チーム杉崎とつくる壁新聞。もちろん、松岡咲子も仲魔に入っているよ!今後ともヨロシクっ。
 彼女が心霊写真と主張するものは9枚組で――宮下に「めんどくせぇ」なんて言われたら化けて出るしかないな。まぁしかし、面倒くさい霊であることには同意する。別に同じ場所で写っているわけでもなく、本当に霊がいるとしたら松岡のカメラの中なのだが――そんな話をしてやったら、抱き枕にして寝てしまう。

 文字ネタは――「あんこが」「皮が」なんて話題がでるってことは食べ物やのルポか――誰が提案したのか分かりやす過ぎる。サトウ好きなんて服で主張したら、妹とのあいだに闘争が勃発してしまうぞ。
 そして、インクが切れたマジックペンを補充するために杉崎が出したお金ははらりと落ちて、かるたでみんなの手が重なってしまったコックリさん状態になる。
 体勢の問題もあるが、ひとりだけ足で確保しにいっているところが長女らしい。酷いセリフの端々も実に彼女らしい。でも、杉崎に対する発言の数々が、嫌いだから酷いことをいうのではなく、心置きなく思ったことを言えるにシフトしている気がしてならなかった。ニヨニヨ〜。

 しかし、足で踏んでいたせいで太ももに足の裏をつけることにもなった。素晴らしい柔軟さだ、それでも離さないところに凄まじい食い意地を感じる。
 みくの顔面を踏んでいるときのセリフは「ぁはッ」であってほしかった。金屋たん的に――それにしても大したシンクロだ。

 コックリさんごっこに持っていくのと、ふともものシーンでパンツが見えないのは強引だったけれど――あと、パンツが見えまくっているのに、みくが手をカメラに移動させないことも――その結果、壁新聞にチーム杉崎の手や足が擦りつけられまくったと考えると!!?
 ……やはりエロスがいちばんですね。

みつどもえ173卵生「一緒にトレーニング」感想
みつどもえ175卵生「間接フレーズ」感想
みつどもえ1巻感想