2016年03月31日

【重 要】ディベート甲子園全国大会出場枠の算定基準改定について

関係各位

 標記の件につきまして、全国教室ディベート連盟(本部)のホームページで発表が行われておりますので、ご確認をお願い申し上げます。

ディベート甲子園全国大会出場枠の算定基準改定について

詳細はそちらをご覧いただければと存じますが、当地区とかかわる部分のみ簡単に申し上げますと、近畿・北陸地区高校の部の従来の全国大会出場枠6が、今回新たに5となり、結果として1枠減となっております(なお中学の部は3枠で従来と変更ありません)。

 このように出場枠は減りましたが、北陸地区に限って申し上げますと、ここ数年出場実績のあった常連校の何校かが不参加となる可能性が高く、これまでに出場実績があまりない、または今回新規に参加するといった学校の台頭がより期待されるところであります。

 当支部と致しましては、北陸地区における教室ディベートの普及にこれまで以上に努めて参る所存です。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

(文 責)NADE北陸支部・樋口 雄人



debate_hokurikusibu at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2016年03月01日

第21回ディベート甲子園の論題が発表されました

関係各位

 本日、全国教室ディベート連盟のホームページに、全国中学・高校ディベート選手権(通称「ディベート甲子園」)第21回大会の論題が発表されました。

中 学:
「日本は地方公共団体の首長の多選を禁止すべきである。是か非か」
付帯文
・ 同一人物が同一地方公共団体で通算3期以上、首長に就任することを禁止する。

高 校:
「日本は国民投票制度を導入すべきである。是か非か」
付帯文
・ ここでいう国民投票制度とは、18歳以上の有権者の署名により、法律の制定、改正、廃止に
ついて請求する制度とする。
・ 投票の結果は法的拘束力を持つものとする。

 同HPには、中学校・高校の部ともに論題検討委員による論題解説も掲載されていますので、ぜひご覧になってください。

NADEホームページ

 全国大会の会場・日程につきましては、本日の読売新聞紙上で発表されており、会場は立教大学(東京都豊島区)、日程は8月6日(土)〜8日(月)となっております。

 他方、北陸地区がかかわる近畿・北陸地区予選の日程等につきましては、大会運営をもっぱら近畿支部が担っており詳細は不明(会場も含め未定と伝え聞いております)ですが、例年通りであれば会場は京都市周辺、日程の第1日目(高校1次予選)が6月の第2日曜日、第2日目(中学・高校最終予選)が7月の第2日曜日辺りになるのではないかと思われます。

 今年の北陸地区においては、これまで出場してきた実績校の大会参加が、指導者の異動等により減るものと見込まれます。その分、当支部と致しましては、例年以上に新規参加校に対する各種支援に力を入れる所存です。北陸3県の中学・高校の関係各位におかれましては、ぜひ参加をご検討いただければと存じます。

 昨秋、国が作成し全国の高校に配布した主権者教育用副教材『私たちが拓く日本の未来』には、ディベートによる学修もその内容として盛り込まれており、教育現場において今後見込まれる主権者教育の本格化の中で、改めてディベートが注目されるものと思われます。今回の論題とくに高校の部のそれは、そうした状況を意識して選ばれたものと推測されます。中学・高校の先生方におかれましては、そういった点からもディベートにご関心を持っていただければと願っております。

                                文 責:NADE北陸支部 樋口 雄人






debate_hokurikusibu at 14:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2016年02月24日

富山県立富山いずみ高等学校看護科 ディベート講座

昨年12月7日から2月19日まで、県立富山いずみ高校看護科のディベート支援を行ってきました。

三年連続となった同校での指導ですが、年を追うごとにディベートの質が上がってきていることを実感しています。
特に今年はどの班も立論の理解が深く、対立する論点に対してしっかりと反駁・再反駁ができていたように思います。


