2009年09月05日

雪の峠/剣の舞 岩明均歴史作品集

 ひとしと打ったら人死と変換された……血でべっとりしてる!!私が。

雪の峠
 おっきな徳川さんちのご近所でたくましく生きていく佐竹さんちの家庭環境を描いたほのぼの、に見せかけてやっぱりべっとりしている作品。佐竹義宣の端正な顔に恐怖を覚えるようになること確実の「戦」の話なのだった。
 ときとして対外戦争より内戦の方が凄惨なわけだが、幕府による国替えが頻繁に行われたこの時代、藩の数だけ水面下ではこんな戦いが繰り広げられていたのかと思うと……しかし、峠の向こう側には戻れない。
 ならば人質の子供を斬ってでもけじめをつけるしかないのである。謙信の表情を描かずにおいたところが印象的だった。アナウンサーや佐竹義宣の無表情に気持ちを投影してみてしまう効果があるように“どんがら”の謙信にもっとも怖い顔をイメージしてしまう。表紙にいたっては悪夢のようだ。
 家康と本多佐渡守のやりとりに萌えた。やっぱり天下を治める家は違うぜ――と対比的に思わせて既に処分が済んでいるだけ。あとがきによれば本多さん本人も苦労しているようだ。
 「なぜか」女中の娘に手を出さない渋江内膳による「現在の秋田市」の都市計画が古代地中海世界のローマとオスティア、アテネとピレウスの関係を思わせたところが興味深い。もしも再び戦国の時代が訪れたなら窪田と土崎湊は城壁で結ばれたことであろう。並行世界の秋田市である。

剣の舞
 武田軍の武士たちに嬲りものにされ家族を皆殺しにされた元村娘ハルナの復讐劇。この構えは良し。
 岩明先生の絵柄には無拍子の攻撃が合うなぁ――と、ひたすら好意的に評価してみる。活かせる方向に使う姿勢こそ見事を讃えるべきか。あと、美少女剣士の題材だけを言葉で斬りだしてみれば物凄くキャッチーだったりする。
 ハルナの「遊び相手」となった疋田文五郎が彼に負けず劣らず化け物である師匠と兄弟子の死にショックを受けているかと思ったら二人ともちゃっかり生還していたのには吹いた。この連中、どうやったら死ぬんだよ!
 気の抜けた顔でハルナを指導している姿をすりこまれていただけに、文五郎の殺気に満ちた表情は破壊力が高い。あれをハルナが見たら何を思っただろうか…。

雪の峠・剣の舞 (アフタヌーンKCデラックス)
雪の峠・剣の舞 (アフタヌーンKCデラックス)
Edit こいん │Comments(0)TrackBack(0)漫画 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
将国のアルタイル(20) (シリウスコミックス)
非戦だったマフくんが屍の上に立つようになってしまったか……


2017年12月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介