2017年06月12日

みつどもえ344卵生「三百八高地」345卵生「君のナマ」

344卵生「三百八高地」
 しんちゃんは泥水で口をすすぐ気力すら残らないほど搾り取られてしまったらしい。次の純次をみれば、詩織が行った凶行の内容は明らか!おそろしいおそろしい。
 今後も引きずるトラウマになるのか、それともあまりの衝撃に自分がされたことを完全に忘れてしまうのか、かなり気になる。最後のふたばもしんちゃんの豹変ぶりに驚いているけど、どれくらい察したのかなぁ。
 宮下さえしっかりしていれば……まぁ、悪いのはどう考えても詩織である。

345卵生「君のナマ」
 夫婦水入らずの時を過ごした吉岡夫妻。ゆきはいまのうちに希望する弟と妹の名前を提出しておけ。
 真っ白に燃え尽きた状態からでも、自分の作品が娘に反応される恐怖には身体が動いてしまう純次なのであった。
 そして、家族の強い後押しにより、ひわい小説を世に送り出すことに……勘違いから出た真。別名義を使ってもバレれば絵本作家として積み上げたイメージを破壊しかねない危険行為をやらせてしまうとは。吉岡家の女性陣はおそろしい。
 まったくの別分野でデビューできる実力を秘めていた純次もすごいのだが、たぶん参考になる実体験が無限にあったんだろうな。
 ふたばが挿し絵を描いたらエロ小説先生に?

みつどもえ343卵生「佐藤は戦場へ行った」感想
みつどもえ346卵生「私たちがやりました」感想
みつどもえ記事の目次
Edit こいん │Comments(0)みつどもえ 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
フェンリル姉さんと僕 1 (少年チャンピオン・コミックス)
中学生時代を思い出す神話バトル


2018年7月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介