借金を背負った状態で ギャンブルに挑んでも 絶対に借金は返せない。

そこに家族がいて、仕事という社会的責任も背負っていれば、なおさらだ。

男って 強くない。だから強がる。
度胸とか男気とかなんて言葉は
裏返せば、男の弱さを露呈しているようなもの。

弱い自分を強く見せようとする。
時に、見境いなく狂った行動をして
男気があると勘違いをした…自分。

本日、派遣会社の給料の入金があった。

支払えるものを、すぐに
ちゃっちゃと支払ってきた。
そこでまず、滞納という不安を消した。

次に 生活物資。
今回から、節約の考え方を改めた。
自分の為にならない節約はやめた。
とにかく一生働いていくしかない自分の心と体を守る為には、食生活で不自由させてはいけないと思った。

きちんと自炊を続けていくことが節約であって、安さだけをひたすら追求したってそれは、節約ではなく、単にケチっているだけだから。

大切なことをケチってまで浮かせたお金も、結局ろくなことに使わない。

これで
もう、来月までは、食生活にも困らなくてすんだ。

あとは、負けても悔しくないだけのお金があれば、すぐにでも ギャンブルで遊びたいんだけど…。
ただ残念ながら、今回は 無理だ。

なぜだろう。
僕は、ギャンブルをやめたいわけじゃない。

なのに、行かないように 行かないようにしむけている。

いっぱい、いっぱい 同じ間違いを繰り返してきたから、チンケな金を転がした所で、いい加減に結果が見えてくるからだろうか?


もし、遠い先に

あなたにとって、一番大切なものは何?

そう 尋ねられることがあったなら、



その時は、自信を持って、



子供と……です。



そう、答えられる男になりたい。