2018年12月

2018年12月23日

2018年度北陸地区ディベート交流大会

12月23日(日・祝)、富山大学人間発達科学部にてディベート交流大会を開催いたしました。

県立富山いずみ高校・金沢大学ディベートサークル・社会人からそれぞれ2チームずつのエントリーがあり、論題「日本は中学高校の部活動を廃止すべきである。是か非か」について議論しました。

富山いずみ高校では、二学期に授業で実施したディベート大会を通じて有志の参加者を募ったところ、先生方のご協力のおかげで10名の参加希望者が集まりました。また社会人では、富山県内で立ち上がった社会人講座の受講生の方が参加参加してくださり、年代・世代を超えたディベート交流大会となりました。

その他、富山大学でディベートを学ぶ学生さんたち4名も見学にいらしてくださり、北陸・富山でのディベート普及を一歩進めることができたように思います。

また、試合前にはディベートのスキルに関する講座、試合後にはディベートを学ぶ意義に関する講演会を行いました。講師には実績のある方々を招聘し、立場を超えた学びの時間を過ごすことができました。
特に遠路はるばる来県していただいた皆様には心から感謝申し上げます。

【試合結果】
金沢大A(肯定)3−0(否定)社会人A
社会人A(肯定)3−0(否定)いずみB
社会人B(肯定)0−3(否定)金沢大学B
いずみA(肯定)3−0(否定)社会人B
いずみA(肯定)2−1(否定)金沢大A
金沢大B(肯定)1−2(否定)いずみB


優勝  いずみA    5票
準優勝 金沢大学A・B 各4票
以下  社会人A    3票
    いずみB    2票
    社会人B    0票

IMG-0350 (1)



debate_hokurikusibu at 23:12|PermalinkComments(0)mixiチェック