予選の様子


















またこの取り組みは、将来多様な患者と接する看護師に求められるコミュニケーション能力を身につけることも目標としています。
ディベートの基本的なスキルである反駁の四拍子や立論の三要素などを踏まえ、生徒の皆さんには自分たちの主張がより伝わるよう説得的にスピーチすることを課していました。

立論作成はドロップボックスを活用し、1班あたり4、5回修正してもらい、10日間かけてそれぞれのストーリーを創り上げていきました。
質疑・反駁の指導は、金沢大学ディベートサークルの皆さんに片道2時間近くかけて富山まで通っていただき、主に否定側チームのサポートに入っていただきました。
そのおかげで、看護科としての目標は個人差こそあれほぼ達成されたように思います。


決勝
















試合は1人ジャッジでサークルの皆さんが担当したのですが、コミュニケーション点はすべて16点以上(最高21点)。平均が15点であることを考えれば、初心者とは思えないレベルのスピーチでした。
そして、肯定・否定それぞれ4チームずつが予選を3試合ずつ行いましたが、全敗したチームもありませんでしたし、全勝したチームもありませんでした。
すべてのチームが負ける悔しさと勝つ喜びをチームメイトと共有し、議論を深め、伝えることの難しさと尊さを体験してもらえたのではないかと思っています。

これからもディベートを通じて、伝えるための学びの機会を提供できるよう取り組んでいきたいと思います。(了)

講評・判定
























【日 程】
 。隠卸遑憩 「ディベート講座」(2時間) 
◆‥澣戮漾 屮譽檗璽伐歛蝓弊儷謀安楽死)」 
 1月下旬 「2010年度ディベート甲子園DVD視聴」 (1時間)
ぁ。卸遑影 「立論作成講座」(1時間) ※1000字程度
ァ。卸遑監・5日 「立論作成」(3時間)(いずみ高校の先生方による)
Α。卸郛綵棔 嵶論投稿」(1時間))(いずみ高校の先生方による)
А.疋蹈奪廛椒奪スを通じて立論添削指導
─。卸遑隠夏 「立論添削」(2時間)
 2月16日 「立論完成・質疑反駁指導」(2時間) ※学生によるサポート開始
 2月18日 「質疑反駁指導・予選第一試合」(2時間)
 2月19日 「大会2日目」(4時間)

聴衆による投票














表彰式















お礼の言葉














集合写真


debate_hokurikusibu at 14:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2015年12月22日

【ご報告】2015年度北陸地区ディベート大会 無事終了致しました

 12月20日(日)、富山第一高等学校(富山市)にて2015年北陸地区ディベート大会を開催いたしました。
 論題は、「日本は公職選挙法で定める全ての選挙について、投票の棄権に罰則を設けるべきである。是か非か」です。

冬季大会2





















 以下、試合結果です。

【第一試合】
(肯定)金沢大学A 3−0 (否定)富山県立中央農業高校

【第二試合】
(肯定)富山県立中央農業高校 1−2 (否定)金沢大学B

【第三試合】
(肯定)金沢大学B 3−0 (否定)金沢大学A

冬季大会3





















優勝:金沢大学B 2勝0敗(得票数:5)
準優勝:金沢大学A 1勝1敗(得票数:3)
第3位:富山県立中央農業高校 0勝2敗(得票数:1)

 今回の論題は、平成27年6月に公職選挙法等の一部を改正する法律が成立し公布された(平成28年6月19日施行)ことを踏まえ採用させていただきました。
 今の高校3年生と2年生については、二十歳を迎える前に選挙権を行使できることになりました。年明けからは、高等学校における主権者教育がいよいよ本格化します。青少年が自分たちの未来を選択していく際のツールとしてディベートのスキルを役立てることができるよう、北陸支部としても可能なかぎり機会を得て普及活動に努めていきたいと思います。
 また、今回は高校生の皆さんによりレベルの高いディベートを知ってもらう目的で、11月に行われた「全日本大学ディベート選手権大会」の準決勝の一試合を取材させていただきました。主催の全日本ディベート連盟(CoDA)の皆様と選手の方々のご厚意にあらためて感謝申し上げます。


冬季大会1

debate_hokurikusibu at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2015年12月18日

2015年度北陸地区ディベート大会の開催について

関係各位

明後日(20日(日))開催予定の標記大会につきましては、以下の3チームの参加申し込みがありました(申込順)。

1.富山県立中央農業高等学校
2.金沢大学法学類ディベートサークルA
3.金沢大学法学類ディベートサークルB

当日はこの3チームの総当たり戦によって順位を決し、優勝および準優勝のチームを表彰致します。

試合の観戦・見学(無料)も歓迎致しますので、ぜひお越しください。


【確 認】2015年度北陸地区ディベート大会 開催要領

1.主 催:全国教室ディベート連盟北陸支部

2.開催日時:2015年12月20日(日)
[大会当日スケジュール]
10:15-10:30  受 付
10:30-10:40  開会式
10:50-12:10  第1試合
12:10-13:00  昼 食
13:00-14:20  第2試合
14:30-15:50  第3試合
15:50-16:00  表彰・閉会式

3.会 場:富山第一高等学校
[所在地]〒930-0916 富山市向新庄町5−1−54
[電 話]076-451-3396
※ 富山地方鉄道・越中荏原駅から徒歩約12分。

4.論 題:
「日本は公職選挙法で定める全ての選挙について、投票の棄権に罰則を設けるべきである。」

5.大会ルール:全国中学・高校ディベート選手権(ディベート甲子園)ルールを採用。

6.対戦方法と順位の決定:全参加チームで総当たり戦を行い、勝ち数によって全順位を決定します。勝利数が同じチームが複数ある場合にはヴォート数の合計によって、得票数も同じ場合にはコミュニケーション点の合計によって順位を決定することとします。

7.表彰対象:優勝(1位)・準優勝(2位)

☆ 見学等のお問い合わせ先
全国教室ディベート連盟北陸支部(担当:樋口 雄人)
〒939-1193 富山県高岡市戸出石代307−3 高岡法科大学内
TEL:0766-63-3388(代表)
E-mail:hokuriku_debate@yahoo.co.jp

[開催日前日以降] 090-6141-4634(樋口携帯)


debate_hokurikusibu at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2015年12月01日

2015年度北陸地区ディベート大会 開催のお知らせ

関係各位

先月11日に本ブログにて予告致しておりました標記の件につき、大会開催要領および関係書類の書式(Word)を公表致します。ご高覧の上、ぜひご参加、ご見学ご観戦をご検討くださいますようお願い申し上げます。ご連絡が遅くなってしまい、本当に申し訳ありません。


 ヽ催要領:北陸地区高校生ディベート大会開催要領

◆〇臆耽醜書:大会参加申込書

 引率者承諾書:引率者承認書

2015年11月30日


2015年度北陸地区ディベート大会 開催のお知らせ


全国教室ディベート連盟
北陸支部


 このたび当支部では、北陸地区における教室ディベートの一層の普及促進を目的として、ディベート大会を開催することと致しました。皆様におかれましては年末のご多忙の折とは存じますが、ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。

また試合の観戦・見学(無料)も歓迎致しますので、ぜひお越しください。

【2015年度北陸地区ディベート大会 開催要領】

1.主 催:全国教室ディベート連盟北陸支部

2.開催日時:2015年12月20日(日)
[大会当日スケジュール]
10:15-10:30  受 付
10:30-10:40  開会式
10:50-12:10  第1試合
12:10-13:00  昼 食
13:00-14:20  第2試合
14:30-15:50  第3試合
15:50-16:00  表彰・閉会式

3.会 場:富山第一高等学校
[所在地]〒930-0916 富山市向新庄町5−1−54
[電 話]076-451-3396
※ 富山地方鉄道・越中荏原駅から徒歩約12分。

4.論 題:
「日本は公職選挙法で定める全ての選挙について、投票の棄権に罰則を設けるべきである。」

5.参加募集チーム:北陸地区(富山県・石川県・福井県)の高等学校・大学の生徒・学生をメンバーとするチームとします。
変更がある場合には、速やかに当支部公式ブログにその旨発表し、参加・見学の申し込みがあったチームには個別にご連絡致します。

6.1チームのメンバー数:2〜4人でチームを編成してください。

7.大会ルール:全国中学・高校ディベート選手権(ディベート甲子園)ルールを採用。

8.対戦方法と順位の決定:全参加チームで総当たり戦を行い、勝ち数によって全順位を決定します。勝利数が同じチームが複数ある場合にはヴォート数の合計によって、得票数も同じ場合にはコミュニケーション点の合計によって順位を決定することとします。

10.表彰対象:優勝(1位)・準優勝(2位)

11.引率者
・ 高等学校のチームには引率者が必要です。
・ 引率者は教員でなくとも構いませんが、学校長が事前に書面で認めた者に限ります。引率者承認書(申込書と共にウェブサイトに掲載)をファックスで提出してください(FAX・送信先は下記)。

12.参加募集期間:2015年12月7日(月)〜12月14日(月)必着

13.申込方法
所定の参加申込書にご記入の上、電子メールまたはファックス(いずれも送信先は下記)でお申し込みください(書き込み可能なWord形式の参加申込書と引率者承認書は、当支部公式ブログ(http://blog.livedoor.jp/debate_hokurikusibu/)にも掲載してあります)。

※ 大会当日は教育イベントにふさわしい服装での出場にご協力ください。原則制服で、制服が定められていない場合でも、それに準ずる服装で会場にお越しいただきますようお願い申し上げます。

☆ 参加申込書等の送信先・お問い合わせ先
全国教室ディベート連盟北陸支部(担当:樋口 雄人)
〒939-1193 富山県高岡市戸出石代307−3 高岡法科大学内
TEL:0766-63-3388(代表)
E-mail:hokuriku_debate@yahoo.co.jp




debate_hokurikusibu at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2015年11月11日

【お知らせ】2015年度NADE北陸支部冬季ディベート講習会・練習試合の開催について

関係各位

標記の件につき、北陸地区の中学生・高校生を対象とする講習会・練習試合を以下の概要で開催する予定です。関係各位におかれましてはご参加を検討いただければと存じます。日程はじめその他の詳細につきましては今週中に追って本ブログでお知らせ致しますので、今しばらくお待ち願います。



日 時   2015年12月20日(日)10時〜16時00分[予定]

会 場   富山第一高等学校(富山市向新庄町5−1−54)
               TEL 076−451−3396

練習試合論題:「日本は選挙の棄権に罰則を設けるべきである。是か非か」



debate_hokurikusibu at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2015年11月03日

石川県立七尾高等学校でのディベート講座(10月23日・11月2日)

石川県立七尾高校でディベート講座を担当してきました。

【1日目】
 同校は能登半島の中央、能登島の入り口・七尾市にある進学校で、理数科は平成16年からスーパーサイエンスハイスクールの認定をうけています。
 ディベート講座は学校設定科目「人間環境」の学習項目として行われており、講義→探求活動→発表評価という一連の流れによる学習単元の講義に位置付けられます。

 1日目は講座とシナリオディベートの体験でしたが、2日目の授業までに各班ごとに立論を作成し試合に臨んでもらう計画です。
 優秀な生徒さんが多いとはいえ立論のフォームには慣れていないことから、今回は同校の許可を得てドロップボックスによる添削指導を実施することにしました。
 他県の学校で指導回数も限られている支援の場合はネット上でのやりとりが有効だろうとの思いが従前からあったからです。

 今回の立論は約700字(2分)のコンパクトなものです。
 現状分析200字×2点・発生過程100字・重要性or深刻性200字という構成の目安を設けたことから、どの班も初稿段階で明解な立論を作っていました。
 8班の肯定側否定側、全16編をチェックし改善点を投稿する作業でしたが、中には再チェックを希望する班もあり生徒さん方の意欲の高さに感心させられました。


