2014年04月11日

マックミランの女子野球部2巻 祝・マックミラン女子野球部春の大会優勝!

 スターダストガスと激突したヴィーナストーナメントを経て、長く力を蓄える冬が過ぎ、総力をぶつける春の大会がやってくる。
 正清のカロリー供給を跳ね返して体型を維持し続けたのだから、マックミラン女子野球部の練習量は折り紙つきだ。よくハクは太らずに幼なじみを続けていられたものだと感心する。体質なのかな……それでも身長は斉藤和子を超えるほど伸びた模様。
 他の部分もきちんと成長していて、おまけ漫画では縦に落ちるスライダーとフォークを見分けてみせている。彼女の成長度は超人ぞろいのマックミランでも、かなりの高位にあるな。
 努力型主人公の役目を、正清に変わって果たした印象も覚える。彼女がもしも先射手のドロップをファールにしていなかったら、春季大会の結果は変わっていたはず!
 和泉につないだ事で、和泉に劣らない仕事をしたと褒めてやりたい。そうすると全員を褒めてやりたい。そして、和泉は罵倒してやらなければ……ご褒美に!

 おなじみの大碇と帝王は出てきたものの新興勢力の台頭みたいなお約束はなく、大会がこじんまりとしてしまったきらいはあった。それでいて、敵はワンマンチームの印象を引きずっている――というか悪化した――のだからゲームの展開に幅が出ない。
 冬の間にライバルのキャラを立たせることが出来ていれば。多少強引でもスターダストガスのあの人の妹!?くらいの新キャラ投入はしても良かったのではないか。
 まぁ、馬場さんに負けたことのお返しは出来た気分になったし、斉藤は和泉に張り合う活躍をできたし、良いか。

 描き下ろしは自発的ハーレム妄想もよかったが、和泉がメジャーリーグを目指すと大望を語ったところに盛り上がった。とことん気持ちを前向きにさせてくれる人だ!
 進出に成功したらハクもイチローのおっかけでメジャーに行った(風評被害)あの人みたいにメジャーに殴り込んでいそう!
 あと、ひたすらトップの自分をイメージする上田が可愛かった。表紙も素敵だ。何この可愛い生き物!!?

マックミランの女子野球部1巻感想
マックミラン高校女子硬式野球部1巻感想
マックミラン高校女子硬式野球部2巻感想

マックミランの女子野球部(2)
マックミランの女子野球部(2)
 突如挟まれたラーメン屋読み切りには読後感を破壊されそうで、おののいた。
Edit こいん │Comments(0)TrackBack(0)漫画 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
ぼくたちは勉強ができない 2 (ジャンプコミックス)
先生の尻に尽きる(何かが)


2017年8月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介