2015年04月10日

アルスラーン戦記 第22章「主のために」

 音楽の授業で「主は冷たい土の下に」ってタイトルの曲が出てきたことを思い出した。曲そのものは覚えていない。覚えていられるほど印象的なのは魔王くらいだ。
 娘を連れたおっさんみたいにアルスラーンをさらおうとしたホディールだが、小さく最強のアルスラーン軍団に阻まれてしまう。薬の効果を確認したから動き出すべきだったな。
 粗忽である。
 アルスラーンの姿がカッコかわいかった。でも扉絵の主人公はエラムっぽいよ。そもそもアルスラーンが扉絵に含まれていない。部下勢ぞろいの構図だからな。

 ホディールを誅殺して、奴隷を解放しようとしたアルスラーンは意外な反応を受ける。王を殺せるのは奴隷だけ。Eカードか!?
 保守的だが今の社会制度の枠内では奴隷に対して悪い人間ではなかった模様。戦乱の状態で奴隷たちを放り出すアルスラーンの方が無責任な悪人にもなりかねない。そういえばアメリカ南北戦争でも行き場をうしなった奴隷(戦時禁製品と呼ばれていた)が戦場をさすらうしかなく、かなり困ったことになったらしい。

 個人的には奴隷はともかくホディールの娘のことがとても後味が悪い。王子の妻になる雰囲気だったのに、一転してその王子が父親の仇になってしまうのだから、本人の気持ちを思うと胸が張り裂けそうだ。
 まぁ、大もうけしようとサソリの巣に手をつっこんだ父親がまぬけだったんだが……。

アルスラーン戦記 第21章「ホディールの謀」
アルスラーン戦記 第23章「正義のありか」感想

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まる   2015年04月15日 01:38
これは戦闘とはまた違う意味で気になる引きですね
アルスラーンと違ってナルサスはわかっているんでしょうね
次回で奴隷たちをどう対応するのか気になりますが・・・あくまでもアルスラーンへの苦い経験になるのかな
奴隷たちを解放すればいいってもんじゃなくて根本的な解決への難しさを学ぶとか

王子を人質に取るという行為は本人だけでなく家族も処罰されても文句いえない重罪なんでそこまで及ばなかったと思えば・・・やっぱり恨まれるんでしょうね

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介