2017年11月06日

クジラの子らは砂上に歌う 第48節「砂流の群れ」

 まずい。気がついたらオルカを応援していた。オウニが世界最強の生物なんて言われた直後のせいだ。明らかに特別なオウニに対して、元々は平凡であったはずのオルカは太刀打ちすることができるのか!?そんな視点が打ち消せない。
 ただし、出自からオルカが自分をデモナス化している可能性はありそうだ。それでも団長レベルのはずでオウニには見劣りしなければおかしいが!?
 石守王を落としたことがパワーアップに繋がっていればサイミアの差は読めなくなる。戦闘経験ではオルカが上だ。

 虫籠がオウニのサイミアであっさり戦死していた。こうなると初期の戦死者はまだあつかいが良かったな……誰か生き残るのかな?オルカの戦力には、まだ案山子隊が残っていることもお忘れなく。

 リコスVS.リョダリは物理攻撃のリョダリに対して精神攻撃のリコスの構図。防御に徹して言葉の弾を飛ばすのはリョダリには効果的な戦い方だ。
 本人にその気はなくても合理的なところが面白い。二カ所で同時にサイミア使い同士のバトルが発生していて、なかなか派手である。

 カルハリアスは元気かな。お目付役たちがトチってオルカが帰る場所がなくなっていたら愉快なんだが。

クジラの子らは砂上に歌う 第47節「星の主」感想
クジラの子らは砂上に歌う1巻感想

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
将国のアルタイル(20) (シリウスコミックス)
非戦だったマフくんが屍の上に立つようになってしまったか……


2017年12月購入予定コミックス一覧
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介