2022年01月16日

少女終末旅行6巻 そして誰も…

 ひどいや、つくみず先生……ぽっかりと胸に穴が空くようなラストだった。論理的に考えれば最上層の居住条件は悪くて当然なのかもしれないが――日当たりが良いだけなら南側ならどこでも良いし、高度による気温低下まであるっぽかったからなぁ。
 いちおうチトたちの内面的な旅はひとつの悟りに辿り着けた感じなので、それを救いと思うしかない。

 上を目指してもジリ貧で2人が生きていくには巨大都市の外部で自然の恵みを得て食べていく方法が必要だったのかもしれない。でも、おじいさんに上を目指せと言われて判断の余地はなかった。
 実は都市の外部は汚染されきって食べていくどころじゃない可能性も無視できない。どうあがいても絶望かもしれない。

 まぁ、ラストではまだ命が失われたわけじゃなく、降りる方向なら何とかなる可能性はある。グライダーでもあればなぁ……。チトとユーリの絆も最上層に昇りつめていたのは間違いない。

少女終末旅行1巻感想
少女終末旅行2巻感想
少女終末旅行3巻感想
少女終末旅行4巻感想
少女終末旅行5巻感想


Edit こいん │Comments(0)漫画 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し

自分が一番繰り返し読みたいコミック

Recent Comments
スポンサードリンク

profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介