2014年05月

2014年05月26日

5月25日(日)に第二回北陸地区練習会を行いました

昨日5月25日(日)に金沢大学角間キャンパスにおいて第二回練習会を行いました。
北陸地区の高校4校の参加があり、高校生のみなさんは地区予選があと3週間と迫る中、白熱した議論を展開していました。
また今回は近畿支部のご厚意により、遠路京都よりジャッジの方がいらっしゃり、普段より内容の濃い講評をしていただくことができました。
残り、3週間の限りある時間の中で、ジャッジからの指摘を踏まえ来月の大会では成果を発揮していただければと思います。


debate_hokurikusibu at 10:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2014年05月17日

5月25日(日)の金沢での練習会の要綱について

大変おそくなりましたが、5月25日(日)の練習会の要項を掲載いたします。

こちらから

debate_hokurikusibu at 12:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2014年05月10日

ディベート甲子園近畿北陸地区予選のお知らせ

第19回中学・高校ディベート選手権大会の要綱です。

近畿・北陸地区大会 
 日時 6月15日(日)、7月13日(日)
 場所6月15日 京都橘大学
    7月13日 京都教育大学(京都市伏見区)(申請中)

参加資格・出場校数について
1)参加資格 大阪・京都・滋賀・奈良・和歌山・兵庫・富山・石川・福井の各府県の中学校・
高校・中等教育学校またはこれに相当する学校に在学する生徒(不明な点は事務局までお問い合わせください)
2)出場校数 中学校・高校の部ともに、本年度は特に参加校数の制限は設けません。

大会ルール
全国中学・高校ディベート選手権ルール( 2013 年 12 月 28 日改正)による。
参照 http://nade.jp/koshien/rule/index(ルール)
http://nade.jp/koshien/rule/guideline(ガイドライン)
必ず熟読、確認の上ご参加ください。


論題
中学: (注意)中学校論題は変更となりました。

変更前:「日本は調査捕鯨の方法を見直すべきである。是か非か」
      ・見直すとは、現在行われている致死的方法による調査を禁止することを指す。
      
変更後:「日本は捕鯨を禁止すべきである。是か非か」

      ・ここでいう捕鯨とは致死的方法によるものとする。

      ・捕鯨の対象はイルカを含む全ての鯨類とする。

      ・鯨肉の販売、輸入を禁止する。

高校:「日本は外国人労働者の受け入れを拡大すべきである。是か非か」
日本国内に事業所を置く機関との雇用契約の締結のみを条件とした日本国内での労働を認める在留資格を新設する。

雇用契約の締結先機関及び国籍による受け入れ者の制限、受け入れ人数の制限を行わない。


申込方法
・下記受付期間中、近畿支部 HPに「地区予選申し込みフォーム」が表示されるので、ここから地区予選の「電子申込み」( 申込み ) を行なってください。

・24 時間以内に「電子申込み」受領のメールが送られるが、もしも「電子申込み」受領のメールが届かない場合には、下記 E-mail アドレスに、6 月 6 日( 金) までに連絡してください

・「電子申込み」受付の後、( 正規)「参加申込書」に記入・押印の上、大会事務局まで「郵
送」のこと( 申込み )。

・以上、両方( 申込み ・申込み ) の手続き確認をもって、申し込み完了です。

受付期間 2014 年 5 月 26 日(月)から 6 月 5 日(木)17:00 まで(必着)

大会事務局・お問い合わせ先
〒621-8555 亀岡市曽我部町南条大谷 1-1 京都学園大学 法学部 田中 曜次
TEL 0771-29-2427 e-mail tanaka-y@kyotogakuen.ac.jp

地区大会参加登録料
1チーム 5,000 円(大会当日徴収、領収書発行)

なお、地区予選の詳細はこちらでも確認ができます。
 

debate_hokurikusibu at 14:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

5月25日(日)に金沢にて練習会を開催いたします

第19回ディベート甲子園地区予選(近畿北陸地区は6月15日(日)、7月13日(日))に向けました練習会を5月25日(日)に金沢市にて開催いたします。

日時 5月25日(日)10時15分集合〜(1日の予定)

場所 金沢大学人間社会第1講義棟

論題 「日本は外国人労働者の受け入れを拡大すべきである。是か非か」
・ 日本国内に事業所を置く機関との雇用契約の締結のみを条件とした日本国内での労働を認める在留資格を 新設する。

・雇用契約の締結先機関及び国籍による受け入れ者の制限、受け入れ人数の制限を行わない。

第19回ディベート甲子園の論題で行います。論題解説等は 全国教室ディベート連盟HPをご覧ください。

参加費 無料

申し込み締め切り 5月15日(木)までにメールにてお申込みください。
  宛先 hokuriku_debate@yahoo.co.jp
記入事項 氏名、所属、メールアドレス、当日の連絡先電話番号

問い合わせ先 全国教室ディベート連盟北陸支部事務局 尾関
  メールアドレス hokuriku_debate@yahoo.co.jp
   


debate_hokurikusibu at 14:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック