2011年09月26日

これはゾンビですか?〜はい、アナタの嫁です2巻 お前の嫁だろ、早くなんとかしろよ

 と言いたくなる事態は、安心と信頼のハルナちゃんを除いて意外と少なく、異常に安定しておもしろかった。ある意味バトルよりもカオスな日常編を集めてまとめたものが、こんなに馴染むなんて!
 長谷見亮先生は名料理人だなっ!!

 実際、原作のアレンジやオリジナル(単行本未収録なだけかもしれない)も、巧い方向のものばかりで、文句のつけようがなかった――日常編と銘打った番外的な作品に文句を付けるのは大人げないという心理も多少はあるかも。
 とりあえず百人一首大会が最初からダブルスになっているのは、平松によるトモノリの遠隔操縦よりも無理がない(サラスは何故か独りで戦っている……)。というか、原作やアニメの方に無理がありすぎた。
 それでも「まぁ、これゾンだから〜」の一存で目こぼししていた記憶がある。変態原作者の木村大先生め……美味しいポジションにつけやがって、チッ!

 一方でカルタ取りで示された歩の凄さをギャラリーが「まるでゾンビみたい!」と褒めているのは、ナイスなツッコミどころだった。「ゾンビみたいにカルタを取る」と聞いて、その人物が強いとイメージできるわけがナイナイ。
 小ネタでいえば「ひざが曲がらなくなる呪い」にも笑った。セラの中の人ネタはやめるんだーっ!
 ダンスの練習で転んだトモノリが散々怒られているのを尻目に、ユーがまったく踊っていなかったことに気付いたときも、堪らなかったなぁ。なんなんだ、あのテンション……。
 でも、一番のギャグは原作者と漫画家が揃ってあとがきで変態性を炸裂させていたことだ。公式がさらりと「変態原作者の木村大先生」なんて発言をするとは……。まぁ、言った本人も「変態漫画家の長谷見先生」だとあとがきで判明しているから、敬意に満ちた呼び掛けだと理解できるけどさ――変態は褒め言葉(キリッ)!


 さて、おっぱいもとい乳房ことトモノリはさいきん原作でもプッシュされる傾向にあるが、嫁ゾンでは友紀に並んでサラスも元気だ。なんとも珍しいことにクソダーリンと二人っきりでザギン?にシースーに行く幸運にめぐまれている。
 バユムめ、ハルナと二人っきりでゲーセンに行くのを鈍感に断ったゾンビとは思えないぜ!ハルナたちは告白をしていないし、トモノリは掟が正面に出すぎているのに比べて、淀んだ純情で思いの丈をぶちまけているサラスだからこそ配慮してもらえる面はあるらしい(読み返したら女心よりも懐具合に配慮したニュアンスだった。しょせんバユムか……)。
 ハルナとユーも病気の話で最高だったし、みんなイイ子で素敵だから、みんな幸せになってほしくなる。歩、お前の嫁たちだろ、絶対なんとかしろよ。
 いやー、3巻も楽しみだ。

これはゾンビですか?〜はい、アナタの嫁です1巻感想
これはゾンビですか?〜はい、アナタの嫁です3巻感想
木村心一作品感想記事一覧

これはゾンビですか? はい、アナタの嫁です (2) (角川コミックス・エース 322-2)
これはゾンビですか? はい、アナタの嫁です (2) (角川コミックス・エース 322-2)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
あつまれ!ふしぎ研究部(1): 少年チャンピオン・コミックス
ちょっとえっちな安部真弘最新作


2017年4月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介