人なので実力不足はしかたない面もあると思いますが、自分から好んで突入した路線でそれを露呈するというのが辛いですね。

>東奔西走さん
 どうもよろしくお願いします。
 ムダムダと言いまくって計量化していくと残る芯がなかったというオチになってしまいそうですが、ただ冗長と感じさせる結果になっているのはマズイでしょうね。
 いつもギャグ路線が混ぜられていて頭がいいはずのキャラクターでもそういうときは引きずられざるをえないのも問題になっている気がします。
 だからといって正統路線で描き抜ける力量があるかといえば疑問ですが。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
フェンリル姉さんと僕 1 (少年チャンピオン・コミックス)
中学生時代を思い出す神話バトル


2018年7月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介