2022年01月18日

るろうに剣心 北海道編 3巻 永倉新八の登場

 来ると思っていた永倉新八が来た。ゴールデンカムイの知識で予想していたという情けない話で、るろうに剣心があのまま続いて北海道編をやっていたら永倉新八が北海道にいることをるろうに剣心で先に知って、ゴールデンカムイで展開予想したかもしれない。展開予想と言えるほどのものではないか。

 十本刀が5人も集まってくるのは完全に予想外。飛翔の蝙也は広い北海道の大地では活躍の予知が大きい。扱い悪いが偵察の価値を考えたら、他の十本刀とは一線を画す。でも、瀬田宗次郎の足は長距離移動でも有効だったな。

 剣客兵器側は女性らしきトップが唇だけ見せたのと、部隊将と呼ばれる連中が胡散臭い姿を一部だけ見せた。
 凍座も部隊将だったらしいが、部下連中は気さくな態度を取っていた。組織的に厳しいんだか、厳しくないんだか。さすがに凍座の部隊が特殊なんだろうな。

 池田屋事件の記憶を捏造しようとする永倉新八と史実を大事にする緋村剣心の漫才がおもしろかった。154Pの「駄目に決まってるだろ!」剣心が姿まで幕末に若返っている。ちょっとこち亀テイストを感じた。
 剣心が三島の加入を止めようとした理由がすぐに分かって良かった。引っ張られるとモヤモヤしてしまう奴だ。ちゃんと考えれば分かったはずなんだけどな……。

るろうに剣心 北海道編 1巻感想
るろうに剣心 北海道編 2巻感想
るろうに剣心 北海道編4巻感想


Edit こいん │Comments(0)漫画 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し

自分が一番繰り返し読みたいコミック

Recent Comments
スポンサードリンク

profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介