2009年09月12日

ビルヒリオ・ルイ大臣の檄文

 バルトライン帝国大臣ビルヒリオ・ルイ出不精髭
 反野外教練運動を出発点に異端的教団シンパとなり、中世どきに大臣として二年間部屋に閉じこもり、現在に至るも反外出大戦略家。
 では続いて、ビルヒリオ・ルイ大臣の檄文です。

 有力諸侯諸君、私がビルヒリオ・ルイである。
 諸君、この大陸は最悪だ。
 政治的均衡だとかルネッサンスだとか、私はそんな事には一切興味が無い。
 あれこれ折衝して問題が解決するような、もはやそんな甘っちょろい段階にはない。
 こんな大陸はもう統一するしかないんだ、邪魔な国は全て滅ぼせ。

 私には、建設的な提案なんかひとつも無い。
 今はただ、マッピング&マッピング。すべてを地図に描くことだ。
 諸君、私は諸君を軽蔑している。
 このくだらない大陸を、そのシステムを、生かしてきたのは諸君に他ならないからだ。
 正確に言えば、諸君の中のハト派は私の敵だ。
 私は諸君の中のタカ派に呼びかけている。

 タカ派の諸君、今こそ団結し立ち上がらなければならない。
 周辺諸国はやりたい放題だ。我々バルトライン帝国がいよいよもいって生きにくい政治的状況が築かれようとしている。
 タカ派の諸君、圧迫外交で何かが変わると思ったら大間違いだ。所詮圧迫外交なんかハト派の個人資産集めに過ぎない。我々タカ派にとって圧迫外交ほど馬鹿馬鹿しいものはない。
 口先で戦えば、ヴェネディック人が勝つに決まってるじゃないか。


 じゃあどうして帝国大臣をしてるのか。
 その話は、長くなるから私の部屋の地図を見てくれ。地図は一日一枚以上描くから、すべて見逃さないように。
 私は、この大陸の、我が国に対する疎外にもう我慢ならない。
 タカ派の諸君、周辺諸国を説得することなど出来ない。

 奴等周辺諸国は我々バルトライン帝国の言葉に耳を傾ける事は無い。
 奴等周辺諸国が雰囲気を支配する、こんなくだらない大陸はもはや滅ぼす以外に無い。
 外交なんていくらやったって無駄だ。
 今進められている様々な外交は、どうせ全部すべてバルトライン帝国包囲のための外交じゃないか。
 我々バルトライン帝国はそんなものに期待しないし、勿論協力もしない。
 我々バルトライン帝国はもうこんな大陸に何も望まない。
 我々バルトライン帝国に残された選択肢はただ一つ、こんな大陸はもう滅ぼすことだ。
 ぶっちゃけて言えば、もはや世界征服しかない。
 タカ派の諸君、これを機会に世界征服の恐ろしい陰謀を共に進めていこうではないか。

 地図に連絡先が書いてあるから帝国議会中に回し手紙しても、終わってからでも構わない。
 私に一枚地図をくれ。
 もちろん測量記述のない画家の素描や、バルトライン帝国以外の地図でも構わない。
 我々タカ派には地図なんかもともと絶対必要なんだから。


 最後に、一応言っておく。
 私が世界征服したら、奴等はビビる。
 私もビビる。
 ビルヒリオ・ルイに悪意の指揮権を、ビルヒリオ・ルイにやけっぱちの一兵を、じゃなきゃ戦争なんか行くな。
 どうせ外交じゃ何も変わらないんだよ。


 引き篭もり、ビルヒリオ・ルイ大臣の檄文でした(実際は外交工作しまくりだけど、これくらいは演技でいけしゃあしゃあと言ってのけそう)。

将国のアルタイル1巻感想
将国のアルタイル2巻感想
将国のアルタイル3巻感想
将国のアルタイル4巻感想
将国のアルタイル5巻感想
Edit こいん │Comments(0)TrackBack(0)漫画 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
将国のアルタイル(20) (シリウスコミックス)
非戦だったマフくんが屍の上に立つようになってしまったか……


2017年12月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介