2014年04月

2014年04月19日

今日の練習試合の様子です

北陸支部 事務局 その2北陸支部 事務局 kaizen

debate_hokurikusibu at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

北陸地区の練習試合にジャッジとしてお邪魔しました!

今日は、福井県の金津高校で開かれました練習試合に当支部がジャッジの立場で参加させて頂きました。

論題は今年のNADE高校生論題である「日本は外国人労働者の受け入れを拡大すべきである。是か非か」についてです。午前1試合、午後1試合の形で行いました。

例年にない4月という早い時期から複数校の参加でこのような練習試合が開催されたことに、開催校の先生や生徒の方の熱い思いを感じました。

また、5月末に金沢にて練習試合を開くことになりましたので、その際にはさらに高いレベルの議論ができることを願っています。

末筆ながら、今回は北陸地区のOBで現近畿支部事務局の方のご尽力により、近畿支部の方にもご協力を頂くことで、今回の練習試合の成功につながったかと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

debate_hokurikusibu at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2014年04月09日

支部長就任のごあいさつ

ごあいさつ


特定非営利活動法人全国教室ディベート連盟
北陸支部長 樋口 雄人(高岡法科大学)


今春から全国教室ディベート連盟北陸支部長を務めることとなりました樋口でございます。皆様におかれましては、平素より当支部の活動にご理解ご指導を賜り心より御礼申し上げます。

さて、当支部の活動の目的は北陸地区(富山県・石川県・福井県)の中学校・高等学校における教室ディベートの普及促進ですが、教室ディベートの全国大会である「ディベート甲子園」(毎年夏に東京で開催)の地区予選への北陸からの参加校の数は、けっして多いとは言えないのが現状です。かつては北陸でディベート甲子園地区予選が行われていましたが、参加校の減少等により、平成24(2012)年以降は「近畿・北陸地区予選」として近畿地区で開催されるようになっております。こうした厳しい状況のなかで、当支部にとっての急務は、北陸三県で教室ディベートに新たに関心を抱き大会に参加する学校・生徒を増やすこと、とりわけ現在ディベート甲子園参加校がゼロとなっている中学校への積極的な働きかけであると考えます。

私自身は教室ディベートの経験者ではございませんが、特定の論題につき所定のルールに従い論拠を挙げつつ肯定側と否定側とが立論・質疑・反駁により勝敗を競うディベートが「熟慮に基づく民主政治(deliberative democracy)」の担い手たるべき「市民」の育成にきわめて有用であり、教室ディベートの普及こそがわが国における民主主義の深化に不可欠であると確信致しております。今後は、北陸各県の教育現場でディベートの普及・指導に当たっておられる先生方、そしてそうした活動に参加・協力いただいている大学生の諸君とともに、ここ北陸でのディベートを盛り上げてゆきたく思っておりますので、関係の皆様方におかれましてはご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げる次第です。


debate_hokurikusibu at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

支部長交代のお知らせ


去る2014年3月16日の本部での理事会におきまして、北陸支部支部長の交代を行いました。
樋口 雄人がこのたび新支部長に就任いたしました。

従いまして北陸支部の役員は以下の通りになります。

支部長 樋口雄人(高岡法科大学教授)
事務局長 尾関全哉(金沢大学人間社会学域経済学類4年)


支部長交代に伴いまして支部の住所、連絡先も以下の通り、変更となります。

〒939−1193 富山県高岡市戸出石代307-3
高岡法科大学 樋口 雄人気付
tel:0766-63-3388(代表) fax:0766-63-6410
hokuriku_debate@yahoo.co.jp


神谷 浩夫氏は支部長を退任されます。
北陸におけるディベートの振興に長らくご尽力頂きありがとうございました。

今後とも当支部をよろしくお願いいたします。

debate_hokurikusibu at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック