2009年09月24日

まじもじるるも4巻 子悪魔女ハルリリ登場

 やっぱり小さな女の子はかわいい。

 至って自然な感覚を再確認させてくれる漫画である。まず、るるもが可愛い。妹ポジションに収まった無口な魔女というより武士の精神をもつ少女の小ささには魔法がいっぱい詰まっている。中身が同じなら器が小さい方が上等にみえるマジック!!
 そして、初登場した女子分補給の子魔女ハルリリも可愛い。本当に悪魔的で活発な可愛さを誇る彼女は、るるもとは対称的で補いあう可愛さをみせてくれていた。小さな体にツインテールが大きく動くのが可愛い。身体が小さいと手足の比率から動作が大きくなって可愛い。
 チロは露出狂かわいい、下村雅子は引っ込み思案かわいい、そして猪子たんは……猪子たん!小学生と本気で互角の争いをしてしまう柴木って――と思いつつ、小さな姉さん女房的で可愛かった。
 まぁ、彼女の本命は一筆描きできそうな顔をした柴木弟なんだけど。

 ……兄と弟、なぜ差が付いたか…慢心、環境の違い。
 柴木だって、るるもが評価しているように根は優しいのになぁ。彼にだって弟に近いキャラだった時代があったはず。周囲の人間が反応を少し違えたことが、回り回ってあんなに大きな差になってしまった気がしてならない。怖い。
 もらえた、またはもらえそうだったチョコの数は4対3(一人二個を数えれば4)で伯仲しているんだけどね――。


 収録されている話はオチが全体的に弱いというか、鼻から息の抜けるものになっていた印象がある。物凄く激しい感情の起伏を見せるキャラクターが目立つ作品だから、あのオチで巧く気圧を緩めているのかもしれない。
 雑誌で一話だけ読む時はともかく、連続で読む場合は程良い合の手に思えた。

まじもじるるも1巻感想
まじもじるるも2巻感想
まじもじるるも3巻感想
まじもじるるも5巻感想

まじもじるるも 4 (シリウスコミックス)
まじもじるるも 4 (シリウスコミックス)
Edit こいん │Comments(0)TrackBack(1)漫画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「ヘンタイ柴木 今日も エロいぞ いい笑顔」 まじもじ るるも 4 渡辺航  [ 謎の男の小説感想部屋 ]   2009年09月29日 22:50
根は優しくてすごくバカ。エロス探して東奔西走、パンチラ見つけてごっつぁんです。 ヘンタイシバキが阿呆な願いで命を減らす「まじもじる??.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
Recent Comments
スポンサードリンク

profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介