2022年01月28日

将国のアルタイル 141fasil婚約式

 マフムートとニキの婚約をちょっとだけ期待したが、やっぱりオルハンとアイシェの婚約だった。作中で結ばれるのはレレデリクたちとこの二人だけになりそうだ(イスカンダルとエカテリーナの鷲カップルも難しい?)。そういえば踊り子のヒロインがいたような……シャラさん。

 将王の子供同士の政略結婚がルメリアナ大戦の始まりだったわけで、これで完全に終止符が打たれた印象。各地からの貨幣が贈与されるのも象徴的である。血縁関係で将軍同士の絆が強化されても不平等にならないほど実力主義を徹底できるというトルキエ将国の自信も表れているのかもしれない。将来的にはどう転ぶか分からないけれど。

 まだザガノス将軍の周りには火の気が燻っている。しかし、ザガノス派になったバルトライン人もたくさんいるのだな。あれだけの強さを見せつければ当然かもしれない。
 バルトライン人が分断されている状況は、彼らが一枚岩になってザガノス将軍を憎んでいる状況よりも厄介に感じる。
 仮にザガノス将軍が討たれても、それで大人しくはならないような……マフムートか誰かに第三的調停者の役割を託すのか?

 最後に出てきた暗殺者がトルキエ人という謎もあり気にかかる。噂を伏線とすれば大将軍の刺客と思われかねないが、それすらザガノス将軍が噂を撒いた自作自演の暗殺未遂もありえる。

将国のアルタイル 140fasil 街道網 感想
将国のアルタイル 142fasil 統一の代価 感想
将国のアルタイル記事の目次

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今月のイチ押し

自分が一番繰り返し読みたいコミック

Recent Comments
スポンサードリンク

profile
永遠に覚醒しない楚の荘王

漫画を愛する心に卒業なんてないんだ…

趣味
 読書、作文、漫画、写真、天体観測、石集め、歴史(古代欧州、三国志、日本戦国時代)、ネットサーフ、その他たしなむ程度にいろいろ。
そして、このブログ

このブログへのトラックバック、リンクはご自由に。
トラックバックは可能な限りお返しします。どんなに古い記事でもトラックバック・コメントをいただければ喜びます。

更新の目安…かも
月:ジャンプ感想
火:月刊漫画誌感想
水:サンデー感想
木:チャンピオン個別感想
金:チャンピオン感想
土:漫画単行本・マガジン感想
日:漫画考察・Web漫画紹介