2017年06月

2017年06月11日

初心者講座その3@富山県

本日の支援は、先週末に開催した交流試合の振り返り講座を行いました。
試合自体は6対5の投票結果で勝利した支援校でしたが、ジャッジからは立論の構成やスピーチの仕方について改善の余地があるとの指摘を受けていました。
そこで以下のメニューを2時間かけて進めました。

 〇邱腓鮨兇衒屬辰
◆[論の基本・反駁の基本・ジャッジの基本
 議論の再構築(アフターディベート)
ぁ〆8紊粒萋亜Δ泙箸

特に重要視したのは△任后参加した生徒も、試合を体験した後の方が基本技術について理解しやすいと熱心に聞き入ってくれました。
またでは試合中に録音した音声を用いて再度フローシートに起こし、わかりやすい立論・効果的な質疑や反駁・そして第二反駁の比較やまとめについて説明しました。
同様の振り返りは対戦校に対しても実施しており、今後はオンラインディベートで両校が再戦する予定を組んでいるところです。

また、論題学習会の講師をしていただいた方から連絡があり、参加していた高校生から質問の電話をもらったとのことでした。参加校は最少の地区ですが、今は一歩一歩前に進んでいくことが大切と考えています。
来週は近畿北陸地区予選ですが、来年度には参加校が何倍にも増えるように今後も支援を継続していきたいと思います。

振り返り


debate_hokurikusibu at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2017年06月04日

北陸地区 論題学習会&ディベート交流会 【ご報告】

6月3日(土)、高岡生涯学習センター(富山県高岡市)にて論題学習会・交流会を開催いたしました。北陸地区の高校生3校14名(引率3名・一般1名)が参加し、ディベートを通じて親交を深めることができました。

学習会
















〈第一部〉論題学習会
第22回大会の高校論題について「企業の解雇規制の緩和がもたらすもの」と題し、社会保険労務士・岩峅勲氏に講義をしていただきました。参加者は、前半に論題を考える上で必要になる解雇や雇用全般についての基礎知識を学び、後半は、整理解雇要件の緩和がもたらす影響について会社側・労働者側双方の観点から説明を受けました。
講義は約1時間に及びましたが、その後も参加生徒から講師への質問が途切れることなく続きました。
近畿北陸地区予選(1日目)まで約2週間となりましたが、今回の学習会で得た知見を活かし去年果たせなかった北陸からの全国大会出場を成し遂げてもらいたいと思います。

質問













〈第二部〉練習試合
参加校中2校は4月から生徒がディベートを始めた新規校です。交流会では各校自己紹介の後、両校による練習試合を行いました。論題はおなじみの「救急車有料化」です。残りの1校にはジャッジを担当し、投票理由を一人ずつコメントしてもらいました。
肯定・否定とも大人数の前でスピーチするのは初めてとあって、緊張から声が小さくなる場面もありましたが、救急車到着時間の短縮や救急車要請の躊躇など、自分たちの用意した主張と根拠を最後まで伝えようとしていました。

試合













結果は5対6の僅差で否定側が勝利しました。試合の経験はもちろん重要ですが、自分たちのできたこととできなかったことを振り返ってはじめてスキルを伸ばそうとする意識が生まれます。これからの活動では録音した音声をもとに議論を振り返り、よりよいコミュニケーションが実現できるように支援していきたいと考えています。
また、ジャッジを担当した生徒のコメントには、両校へのアドバイスとして反駁の四拍子に関するものが多くありました。自分たちもできていないので・・・と苦笑いしながら前置きするあたりは高校生らしいと思いましたが、ジャッジの視点をもつことで自分たちのプレゼンスキルを見直す機会になったのではないでしょうか。

講評














試合後は、各校の生徒・引率者同士が今後のさらなる研鑽と交流を約束していました。全国大会予選支援はもとより、普段の部活動レベルでの関わりをより充実させるよう支部として取り組んでいきたいと思います。


debate_hokurikusibu at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック