2011年11月05日

宮城谷昌光「華栄の丘」に描かれた「スイ水の戦い」を戦況図化してみた

 懲りずに宮城谷昌光先生が「華栄の丘」で描いた戦闘を戦況図化。作品を楽しむときの一助としてほしい。戦いの名前は本文中に記載がなかったので仮のものである。


戦略状況

 楚の荘王の5年(紀元前609年)秋、鳴いて飛び立った楚の荘王は悪臣の粛清から1年をおいて北伐を開始した。楚の大軍はまず陳を驚かせ、続いて宋の領内を行軍する。
 陳や宋の盟主である晋は密かに楚と結んでいる鄭を攻めることで間接的に同盟国を助けようと、鄭と宋の間にあるヒ林に同盟軍の集結を図った。晋軍に合流するため宋の君主、文公が率いる1万の軍勢は首都商丘を発して、スイ水を楚軍への盾にするように西行。また、主君の側面を守る目的で1日半遅れて司城の公孫師が5千の兵を率いてスイ水の南岸を進んだ。
 一方、楚軍はスイ水の北に宋の軍勢があることを予知し、司馬の子越(闘椒)を急襲に向かわせた。荘王に1万の軍を与えられた子越は敵が1万の軍勢と聞き、自尊心から5千の軍勢のみを率いて急速に北上する。
 彼が宋軍本隊の後背に回りこもうとした結果、遅れて南岸を進んできた宋軍別働隊と早朝に遭遇することになった。旗から互いを敵と認識した両軍は戦闘態勢に移行する。


兵力と布陣

・宋軍
 総兵力:5千(一師)。スイ水の対岸を1万の本隊が先行中。
 総司令官:公孫師

・楚軍
 総兵力:5千(一師)。南方に楚の本隊あり。
 総司令官:子越(闘椒)

スイ水の戦い布陣
図1.両軍の布陣推定図(宋軍は展開中)


作戦意図

 不期遭遇戦である。臨機応変に戦い、状況を切り抜けること。


戦闘経過

スイ水の戦い展開
図2.スイ水の戦いの展開


 動揺の鎮まらない公孫師は陣形を整えることに専念する。対して猛将である子越は積極的に速戦を決断。宋軍の先陣は布陣が整わないうちに攻撃を受け、大破されてしまう(図2の1)。対岸の文公に危急を告げる伝令を送った公孫師は中堅に保持した兵車の機動部隊を右翼から旋回させて、楚軍の左翼を撃破せんとした(図2の2)。だが、勢いに乗る敵に圧され兵車部隊は右翼を支えるのが精一杯である。
 形勢有利とみた子越は中軍の戦車部隊を率いて突撃。敵の左翼を壊滅させると、勢いのまま中堅に襲い掛かった(図2の3)。限界に達した宋軍は主力軍の庇護を求めてスイ水を渡ろうと北へ敗走を始める(図2の4)。
 楚軍の追撃を川岸に受けて、宋軍に大量の死傷者がでる。


結果

 楚軍は宋軍の大半を殺すか捕らえ、兵車五百乗にのぼる戦利品をえた。公孫師はほうほうの体で商丘に帰還する。
 宋軍主力への奇襲を諦めた楚軍は、スイ水を渡らず楚軍本隊を求めて南方へ移動した。


考察

・楚軍の兵力
 子越は傲慢ゆえに予想される敵の半数である5千の兵を願ったように描写されているが、展開からは軍勢をスリム化することによって宋軍の想像を絶する行軍速度を得たようにも見受けられる。
 たとえ彼が1万の兵を率いていても緩慢な動きをしていれば、奇襲作戦自体は予想していた別働隊に手間取っている間に、川を渡ってくる宋の主力軍に挟撃を受け、敗北に追い込まれていたかもしれない。
 もっとも、そこまで考えての行動ではないので、子越に対する過大な評価は不要である。褒めるべきは果断によって戦いの主導権を握ったことだ。

・持ち札の枚数
 同数同士で行われたこの戦いでは、予備兵力の存在が勝敗を決した。先手を打って敵の先陣を壊滅させた楚軍には1軍分のアドバンテージが生まれ、さらに宋軍の決戦兵力である中堅の戦車部隊を左翼が単独で受け止めたことで優位は確定的となった。
 子越は敵が新手に対応する余力を無くしたタイミングで中軍を投入し、理想的な勝利を手に入れた。

・背水の陣
 宋軍の体勢は孫子が戒める水を背負ったものになってしまった。一日半遅れて出発した彼らの感覚では水に右側面を委ねながら、渡河して本隊を攻撃しようとする楚軍の側面を衝くつもりだったのであろう。だが現実には子越が行った戦術機動のせいで、公孫師軍の方が側面に敵の攻撃を受け、側面ではなく背後が川になった。不運という他ない。

・戦略目的の達成
 公孫師軍は壊滅的な打撃を受けたが、自らを盾にすることで文公が率いる主力を守るという当初の目的は達成した。他方、子越軍は宋軍主力を攻撃する機会を失い、ヒ林での集合を許す事態となった。
 戦略次元で観れば、宋軍にも評価すべき点が存在する。


以上、宮城谷昌光「華栄の丘」147〜163Pより


関連記事

華栄の丘 感想
宮城谷昌光「子産」に描かれた「シャク陂の戦い」を戦況図化してみた
宮城谷昌光「沙中の回廊」に描かれた「城濮の戦い」を戦況図化してみた
宮城谷昌光「王家の風日」に描かれた「牧野の戦い」を戦況図化してみた

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
ぼくたちは勉強ができない 2 (ジャンプコミックス)
先生の尻に尽きる(何かが)


2017年8月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介