2012年06月08日

アニメ これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド#10「だけど、それがいい」

 もう、ベルフェゴールしてもいいよね……。
 あゆむって、ほんとバカ。人を怠惰にすることにの勤勉さに関しては定評のある怠惰の悪魔ベルフェゴール(私のところに一時間刻みで来るほど。くっ、鎮まれ!俺のベルフェゴール!!)そんな大罪に取り憑かれたバユムが辺りに名状しがたき黒歴史そのものを振りまく。
 「レゾンデートル(レーズン・レトルトにあらず)」や「クール!」の喋り方が無駄に決まっている。声優が本気を出せば中二病の恥ずかしさの谷だって越えられる。主人公がゾンビで、特別な人間に囲まれまくっているのに、ああいう言動をすることが「普通の人間として」恥ずかしく感じる。
 その事実に妙味があった。ガイアの深謀遠慮に違いない。

 歩が記憶を失って同居人たちを見知らぬ存在と感じるところは、原作の正反対になっている。だったらハルナちゃんのことだけは覚えていろと思わないでもなかった。
 大先生がハルナを歩の精神世界へダイヴさせるのは、一期に続いて二度目だ。来るべき三期でも同じ展開をやりかねん。
 ついでに言えば歩の分裂体をぶっ飛ばすのも天才魔装少女の役目らしい。変身中に攻撃するなと、変身している方に突っ込んだのは初めてだ。セラさんは内心(一体くらいほしいですね…)と思っていたに違いない。そして、確保するなら色欲のアスモデウスを選ぶに違いない。

 ラストバトルではユーとハルナのケーキ入刀シーンがシュール極まる。イチゴシロップが飛び散りすぎ。
 二期のために意気込んで作って見たものの披露する機会のなかった戦闘用BGMを使うために、最終話がこんな展開になったと想像する。それこそクリス戦で使えって話だが……元に戻っても酒を飲むことしかやっていねぇ!

 まぁ、大先生のお色気シーンをまとめて見れたから構わない。不発に終わっていたエロメガネとスカートめくりを見事に合わせて回収してくれた。
 惜しむらくは、スライムが紳士だったせいで、大先生が全裸の時に胸だけ隠すのか、それとも下も隠すのか分からなかったことだ。これは非常に重要。原作10巻の大先生口絵を高解像度スキャンしてトーンカーブ調整しようか本気で迷っている私にとっては物凄く重要。
 ……私はクソムシでしたよ(慈愛)。

 うん、ありがとう。アニメ2期も好きだったぜ。好きと言ってもライクかラブかは今のところ伏せておこう――平松さん的にはラブよりライクらしいな。下半身拾ってくれ、など一期につながる小ネタがちょくちょく挟まれていて懐かしくも楽しかった。

アニメ これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド #9「ああ、マイダーリンはロクデナシ」感想
アニメ これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド #11「はい、身の丈に合ってます」感想
木村心一作品感想記事一覧

これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド 第5巻 [Blu-ray]
これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド 第5巻 [Blu-ray]

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介