2017年12月05日

週刊少年ジャンプ1号

斉木楠雄のΨ難
 鳥束はなんとか倒したものの兄貴はまだまだ何かをたくらんでいる。一流の格闘家が意地で攻撃モーションを繰り出していたから、鳥束の体はボロボロになっていそう……因果応報である。
 自分の身体に戻ったときのことを少しは考えていたのかな。勢いだけで動いていそう。

火ノ丸相撲
 本当にWデート発言があったよ。レイナの方は自分から力士の嫁を学ぶ気になっている。そんだけモチベーションが高いなら婚約してくれ。
 横綱はさすがに独特の相撲哲学を持っている様子だ。今回語ったことをそのまま話せていれば世間の反応も違ったろうに……不器用な人だ。
 馬乳酒はちゃんこ屋に欠かせないメニューになっているのかな。あそこで酔いが回ったまま相撲を取って潮が頭蓋骨骨折でもしたら……縁起でもないぞ。

ハイキュー!!
 流れを変えてこそ主人公。まぁ、稲荷崎の攻撃も前掛かりになりすぎて、勢いのわりに得点しきれていない様子である。安定感を捨てているチームらしい。

ゆらぎ荘の幽奈さん
 雲雀のラッシュ。あの状況で目を瞑っていてくれていると信じられるのは最早、愛。
 それにしても間抜けなことをやらかしたものだ……。

シューダン!
 ヤマトがスラリとしている。キック力は昔のままなんだよね?昔のままだとダメか。昔のように同世代でも飛び抜けたキック力を持っているといいな。
 ロクには電話しないし、ヤマトに遭遇しなければモヤモヤしたままだったぞ。頼むぞ、主人公。

トマトイプーのリコピン
 テスト勉強で「ゆらぎ荘の幽奈さん」とシンクロした。そんな回に限って「ぼくたちは勉強ができない」はテスト勉強していないと思ったが、あの作品が勉強していないことは別に珍しくなかった。タイトルに嘘偽りはない。
 意識的に勉強したことじゃないのが役立つのは稀によくあること。でも、そういう出来事は印象に残りやすいのであって、一番役に立っているのはやっぱり使うつもりで勉強したことなのも忘れちゃいけない。

ゴーレムハーツ
 まったくビッグマウスなゴーレムだ。四カ国の争いに武力で貢献しているって、スイス傭兵みたいに同僚が殺し合う場面もあるのかな。ランキング上位に武力以外で属している人物に活躍してほしいなぁ。
 バトル漫画路線が明確になってきた?

ぼくたちは勉強ができない感想はこちら


ジャンプ感想サイトリンク集

集英社コミックス感想一覧

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し
Recent Comments
スポンサードリンク

おもちゃ/ ぬいぐるみ/VOCALOID3 MAYU団子 コスプレ道具小物 アニメ/コスプレ/アニコス


profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介