2014年10月

2014年10月29日

2014年度北陸地区高校生ディベート大会の開催について

関係各位

当支部におきましては、標記の件につき、本年12月21日(日)〔予定〕の開催を目指して準備を進めております。近日中に大会実施要領を改めてご案内致しますので、今しばらくお待ち願います。(文責:支部長・樋口 雄人)

debate_hokurikusibu at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2014年10月16日

支部規約の制定および役員の一部変更・追加について(平成26年10月1日付)

各 位

平素は当支部の活動にご理解ご指導を賜り心より御礼申し上げます。

さて標記の件でございますが、このたび当支部におきましては、支部の適正な運営を確保し実効性ある活動を行ってゆくために、新たに支部としての規約を制定致しました。今後はNADE定款・同支部規則およびこの規約に基づいて、北陸地区におけるディベート普及に尽くして参りたいと思っております。

全国教室ディベート連盟北陸支部規約.doc


また支部規約の制定・施行に併せて支部役員の一部変更・追加を行いましたので下記致します。どうか今後とも何卒よろしくご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。
〔(文 責)支部長:樋口 雄人〕



副支部長〔支部規約により新設〕:尾関 全哉(前事務局長・金沢大学4年生)
事務局長:松本 康太郎(新任・金沢大学2年生)
監 事〔支部規約により新設〕:伊井 昌彦(富山第一高等学校)

debate_hokurikusibu at 16:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2014年10月02日

9月26日に富山第一高校と公開ディベートを行いました。

先月9月26日に、富山第一高校と公開ディベートを行いました。当時、富山第一高校は文化祭の最中であり、その中で行われたディベートでしたので保護者の方だけではなく、教職員の方々も見学に来ていました。その中で行なわれたディベートでしたが、初めてディベートを見学する方がほとんどと想定されていましたので、肯定側否定側両者ともにわかりやすくゆっくりとしながらも、白熱したディベートでした。
論題は、「日本は積極的安楽死を合法化するべきである。」で、肯定側を富山第一高校が、否定側を金沢大学ディベートサークルが担当しました。
今回の公開試合は、富山第一高校にとって、より一層ディベートを上手に行っていく経験になったと思います。
また、今回の公開試合の論題はCODA、JDAの大会論題と同じ論題であり、金沢大学にとって大変実のある試合になったのではないかと思います。
最後に、ディベートとはいったいどういったものであるかを、保護者の方や教職員の方に伝えることができたものであり、このような活動を北陸支部としてこれからも行っていきたいと思っています。


debate_hokurikusibu at 11:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック