はみどるに続いてのお花見ネタ。いっそコラボしてほしかったかも。壁さんのみっともなさと比較してしまったせいか、ちょっとネタが弱いと感じた。
 袋をさげたひとはたんは本当に美少女。三姉妹に花粉症はいな……あれ?ふたばは花粉症じゃなかったか?いい薬をもらったのかもしれないな。私の花粉症は病院で薬をもらったら、かなり治まった。

 麻里奈の嫌がらせのような策略で、三姉妹のお花見ゾーンはゴミ溜めに……後片付けどうするんだろ。杉崎家の財力で業者を呼ぶのかな。
 ひとはの賞味危険物プレゼントを思い出し、仕返しかと思った。もしも龍太とひとはがくっついたら、彼女たちは嫁姑の関係になってしまうわけだ――胸が熱くなるな。
 雌豚を膝に乗せて悦んでいる麻里奈の口の中がハート……みっちゃんの照れた顔が可愛い。なんだかんだ言いながら母性に飢えてるなぁ。

 龍太は幼い利点を活かして、ひとはの膝に乗りたがるなど、やりたい放題だ!蹴りを入れられたのさえ羨ましい。蹴って!ひとはちゃんもっと蹴って!
 それにしても龍太は家族をさしおいて他所の娘さんの膝に乗るなよ……みくちゃんが拗ねるぞ。まぁ、みつばを誘った麻里奈から間違いは始まっているわけだが。
 ふたばとみくがベタベタしそうな気配が良かった。
 おっぱいが期待できないなら、逆にみくちゃんを膝に乗せて、将来への投資をすればいいじゃない!

 用意された料理は意地でも平らげる長女はガチで男前だった。後は食べた分、運動をしてくれればなぁ。
 ひとはのキャラ弁当でみつばの眼が力士的に細い点は突っ込んだら負けなのだろう。結果的に、その通りの顔になったけれど。

みつどもえ225卵生「みつばナンバーワン!!」感想
みつどもえ1巻感想
秋田書店コミックス感想記事一覧