2014年09月08日

アルスラーン戦記 第十五章「正統の王」

 前回のあらすじがすごく……カーラーンをリンチしたみたいです。大軍だったのはカーラーンの方なのに六人に取り囲まれて、矢ガモな姿を描かれると印象が……そうでなくても哀れな奴だったな。
 パルスからもルシタニアからも裏切り者と罵られ、真意を天下に知らしめることもなく、大軍をひきいて6人相手に不名誉な敗北。
 まぁ、本人が満足そうなことと、銀仮面が遺族への手当をしっかりしてくれそうな所がせめてもの救いである。あと、ファランギースに弔ってもらえたことも羨ましい。
 地位をほとんど極めたのだし、自分の信念を貫けたなら、他人に何を言われても悪くない人生だったんじゃないか。うん。

 上司の銀仮面はたいへん怪しげな人物と話し込んでいた。
 アオリで男と言われて、はじめて男だと確信をもてるほど怪しい。魔女の婆さんじゃないのか。
 アトロパテネに霧が発生する術を使ったとのことで胡散臭さ爆発である。というか銀仮面は「怪しいおっさんに絶対霧を発生させるので、この作戦で行きましょう」とルシタニア軍を説得したのか。
 本来は起きない気象現象を、地元民顔をしていつものことと説明したのかもしれないな。ルシタニア側に裏をとる頭がないか、地元住民まで買収されていれば、騙される。

 やっぱり敵地の奥深くで(トラジメーノ湖)で霧の発生を調査し、徹底利用したハンニバルはどうかしているわ。逆に自分の土地なのに気象現象にやられた例は誰かいなかったかな?
 んー、新田義貞相手に鎌倉防衛に失敗した幕府軍とか?戦いじゃないけど帰雲城は選地が悪いよねぇ。それとも山地で井戸を掘るには下に水脈が通っている必要があって、水脈には断層が関係していることが多い、とすれば必然的な悲劇だったりする?

 まとまりは悪くないものの、やっぱりページ数が物足りない。ここはあえて、原作に追いつくまで時間が掛かりそう(追いつかないとは言っていない)なことを喜ぶしかないな。

アルスラーン戦記 第十四章「王の行方」感想
アルスラーン戦記 第16章「イノケンティウス王の恋」感想

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
魔王城でおやすみ 5 (少年サンデーコミックス)
カッコイイ構図に見せかけて……


2017年10月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介