2009年06月15日

ぬらりひょんの孫 第六十二幕 囚われの姫君

 泥で口をすすぐひまもなく死ぬ…。
 羽衣狐の口から肝を吸う能力は本当におぞましいわっ!!末期に妖によって引きずり出された自分のハラワタの味を口いっぱいに広げながら死ぬとか、イヤすぎる……そのやりくちの酷さに妙な魅力を覚えてしまうのも事実ではあった。
 羽衣狐派の妖怪をひっぱっている「おそれ」の姿がおぼろげながらにみえてきた感じだ。しかし、アレに女性的魅力で魅かれている可能性だけは考慮できない……。なんかちょっともったいないが、魅力的になられすぎても後で困るか。妲己の域までいかれてもねぇ。

 淀殿に集められたのは珱姫の他に宮子姫、予知能力を持つ姫、そして苔姫!?涙が真珠になる能力は苔とは縁がなさそうだけど、商売繁盛の神だからそっちで繋がれるか?つくづくロクデナシに目を付けられてしまうキャラである。
 特別な力をもった――と言っても髪長姫だけは単なる外見的特徴だが――彼女たちにも護衛がついていたと思うのだが、まさか花開院家は一夜で四連敗とかしていまいな?周囲の妖怪が口にしていた「今日は四人か…」の発言を考えれば連日連夜の大連敗さえ考えられる。
 もぅ、ハゲ!ハゲぇぇええッ!!
 ここまで事態が進行すると事情通は逆に関西から脱出しそう。こうして京都周辺には美女がいなくなり、スケコマシのじっちゃんや狸刑部は活動の舞台を移したのでした、どっとはらい。

 最後はあまり間に合った気がしないタイミングで――他の姫二人の死が凄惨過ぎた。あと、名前の同定できそうな武将まで斬首されているし――総大将が単騎斬り込みに成功。しかし、ぬらりひょんである彼の接近に気付いて邪魔をした妖が何匹も……ロザリオは含まれていないのにこの陣容の厚さは激しいバトルを期待させる。
 珱姫がみえているのは見慣れたせいかなぁ。何となくカナちゃんっぽい。さらに奴良組の増援をえて次週は狭い部屋での大激突!?奴良組がここまで何事もなく接近できたことを考えると、羽衣狐派妖怪の大多数は室内にいそうだ。戦闘中に後ろから攻撃される展開はあまり心配しなくてもよいはず。


ぬらりひょんの孫 第六十一幕 ある妖の求婚 感想
ぬらりひょんの孫 第六十三幕 獣道 感想
ぬらりひょんの孫1巻感想

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 今週のぬらりひょんの孫 その参拾八  [ 星の海へ行こう! ]   2009年06月15日 22:42
 ぬら孫でキスシーン解禁!  え?でも効果音がおかしいじゃないかって??  当然です。  内臓喰われているシーンなんですか??.
2. ぬらりひょんの孫 第六十二幕 「囚われの姫君」  [ どこまでも高みへ ]   2009年06月20日 21:38
おばあちゃんが可愛すぎて生きてるのがつらい。 久しぶりに「ぬらりひょんの孫」を更新。 最近の流れからこのセリフでレビュー開始と決めの..

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
魔王城でおやすみ 5 (少年サンデーコミックス)
カッコイイ構図に見せかけて……


2017年10月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介