2017年06月26日

将国のアルタイル 103fasil 侵略者の休息

 レレデリク軍が行きがけの駄賃に「燕の町(クラングチ)」を落としていく。ろくな攻城兵器を持ち込めていないだろうに、あっさりとした速攻である。まるで軍隊蟻が通りすがりに出会った動物を骨だけにしていくみたいだ。
 守備兵との兵力差がありすぎたのか。こうして都市を落としていけば、その建材を城攻めに流用することも可能になってくる。軍団兵の古代ローマ的な陣地設営をみていると、アルトゥンを焼き払うという脅しも完全なハッタリには思えなくなってくる。
 全軍で無理攻めして、全滅する代わりにアルトゥンも消滅くらいは何とかできるのではないか。

 バルトライン軍の兵士は、滅亡の危機に瀕した祖国を救う聖戦のつもりで戦っているのかな。
 それともフレンツェンら偉大な将軍たちへの思いだけで戦っているのか。マフムートは彼らにとっての仇だから、下手をすると復仇のために敵の士気があがるかもしれない。
 元第3軍団長で現第1軍団長のアンセルム・トットが出てきて、いつのまにか第8軍団長に収まっているディルク・ヴィヒターと頼りない会話をしていた。
 どうも、この作戦はフレンツェンの遺品らしい。いったいどこまで予言していたのやら。イルカが攻めてくるところまで?

 レレデリクは道々耳役を捕獲して、大将軍に人質交換を呼びかけている。だが、握りつぶす!大将軍がしっかりディワーンを掌握していれば、お手紙は巨大ターバンの一部になるのが関の山である。
 四将国工作でサルジャを殺させたことが帝国にとっては裏目に出ている?無能な敵は、有力な味方なのだから、バラバンに言って大事にさせるべきだった。

将国のアルタイル 102fasil 将王起つ 感想
将国のアルタイル 104fasil 建築家の将軍 感想
トルキエ将国「燕の町」の孤児:追記的な記事
将国のアルタイル記事の目次

この記事へのコメント

1. Posted by イエローオスシ   2017年07月01日 08:38
攻城戦とか、騎兵隊いなくても良さそうなんですが、レレデリクさんの政略結婚(強奪)意味あったんですかね。スエッドだけで良かったような気も。
2. Posted by こいん   2017年07月02日 20:51
 攻城戦と言っても周囲の警戒や物資の調達には騎兵がいた方がいいですよ。ただし、重騎兵より軽騎兵の方が便利だと思います。
 四将王軍や後詰会戦もありえるから手放せないけど、敵地に支援無しで殴り込んだ状態での補給の負担は大きいでしょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
魔王城でおやすみ 5 (少年サンデーコミックス)
カッコイイ構図に見せかけて……


2017年10月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介