2017年06月05日

みつどもえ343卵生「佐藤は戦場へ行った」

 しょうじきリテイク前の女子会に参加させてもらえる空気が好きなんだが……邪教徒あつかいして排撃されてしまうのかな?
 男子の気持ちを理解しすぎているひとはは流石だった。まったく、エロ本は最強の教科書だぜ!――エロ本のおかげなのかなぁ。総合的なオタク力の高さがもたらした理解にも思える。

 眉毛の暴走ではじまった告白ごっこ。まずは、みっちゃんがしんちゃんに持ち前の女王様攻撃を仕掛ける。
 あいかわらず少女漫画をさせられる二人。そして、ふたばがいるからには、かませ犬にしかなれない、みっちゃん。……犬ではない豚のかみつきを侮ることなかれ!
 でも、実際に食ってしまったら、やさしさで身を引きそう。

 変態おがちんは佐藤にガチの告白。その事実が横綱ふたばをも焦らせ、松岡のサポートもあって、爆弾発言に走らせるのであった。
 思いっきり抱きつかれたのに、しんちゃんの肩が脱臼していない!?あの状態でも本能的に手加減できているなら優遇されすぎである。ふつうなら身体が上下に分割されてもおかしくはないはずだ。

 ピエロ全開の田渕が可哀想……けっこう勇気があるなぁ。

みつどもえ339卵生「地獄の目論見」感想
みつどもえ344卵生「三百八高地」345卵生「君のナマ」感想
みつどもえ記事の目次

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
フェンリル姉さんと僕 1 (少年チャンピオン・コミックス)
中学生時代を思い出す神話バトル


2018年7月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介