九州支部

2008年07月27日

第13回ディベート甲子園 九州地区予選大会がおこなわれました

第13回ディベート甲子園 九州地区予選大会が終了し、代表校が決定しました。
[]は全国大会出場回数です。

代表校は
<中学校の部>
    優勝 精道三川台中学校[3]
    準優勝 福岡教育大学附属小倉中学校[13]
    3位 福岡教育大学附属福岡中学校[5]
    4位 大分大学教育福祉科学部付属中学校[2]
    5位 青雲中学校[5]

<高校の部>
    優勝 青雲高等学校[9]
    準優勝 大分県立大分上野丘高等学校[初]
    3位 福岡県立小倉高等学校[5]
    4位 福岡県立修猷館高等学校[10]
    5位 昭和薬科大学附属高等学校[10]
    6位 大牟田学園大牟田高等学校[10]

の11校です。

奨励賞は

    佐賀大学文化教育学部附属中学校 (佐賀)
    長崎県立長崎西高等学校(長崎)

の2校です。

2008九州地区大会

 

 

 

 

 

 

(読売新聞西部本社提供)



debatens at 10:36|Permalink

2007年07月10日

第12回ディベート甲子園 九州地区予選大会がおこなわれました

12回ディベート甲子園 九州地区予選大会が終了し代表校が決定しました。

 

*( )は所在地、[ ]は出場回数です。

 

代表校は

<中学の部>

    優勝-大分大学教育福祉科学部附属中学校(大分)[]

    準優勝-福岡教育大学附属久留米中学校(福岡)[2]

    第3位-精道三川台中学校(長崎)[2]

    第4位-福岡教育大学附属福岡中学校(福岡)[4]

    第5位-福岡教育大学附属小倉中学校(福岡)[12]

 

<高校の部>

    優勝-福岡県立修猷館高等学校(福岡)[9]

    準優勝-福岡県立小倉高等学校(福岡)[4]

    第3位-長崎県立長崎西高等学校(長崎)[2]

    第4位-青雲高等学校(長崎)[8]

    第5位-大牟田学園大牟田高等学校(福岡)[]

    第6位-昭和薬科大学附属高等学校(沖縄)[6]

11校です。

 

奨励賞は

    昭和薬科大学附属中学校(沖縄)

    熊本県立熊本高等学校(熊本)

2校です。



debatens at 22:45|Permalink

2007年03月18日

九州支部春季ディベート講座が開催されました

主 催:全国教室ディベート連盟九州支部

共 催:九州大学言語文化研究院

期 日:平成19年3月18日(日)

会 場:九州大学六本松キャンパス

日 程:10:20開会
     10:30論題解説講座中学の部 講師:福岡県商業地域経済課職員
         論題解説講座高校の部 講師:薮野祐三氏(九州大学教授)
     13:00コース別研修
    (〜16:00)中学論題入門コース 講師:坂井満(佐賀市立富士小学校)
          中学論題試合コース 講師:佐長健司(佐賀大学)
                            田本嘉昭(白石町立北明小学校)
          高校論題入門コース 講師:吉村隆文(福岡県立香住ヶ丘高校)
          高校論題試合コース 講師:加地良光(TVQ九州放送)
                            池田賢治(福岡工業大学)

  *試合コースでは、九州大学等の大学生にもアドバイザーとして加わってもらいました。  

参加数:65名



debatens at 23:12|Permalink

2006年09月30日

エナコロジー・ディベート・フォーラム&エネルギーセミナーが開催されました

エナコロジー・ディベート・フォーラム&エネルギーセミナー

(エナコロジーマンスin九州2006オープニングイベント)

 

エナコロディベート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期日:2006年9月30日(土)〜10月1日(日)

 

場所:北九州国際会議場

 

主催:九州経済産業局、全国教室ディベート連盟九州支部、TVQ九州放送

 

後援:北九州市、日本経済新聞社、西日本新聞社、福岡県教育委員会、佐賀県教育委員会、長崎県教育委員会、熊本県教育委員会、大分県教育委員会、(財)西日本産業貿易コンベンション協会

 

日程:<9月30日>

    13:30 開会

    14:00 ディベート大会 中学・高校予選

      16:00 中学・高校決勝戦

    17:20 エネルギー関連レクチャー(九州経済産業局)

    17:50 表彰・閉会

    <10月1日>

    10:05 講演「危機に直面するエネルギー・環境〜解決の道を考える」

        講師:後藤康浩(日本経済新聞社論説委員)

    11:00 モデルディベート(福岡県立修猷館高校、佐賀清和高校、大牟田高校)

    11:25 パネルディスカッション「考えよう!未来のエネルギーと地球環境」

        パネリスト:西道弘(九州工業大学教授)

              鳥越干城(Jパワー電源開発若松総合事業所所長)

              林田しづく(福岡教育大学附属小倉中学校生徒)

              三枝美羽(福岡県立修猷館高等学校生徒)

        コーディネーター:後藤康浩

 

●ディベート大会 

論題:日本はクリーンエネルギー自動車の導入を促進すべきである。是か非か。

定義:クリーンエネルギー自動車とは、バイオエタノールの混合ガソリンを燃料とする自動車のこと。

プラン:.ソリンにバイオエタノールを10%混合することを義務づける。

     日本政府は、ガソリンに関する税の減免、石油業界及び自動車メーカーへの補助を行う。

     実施は2010年からとする。

 

大会結果:<中学>優勝  福岡教育大学附属小倉中学校

             準優勝 精道三川台中学校(長崎)

             敢闘賞 福岡教育大学附属福岡中学校

                 大分大学附属教育福祉科学部附属中学校

             ベストディベーター賞 吉永誠紀(精道三川台中学校)

        

       <高校>優勝  福岡県立修猷館高等学校

             準優勝 佐賀清和高等学校

             敢闘賞 大牟田高等学校(福岡)

                 熊本県立熊本高等学校

             ベストディベーター賞 桑野果菜(福岡県立修猷館高等学校)

    上記以外の参加校:福岡教育大学附属久留米中学校

                 大牟田中学校(福岡)

                 東明館中学校(佐賀)



debatens at 22:22|Permalink

2006年07月16日

第11回ディベート甲子園 九州地区予選大会が行われました

11回ディベート甲子園 九州地区予選大会が終了し代表校が決定しました。

 

九州地区大会参加校

 

中学校の部(10校)

1.福岡教育大学附属小倉中学校(福岡)

2.福岡教育大学附属福岡中学校(福岡)

3.福岡教育大学附属久留米中学校(福岡)

4.大牟田学園大牟田中学校(福岡)

5.佐賀大学文化教育学部附属中学校(佐賀)

6.青雲中学校(長崎)

7.精道三川台中学校(長崎)

8.大分大学教育福祉科学部附属中学校(大分)

9.昭和薬科大学附属中学校(沖縄)

10.沖縄尚学高等学校附属中学校(沖縄)

 

高等学校の部(15校)

1.福岡県立筑紫丘高等学校(福岡)

2.福岡県立修猷館高等学校(福岡)

3.福岡雙葉高等学校(福岡)

4.久留米大学附設高等学校(福岡)

5.福岡県立三池高等学校(福岡)

6.大牟田学園大牟田高等学校(福岡)

7.佐賀清和高等学校(佐賀)

8.青雲高等学校(長崎)

9.長崎県立長崎南高等学校(長崎)

10.長崎県立長崎西高等学校(長崎)

11.熊本県立熊本高等学校(熊本)

12.大分県立大分西高等学校(大分)

13.大分県立臼杵高等学校(大分)

14.昭和薬科大学附属高等学校(沖縄)

15.沖縄尚学高等学校(沖縄)

 

九州大会061

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九州062

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代表校は

中学の部

1.精道三川台中学校(長崎)[]

2. 昭和薬科大学附属中学校(沖縄)[4]

3. 福岡教育大学附属小倉中学校(福岡)[11]

4. 青雲中学校(長崎)[4]

5. 福岡教育大学附属福岡中学校(福岡)[3]

 

高校の部

1. 長崎県立長崎西高校(長崎)[]

2. 昭和薬科大学附属高校(沖縄)[5]

3. 福岡県立修猷館高校(福岡)[8]

4. 久留米大学附設高校(福岡)[2]

5. 青雲高校(長崎)[7]

6. 長崎県立長崎南高校(長崎)[6]

11校です。

 

奨励賞は

沖縄尚学高校附属中学校(沖縄)

大分県立大分西高校(大分)

です。



debatens at 10:17|Permalink

2006年06月25日

「夏季ディベート講座」が開催されました(九州支部)

主 催:全国教室ディベート連盟九州支部

 

協 力:福岡工業大学

 

日 時:6月25日(日)10:20〜16:00

 

場 所:福岡工業大学D棟教室

 

講座名:夏季ディベート講座

 

参加料:生徒・学生・会員 1,000円  教員・社会人 2,000円

 

講座内容:ディベート甲子園論題のモデルディベートと解説およびコース別研修

 

タイムテーブル:

  10:3012:00 モデルディベートと解説(中学・高校別教室で)

   中学:福岡教育大学附属福岡中学校

      解説 佐長健司(九州支部長・佐賀大学)

   高校:福岡県立修猷館高等学校

      解説 加地良光(九州支部事務局長・TVQ九州放送)

 13:0015:50 コース別研修

   中学論題入門コース 講師:坂井満(専門委員・佐賀市立富士小学校)

   高校論題入門コース 講師:吉村隆文(専門委員・福岡県立香住丘高等学校)

   中学論題試合コース 講師:佐長健司他 *5校8チーム参加

   高校論題試合コース 講師:加地良光他 *6校6チーム参加 

参加人数:113名(中高生90名 教員21名 その他2名)



debatens at 23:00|Permalink