2017年10月06日

週刊少年チャンピオン45号

あつまれ!ふしぎ研究部
 千晶は腕力以外の身体能力もすぐれていた。やっぱり熊が来たときは彼女が戦えばいいじゃん。
 鈴の心配りが嬉しいような悲しいような。オチは悲しい。

鮫島、最後の十五日
 いつぞやに発動した仏壇返し。最後はやっぱり主人公が持って行った。ひどいダメージを受けながら……。天雷と組むのは熊とじゃれ合うみたいなもんだ。

吸血鬼すぐ死ぬ
 アルコの絵がちょっと今までにない雰囲気で、この作品だと認識するのに時間が掛かった。もう初登場じゃないのに……。
 居場所ができたようで何よりだ。

ハリガネサービス
 監督の息子……!
 ずいぶんと仲の悪い様子。すれ違いが正される日は来るのかな。監督の目のことが親子仲の問題に関係していたりして。

魔入りました!入間くん
 避難させたつもりが罠のど真ん中に集めてしまった……そこを一網打尽に砲撃とはずいぶんと念のいったテロだなぁ。
 入間には先輩を止めて何事もなかったようにしてほしいところだ。さすがに無理か。バールが関係しているせいで捜査に圧力が掛かるとか?
 術を発動した強大な魔力はどうやって手に入れた?

BEASTERS
 犯人はレゴシの知り合い。草食と宥和するために作られた犬が犯人だったら物凄く皮肉である。
 実は草食が犯人である可能性すら?
 校長は確かに甘いが、生徒のことを全部背負うのも無理だし、バランスは良さそう。

刃牙道
 何が入っているか分からない内蔵はやめておけ。
 現代にいてはいけない存在同士、武蔵がピクルに会いに行くのは理にかなっている。

囚人リク
 出してもらえるわけがないので、タイマンが耳目を集めているうちに次の仕掛けを用意するんだ。
 光への評価に笑ってしまった。そんな人物が看守をやっていたんだぞ。

毎度! 浦安鉄筋家族
 新宿駅での騒動はお前だろ。
 あそこまで漏れないオーバーオールは気密性が高くて、蒸れそう。

Gメン
 池田が悪い男の展開だろうな。
 武華男子がモテる設定を久し振りに思い出させるシーンがあった。

ドカベン ドリームトーナメント編
 こうやって左右に切れたファールの後に三振がくる率をまとめる調査をしたら人気記事になりそうだなぁ。

六道の悪女たち
 あのイメージ映像で腕を振り回す六道をみているから、警戒しちゃうんだ。傍目には完全に茶番でも――マジでひどい拷問を仕掛けてきているから茶番にはならないか。

ヒマワリ
 あいかわらず哲弘先生の女性キャラはかわいい。マネージャーとの恋愛は厳禁だ、たぶん。

MASTER&D
 主人公の暇つぶし行動がひどすぎる。強烈な印象を残すエピソードではあった。

GREAT OLD
 ものすごい勢いで核心に迫っている?ドラゴン関係者の勢力はふたつに分かれているっぽい。

□□ッ□!
 のりお先生に哲弘先生、安部先生もいて、いつかのチャンピオンが帰ってきた気分である。集中連載からそのままで説明は最小限。タンコーボンが確実な落ち着きがあるな。
 偽名の使用はさすがのブラック。存在しない人物の名前を使うことだってできるのに、わざわざ……嫌がらせを。

木曜日のフルット
 カラスのマリアが正ヒロイン。カラーではっきりわかってしまうのである。


チャンピオン感想サイトリンク集

秋田書店コミックス感想一覧

この記事へのコメント

1. Posted by カズちゃん   2017年10月08日 21:46
>>入間くん
キリヲ先輩の首飾りは入間くんの悪食の指輪と同じで魔力を溜めておく性質があるそうだよ。
2. Posted by こいん   2017年10月08日 22:54
 ありがとうございます。
 ずいぶん大量に溜め込んだんですねぇ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
魔王城でおやすみ 5 (少年サンデーコミックス)
カッコイイ構図に見せかけて……


2017年10月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介