151023_1522-01





【2日目】
 1日目の講座とシナリオディベートを踏まえ、生徒さんたちが作成した立論と反駁をもとに練習試合を行いました。
 午後の授業二時間で質疑・反駁の確認と各班二試合ずつ戦いましたので、時間的にかなりタイトな運営となりましたが、金沢大学法学類ディベートサークルの皆さんにご協力いただいて無事終了することができました。

 ネックになったのは質疑と反駁です。
 Dropbox上で対戦相手の立論が確認できたにもかかわらず、立論作成に時間がかかり反駁まで手が回らなかったのが正直なところかと思います。
 また、サインポスティングの不十分さやレイトレスポンスの多さ等、初めての試合経験特有の問題も多々見られました。

 現場としては時間的な制約の中で当該活動の教育目標を達成しなければならないわけですから、短期間でいかに建設的な議論が展開できるよう指導するかが支援する側に求められることになります。
 「反駁の量と質によって判断する側の理解・認識も変化してゆく」ところがディベートの醍醐味の一つです。今日の経験を踏まえてどのように質疑反駁すればジャッジの判断が変わり得たのか、試合に負けた悔しさを単なる悔しさで終わらせず、一人でも多くの生徒さんにアフターディベートとして再考してもらえるような取り組みができればと考えます。

七尾高校試合


debate_hokurikusibu at 15:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2015年09月09日

【御挨拶】第20回全国中学・高校ディベート選手権は無事終了致しました

関係各位

第20回ディベート甲子園は、先月(8月)8日(土)〜10日(月)に女子聖学院中学校高等学校(東京都北区)を会場として開催され、無事に日程を終了致しております。北陸地区出場各校の選手のみなさんそしてご指導に当たられてた先生方、近畿・北陸地区予選および全国大会出場に向けての論題研究会・講習会等に講師としてご協力賜りました方々、すべてのみなさまに御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

※ 全国大会の結果につきましては、こちらをご覧ください。

近畿・北陸地区代表として全国大会に進まれた富山第一高等学校チームは、残念ながら予選通過はなりませんでしたが、わずか2名で臨んでの大健闘に、心からの敬意を表したいと思います。お疲れ様でございました。

北陸支部と致しましては、これからも北陸地区における教室ディベートの普及促進に努めてまいる所存です。これまで当地区における各種行事・試合に参加していただいている各校に引き続きご参加をお願い申し上げるとともに、これから新たにディベートに取り組んでみたいという新規校にも積極的にご参加いただけるようなイベント・大会等を企画・実施致したく思っております。

(詳細・開催地は未定ですが、12月19日(土)または20日(日)を開催日として検討中です。)

関係各位におかれましては、当支部の活動につきまして、今後とも何卒よろしくご指導ご鞭撻賜りますよう心よりお願い申し上げる次第です。

全国教室ディベート連盟北陸支部
樋口 雄人拝

debate_hokurikusibu at 12:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2015年07月14日

【結果報告】第20回 ディベート甲子園 近畿・北陸地区予選 第2日

標記の件につきまして、近畿支部HPで対戦成績の詳細も含めて発表されています。

http://nade-kinki.main.jp/2015/07/12/2588

北陸地区からすでに全国大会への出場を決めている富山第一高等学校チームは、近畿・北陸地区代表6校中、第2位=準優勝の成績を収めました。おめでとうございます!そして本当にお疲れ様でございました。来月8日〜10日開催予定の全国大会におけるご健闘ご活躍を心よりお祈り申し上げます。がんばってください!

【再掲】近畿・北陸地区予選 北陸地区からの出場校(計5校)

富山第一高等学校
富山県立富山中部高等学校
高岡第一高等学校
片山学園高等学校
(以上、富山県)
福井県立金津高等学校(福井県)


debate_hokurikusibu at 13:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック