2011年05月

2011年05月10日

第16回ディベート甲子園 北陸大会 募集要項

今年度の北陸大会の募集要項です。
遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。




2011年 北陸地区中学・高校ディベート選手権
<第16回ディベート甲子園 北陸地区予選>
大会要項
主催 全国教室ディベート連盟北陸支部
読売新聞社
後援 富山県・石川県・福井県各教育委員会(予定)
協賛 パナソニック

目的
ディベートの普及を通して、議論の文化を育むこと。
出場選手には本大会において、議論の技術を学び、公平・公正な議論を尊ぶ心を養うことを期待する。

開催期日・会場
2011年6月19日(日) 金沢大学(石川県金沢市)

論題
中学:「日本は選挙の棄権に罰則を設けるべきである。是か非か」
* 公職選挙法で定めるすべての選挙を対象とする。
* 棄権とは、投票しないことであり、白紙投票は含まない。
* 1回の棄権につき過料1万円を課す。
* 病気等やむをえない理由による棄権は除く。
* 収入は選挙についての広報にあてる。

高校:「日本は道州制を導入すべきである。是か非か」
* 現行の都道府県制を廃止して全国に7〜11程度の道・州をおき、外交・防衛・通貨以外の権限を基本的にすべて国から道・州に移すものとする。
* 地方間の財政的格差を調整するために、国が必要な課税処置をとることを妨げない。

出場校数 中学校の部・高校の部 各8校まで

大会ルール
全国中学・高校ディベート選手権ルール(2009年2月7日改正)による。
参照 http://nade.jp/koshien/rule.html(ルール)
   http://nade.jp/koshien/guideline.html(ガイドライン)
   http://nade.jp/koshien/rule-amendment20090207.pdf(ルール改正について)
   必ず熟読、確認の上ご参加ください。

日程
9:30 開会式 16:00 閉会式(予定)

対戦方法と順位の決定
中学校・高校の部門別にトーナメント戦あるいはリーグ戦を行い、第16回全国中学・高校ディベート選手権(ディベート甲子園)に出場する中学校1校および高校2校と、それぞれ優勝・準優勝各1チームを決定する。

チームと引率教師
1)原則として、チームは同一の中学校・高校に在学する生徒4〜6名で構成する。
試合出場は4名であるが、試合毎に交代可とする。
各試合では試合開始前に出場選手メンバー表を司会に提出する。
2) やむをえず4名以上の出場ができない場合、2名あるいは3名での大会登録を希望するチームは、大会登録時に申込用紙に事情を記入しなければならない。主催者が事情を認めた場合には、大会への出場が認められる。2〜3名チームで出場する際の試合運営上の規定については、ルールの「細則A」を参照のこと。
3)同一校からの参加は1チームとする。
4)引率教師もしくは学校が認めた成人の引率者が1名つくこと。

その他
1) 出場を申し込んだチームは、読売新聞社のデータベース「スクールヨミダス」を無料でお使いいただけます。試合の準備にご活用ください。
別添の「同意書」に署名・捺印の上、大会事務局までお送りください。同意書確認後、大会事務局より利用方法をご案内させていただきます。
2)全国大会は8月6日(土)から8月8日(月)まで、東洋大学白山キャンパス(東京都文京区)で開催されます。全国大会への出場については、出場校に別途ご案内します。なお、全国大会参加登録料として、中学3,000円、高校5,000円をご負担いただく予定です。ご了承ください。

<申込方法>
参加申込書に記入の上、大会事務局までファックスまたは電子メールでお送りください。
受付期間 2011年5月9日(月)から6月10日(金)まで(必着)
大会事務局・お問い合わせ先
〒920-1164 金沢市角間町 金沢大学文学部 神谷浩夫気付
全国教室ディベート連盟北陸支部大会事務局
メール hokuriku_debate@yahoo.co.jp

◎参加校が応募多数の場合
中学校・高校それぞれの参加申し込みが8校を超えた場合、申し込みの先着順を基本に、地域バランスを考慮して出場校を決定します。応募が8校を超え出場をお断りする場合は、6月14日(火)までに連絡します。

◎地区大会参加登録料 1チーム3,000 円(大会当日徴収、領収書発行)





現在、電話対応が不可能となっております。早急に対処しますので今しばらくお待ちください。

debate_hokurikusibu at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック