RE:とろとろですとろん

ガンプラとか作ります。 気分次第で、突然作品が変わるかもしれませんが仕様です。

16

毎日蒸し暑いようで、夜は微妙に寒いので、体調管理が大変です。
という訳で、以前買っておいた、REVIVE版ガンダムMk-IIを改造して、文字通り、改めてバーザム改を制作しております。
当然ながら、以前製作した旧ガンダムMk-IIとは、パーツ構成やバランス等が基本的に異なるのですが、流石に新しい部類に入るだけあって、パーツ毎の改造には適している気がします。

取り敢えず、殆どキットそのままで大丈夫そうな、両腕は置いといて、形状の異なる部分を弄っております。
頭部、胸部、腰部、両ふくらはぎ、足首等です。 
やっていることは、以前製作した、旧HGUCガンダムMk-IIベースのバーザム改と余り変わりません。
大体の部分を、エポキシパテで整形して、今回は、パーツ毎のエッジや精度を上げようと思います。 

10-1
昨日、4月6日は「ジムの日」ということで、久方ぶりのジム系ガンプラ製作として、プレミアムバンダイ限定のジムⅡ・セミストライカーを作ろうと思ってたんですが、当日中に二時間ほど間に合わず、日をまたいでの仕上げと撮影になりました。

本当は、素組でお手軽に完成させるつもりでしたが、気がついたら頭部バルカン砲の開口&ハイキューパーツEZガンノズルを使ったり、手首をビルダーズパーツを使ったり、手首付け根部分をWAVEのUバーニアフラット正方形で塞いだりとかしてます。
各部センサーとコクピットハッチと腰部下段は、キット付属のシールを使っています。

37-1
53
28-1
40-1
51
25-1
32-1
 一応、UCエピソード4に登場した、トリントン基地配備仕様ということで、1/100のですが、トリントン基地デカールや、いつものベルテクスナンバリングデカールの「陸」を使っています。
作ってて思ったのは、複数のジム系ガンプラのランナーが混在しているので、しっかりと組み立て説明書を読まないと、同じパーツの色違いをハメ込んだりとか大変でした。
特に襟とか、左前腕とか、スネは間違いかけました(苦笑)
中々、普段ジオン系MSばかり作っているので、偶には連邦系とかガンダムタイプ(宇宙世紀シリーズにかぎらず)も作らないとなぁ、と思いつつも、そんな暇があったら作りかけのジオン系MS作んなきゃという感情が先立ってしまい、こういう機会がないと連邦系は作らないので、今後は少しだけ、連邦系やガンダムタイプのガンプラを作る時間を作りたいと思います。 

06
58
12

先月の、冬ワンフェスに、久々に参りまして、当日夜のオフ会に合わせて、バンダイ製キットのサンドトルーパー用に、スカルピーでサンドトルーパーが、エピソードⅣ等で、惑星タトゥイーンで乗ってた砂トカゲことデューバックをフルスクラッチしました。
正確には、ワンフェス当日には、一次塗装までが精一杯で、画像の状態になったのは、翌週のことでした。

実のところ、デューバックという正式名称も知らずに、グーグル検索で初めて名前を知った次第です。
資料的な意味でも、Googleの画像検索でヒットした、サイドショウ製のモノや、あるイベントで有志の方々が制作された、実物大のものを参考にしながら作りました。
全体の、ウロコ表現は、タミヤのプラパイプを焼成前に、押し付けてみました。
手綱は、ダイソーで買ってきた、メガネ用の革紐を長さを調整して、それらしく表現しました。
もう、一回りほど大きく出来ればよかったのですが、まぁ、一応、バンダイのプラモサンドトルーパーがしっかりと跨げているので、良しとしましょう。 

↑このページのトップヘ